chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











カシオのスマートウォッチ Protrek WSD-F20で、スマホの電波が届かない東北地方の最高峰 燧ヶ岳を登ってみた!

 この数年、ワタクシは毎年夏に富士山に登っていたので、アウトドアアンバサダーとしてお借りしたProtrekのレビュー3回目は富士登山にしようと思っていたのですが、他にもやりたいことがあったり8月の終わりから天候不順だったりで登るタイミングを掴みあぐねていたのです…。
 しかも、富士登山はもっとも過酷な御殿場ルートでの登山レビューをやってしまっているのですよ…。

 どうしたものかと悩んでいたところ…、


 まてよ…
 電波のバリバリ通じる富士山より、携帯の電波が届かない燧ヶ岳の方がレビューに適してない?


 と思い至りまして、東北最高峰 標高2,356mの燧ヶ岳に登ってきました!



●登山前日

 まずは自宅からYAMAPのサイトにアクセスし、尾瀬 燧ヶ岳の地図をダウンロードしてProtrekに転送したのですが、意外と転送に時間がかかりますし、バッテリーを消費しそうなので、この作業は高速ネット回線の繋がる仕度で作業した方がよさそうな感じですね。



●登山当日

 今回は福島県側の御池登山口でスマホのYAMAPアプリを起動して、アクティビティを開始してから山頂へ向けて登り始めたのでしたのですが、



 やはり腕を見るだけで自分の位置を把握できるのは便利ですね!
 しかも次の目標地点までの目安時間まで記載されているんですよ!!!



 ということで、カメラ道具一式とキャンプ道具一式を満載した重いリュックを背負いながら歩き続け、



 無事に山頂に到着!



 燧ヶ岳に登るのは2度目なのですが、ここからの眺めは何度みても絶景ですね〜
 疲れが癒やされます。



 しかし、ここからが辛かった…。
 山頂からは見晴新道を経由してキャンプ予定地である見晴キャンプ場へ向かったのですが、この道は最近まで不通になっていたのを整備しなおして開通させた道でして、とんでもない悪路だったのですよ。

 疲れで棒のようになった脚を引きずり、くるぶしまで泥に靴を埋めながら歩き続け、



 見晴キャンプ場へたどり着いたのはとっぷりと日が暮れてしまう寸前だったのでした…。



 クタクタに疲れ果ていた身体に残った最後の力を振り絞ってテントを設営し、泥のように眠りこけた翌朝…。
 尾瀬からの日の出を撮りたかったですが、生憎 残念な雲行きになってしまいまして日の出の模様は撮ることができなかったのでした…。





 こればっかりは仕方ないですね。
 テントを片付け、燧ヶ岳の外周を廻るように進むルートで御池駐車場までもどりましたとさ。



 ちなみに、帰宅後に登山データを転送すれば、スマホでこんなぐあいに登山のデータを確認することもできますよ!
 





 そして、こちらが今回の登山でイチオシの一枚です!



 登山序盤でまだ体力に余裕のある時に撮った一枚なのですが、これ以降は疲れちゃって撮影どころぢゃなくなってしまったのが反省点かな…orz

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


『神楽坂ワイン食堂 ビストロ』で手間暇かけて調理された料理をリーズナブルな価格で楽しんできた!

 会社帰りに友人と、JR総武線 飯田橋駅から歩いて3分の場所にある『神楽坂ワイン食堂ビストロ』さんへ行ってきました。
 このお店は1階にラーメン屋さんのあるビルの2階にあって、すこしわかりにくい場所にあるのですが、小洒落た雰囲気があって料理を見なくてもなんだか美味しい料理がでてくる感じがしませんか!?



 上の写真の左側には大きくフランスの地図が描かれていますが、店名に「ワイン食堂」と銘打たれているこのお店にはフランス産のワインが多く取りそろえられています。



 常連さんの中にはワインに詳しい人がいて、何年もののどこどこ産のワインといったように指定されるお客さんもおられるそうですが、ワタクシのようなワインの知識があまりない人にはお店の人が料理にあうワインをオススメしてくれます。
 ちなみに、白と赤のワインジュースも取りそろえられており、お酒の飲めない人と一緒に行っても安心でした!



 ということで、今回は前菜2品とメイン1品がついた「プリフィックスコース」を注文してみたのですが、季節によってメニューが変わるらしく下の写真のメニューは2017年9月〜10月に提供される予定のものになるのだそうです。



 まず最初に出てきたのはおかわり自由の自家製ライ麦パンで、



 塩とオリーブオイルで味付けされた生クリームをつけていただくのですが、あまーい生クリームが染みこんだパンの組み合わせが絶妙で、油断しているとこれだけでお腹いっぱいになるくらいに食べ過ぎちゃいます!
 


 次にこちらが前菜のひと品で、プリプリの帆立にモチモチのチーズなどさまざまな食感が楽しめ、



 豊潤な香りのするコンソメスープは、下味がしっかり染みこんだキノコやコリコリとした食感のトリュフにフォワグラなどが贅沢に盛りつけられていました。
 パンと一緒に食べても良いですね!



 そして、こちらがメインディッシュとなるオニカサゴのナージュで、丁寧に焼き上げられた魚に野菜や貝、ベーコンなどがふんだんに盛りつけられており、ホクホクした白身魚などさまざまな食感を楽しめるだけでなく、



 つけあわせのクスクスにオニカサゴの出汁がたっぷり染みこんだバタースープをかけるとあっという間に満腹です!
 「ライ麦パンは食べ過ぎないようにしてください」と忠告を受けたのが納得のお味ですね。



 ただスプーンとフォークで骨を処理するのに困ったので、お箸をつけていただけるとせせりやすかったかもです。
 フランス料理には合わないのかもしれませんが…。

 とまぁ、こんな感じで満腹になってしまったところでトドメに出てくるのがこちらの自家製デザートなのですが、



 なんと食べ放題なんだとか…
 甘いものは別腹の女性にはウレシイサービスですね!
 どれも美味しかったのですが、個人的に気に入ったのは左端のシュケットで、甘みはほどほどフワフワの食感が良い感じでした!

 リーズナブルな価格であるにも関わらず、手間暇かけて調理された料理とお酒を楽しめるこのお店で至福のひと時を過ごしてみませんか?

おしまい

神楽坂ワイン食堂 ビストロ Entraideビストロ / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


庶民派で居心地のよい「麻婆まぜそば&担々麺 貴族麻婆」で晩酌を楽しんできた!

 JR錦糸町駅から徒歩5分の場所にある「麻婆まぜそば&担々麺 貴族麻婆」さんで、美味しい麻婆まぜそばをいただいてきました。

R2_03950_170828_70P

 煮卵や牛バラ煮込みなどが盛り付けられたさまざまな具材や薬味をかき混ぜ、



 少し細長い平麺をチュルチュルっと喉に流し込んだ食感は滑らかで、麻婆豆腐の味のイメージとは異なるものの、程よい辛みが食欲をそそりますね!
 
 そして、このお店はおつまみメニューが充実していまして、テーブルの前に置かれた少し塩味の効いた炒りピーナツはいくらでも食べらますし、



 柔らかくじっくり煮込まれた牛バラの煮込みや、



 少し厚手の皮を噛みきると肉汁があふれ出す餃子、



 おつまみメニューは300円程度のお手頃価格の設定されおり、注文すればすぐにでてきましたし、仕事帰りに晩酌を楽しむと良い感じのお店ではないでしょうか!

 ちなみに、お店の店構えはこんな感じで、



 カウンターのみのこじんまりとしたお店でなのですが、アットホームな雰囲気で庶民には居心地が良かったです!ハイ



おしまい

麻婆まぜそば&担々麺 貴族麻婆担々麺 / 錦糸町駅住吉駅亀戸駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ