chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











BenQ SW2700PT 破格のカラーマネジメントモニターを体験してみた フォトコンテストに入選するための秘密兵器となるか!? #BenQアンバサダー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 BenQのアンバサダーミーティングに参加し、アマチュア写真家がカラーマネジメントモニターを使うとどんなメリットがあるのか説明を聞いてきました。



 今回はブロガーイベントにフォトツアーが組み込まれており、そこで撮影した写真などをカラーマネジメントモニター SW2700PTと普通のモニターでどれだけ色合いが違うのか比べさせていただいたのですが…、


 明らかにちがいがわかりますね!!!


 特に青、赤、黄といった原色に近い色の色合いが違いました。
 と言っても、その違いを写真に撮ってもわかりにくかったのでワタクシの言葉を信じてもらうしかないんですけどね…。

 少しだけ具体的に説明すると、赤い花は色の深みが違いましたし、



 EPSONのブロガーイベントでプリントしたこの写真も夕焼けのグラデーションの移り変わりが異なりました。



 フォトコンテストの審査員を務められることもあるStudio 9の中原一雄さんによると、


「審査していると、色合いの調整をしすぎた写真が何枚か必ずみつかる!」


 と言われていたので、フォトコンテストで入賞を目指すには適切な色を表示できるカラーマネジメントモニターが必要なんだと感じました。

 ちなみに、カラーマネジメントモニターといえば高価なイメージがあります…。
 でもね…、このSW2700PTはAmazonで7万円以下で購入することができるのです!!!


 これはもうポチるしかないですね! 


●SW2700PTを使いこなすコツ
 では、ウェブサイトで写真に関する情報を配信したり、フォトウォークの講師として活動しているSTUDIO9の中原一雄さんからプロカメラマンからみたカラーマネジメントモニターの重要なポイントを説明していただいた内容を簡単に説明します。

 RAW形式で保存された写真データはモニターで表示出来る以上の色域の情報まで含まれているものの、スマホやLCDディスプレイなど数多のモニターで表示される色合いはメーカーによって微妙に異なります。
 また、Mac OSはOSレベルで色合いが管理されているためどんなソフトを使っても大丈夫なのですが、Windowsはなんとソフト次第なんだそうです!

 具体的に説明すると、WindowsでもAdobeのソフトはAdobe側で調整されているため大丈夫なのですが、Microsoft Officeは色合いが変わってしまうのだそうです。



 こうして比べてみると、LightroomとExcelで赤の深みがちがいますよね!!!
 青も違いが大きく出るので、青空を撮った写真などはちゃんとカラーマネジメントされたモニターでなければ意図した通りの色合いにはできないそうです。


●開発秘話
 お次は、今回のイベントのために台湾から来日したクリスさんからSW2700PTの開発秘話をお聞きした内容を簡単に説明します。

 まず、カメラマンのニーズに合ったモニターとして開発されたため、より多くの色味を表現できるIPSパネルが採用されただけでなく、滑らかな色合い表現するために10bitカラー出力されています。
 
 そして、通常のモニターとして見慣れないボタンが付属しているのですが、
 


 これはモニターに表示する色を切り替える装置で、Adobe RGB、sRGB、モノクロといった具合にボタンを押すだけで表示モードを変更することができます。

 そのほかにも軽く力を入れるだけでモニター部を上下させたり、



 首振りするだけでなく、



 縦画面に回転させることもできるのです!



 外光を遮断するためのフードも標準でついてきますよ!




 最後に、キャリブレーションについて説明します。
 SW2700PTは補正された状態で出荷されているとはいえ、1ヶ月に一度程度は補正機器を使ってキャリブレーションしなければ経時変化で色合いが変わってしまうのだそうです。
 


 しかし、SW2700PTには補正するための機器は付属しておらず、オプションで購入する必要があります。
 初めてカラーマネジメントモニターを購入するのなら標準装備にして欲しいところではありますが、既に補正機器を持っているユーザーもいるでしょうし、コストを少しでも下げるためには仕方ないといったところですね。

 ちなみに、Studio9の中原さんによるとオススメはX-rite社の i1 DISPLAY PROなのですが、内部のフィルターが劣化するため5年に一度程度くらいの頻度で買い換える必要があるのでお気をつけください…。

image
 

 ということで、しばらくこのモニターをお借りすることができることになったので、実際に使ってみた感想についてはまた後日レポートさせていただきます!
 というか、モニターする前から買う気まんまんだったりしますw

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


EPSON Colorio V-editionで写真ライフを楽しもう! #エプソンブロガーイベント

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 エプソンのブロガーイベントに参加させていただき、簡単に高画質な写真作品をプリントアウトできるColorio V-editionについてイロイロと教えていただきました!



 従来のColorioシリーズと比べて、V-editionは低コストで気兼ねなく写真印刷を楽しむことができるシリーズとして誕生しました。



 なんでも…6色インクを搭載した高精細マイクロピエゾヘッドによって大小さまざまなインクを噴出させるだけでなく、インクにグレーとレッドを加えることによって発色が鮮やかになり、色の再現領域が大幅に改善されたそうです!





 ちなみにL版プリントを印刷するのにかかるコストは従来機種が20.6円に対し、V-editionは12.7円で済むそうですよ。



 そして、前にも説明させていただいた通りプリンターの画面をピピピっと操作するだけで、



 簡単に写真作品をプリントできました!



 そんなV-editionのラインナップは、A3サイズまでプリントできるEP-10VAとコンパクトなEP-30VAの2機種です。



 ワタクシはEP-10VAの方をしばらくお借りすることができることになりましたので、届いたら試用レビューを書かせていただきます!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


エプソンフォトフォーラム2016で鉄道写真家 中井精也さんの作品作りのコダワリとスマホアプリでの年賀状造りのコツを聴いてきた! #エプソンブロガーイベント

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


 2016/11/26に新宿で開催されたエプソンフォトフォーラム2016に出かけ、鉄道写真家 中井精也さんの講演を聴いてきました!



 中井精也さんの作品は、列車だけでなく踏切や線路など…鉄道に関するモノを旅情豊かに写し取るのが特徴ですが、









 この新幹線の写真などは、時速200km以上のスピードで走る新幹線をひまわりの裏側の思い描いた場所に一コマのみの撮影で写し停めるという長年の勘で撮られているのだそうです。

「カメラの連写を使えばよいじゃないか!」
 
 と思われるかもしれませんが、連射機能に頼ってしまうと理想の場所から一コマか二コマずれてしまうのだとか…。



●おもひでかめら

 そんな中井精也さんが最近ハマっているのは初音ミク…ではなく、ピンホールカメラだそうです。



 このカメラにはレンズはついておらず、レンズキャップの中央に穴を開け、



 つまようじで小さな穴を開けた黒く塗りつぶしたアルミホイルをレンズキャップの裏に貼り付ければ完成です。



 ちなみに、デジタルピンホールカメラはフランジバックの短いミラーレスカメラの方が広角に写しとめることができるらしいですよ。



 で、このカメラでどんな写真が撮れるのかというと、こんな具合に少しボヤけた旅情感豊かな写真を撮れるのです。



 そして、中井精也先生はこのカメラで撮った写真の個展まで開催されました。
 その作品作りに使ったのがエプソンのSC-PX3Vというプリンターで、



 キャンバスの外側に巻き付ける分をPhotoshopで加工したり、



 仕上げに盛り上げ材を塗りたくって油絵のような仕上がりに仕立て上げたそうです。






 細かな部分までコダワって作品を作り上げられているのですね…。


●スマホで年賀状を作成してみよう!



 なんでもEPSONから無料で配信されているスマホのアプリを使えば、簡単に年賀状がつくれるのだそうです。
 できるだけシンプルなデザインの写真を何枚か選びだし、



 あらかじめ用意されているテンプレートを使ったり、手書きでちょちょいと線を書き加えれば、こんな年賀状があっという間にデザインできるのだとか…、












 「のんびりいきます」

 ………

 中井精也先生のツイッター見てると、日本中…いや世界中を飛び回っていてぜんぜんのんびりしてない気がするのは気のせいでしょうか…。

 ということで、ワタクシも今年はこのアプリを使って年賀状を作ってみようとおもいます




 あ、そうそう、我々ブロガーが昨晩プリントアウトして展示させていただいてる写真も何人かの方にみていただけていました!

image

 見てくれている人がいるとウレシイもんですね!

つづく

 



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ