chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











オムロン上腕式血圧計HEM-7600T その1 血圧測定を習慣づけよう! #オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 オムロンヘルスケアオフィシャルレポーター会議 vol.3 に参加させていただきました。
 以前は手首式の血圧計をレビューさせていただきましたが、今回は2017/3/1に発売される上腕式血圧計についてレポートさせていただきます。

DSC08612_170216_80P

 なんでも…日本国内には高血圧の症状を抱えている患者が4,300万人もいるにも関わらず、そのうちの2,500万人は病院に通院さえしていない状況となっているのだそうです。

img005

 ちなみに血圧はちょっとした体調の変化や意識の持ち方で変動するもので、病院で計ると正常値がでるのに家庭で計ると異常な数値となる人や、病院では異常値なのに家庭では正常値となる人もおり、正確な数値を安定して測定することが難しくなっています。

img006

 そして、最近は家庭で測定した数値の重要性が認識されつつあり、そのために開発されたのが上腕式血圧計 HEM-7600Tです!

img007

img008

 開発のポイントはコンパクトなデザインと、上腕に巻くだけで簡単に測定できること。
 そして、スマホと連携して毎日の血圧の変動を管理できること!です。

 そんな新型血圧計を「とくとみぶろぐ」の徳富さんが一足お先に体験されたそうで、その使い心地をレポートしていただけました。

170224_00

 徳富さんは子供の頃は健康優良児だったのだそうですが、大人になってから時々体調を崩すことがあり、健康診断を受けると血圧が高いと診断されたり、脈が飛ぶと診断されてしまったのだそうです。
 そして、2015年11月に開催されたオムロンの手首式血圧計のブロガーイベントで血圧を日常的に測定することに目覚め、

img009

 体調が悪いときには血圧が異常値を計測していることに気付き、生来のデータ取り好きな体質もあって日常的に血圧を測定するようになったのだそうです。
 しかし、時には旅行に出かけたり、本業の疲れで測定するのを忘れてしまうこともあり、毎日 測定できているワケではありません。

 数度の測定忘れを気にしすぎず、週単位で全体の流れを把握するようにしようという心構えで、思い出した時にすぐ血圧を測定できるよう日常作業をするデスクの上に血圧計を常備させることによって、血圧計の推移をチェックし体調管理できるようになったのだとか…。

img010
img011

 頑張りすぎないことも大事みたいですねw

 ちなみに、今回のブロガーイベントでは「毎日血圧を測定するための工夫を考える」というお題でグループワークすることになったのですが、ワタクシが考えた工夫は…、


『血圧計に目覚まし機能を内蔵する!』


 というものです。
 以前のブロガーイベントで血圧は毎朝おきてすぐに計測すると良いと聴いていたので、それだったら眠る前に血圧計を巻いて寝て、目覚まし代わりに腕を締め付けられたらよっぽどのことがない限り起きるんじゃないかなぁと…。
 起床直後に寝ぼけ眼でもすでに血圧計が巻かれてて板としたらポチッと測定すると思いませんか?

 ついでに眠りの深さとかを測定して、目覚めやすいタイミングで目覚まし機能を作動させてもらえたら一石二鳥だと思うのですが…。

 いかがでしょうか!?

 ということで、ワタクシもその心構えで血圧測定に挑戦してみたいと思います〜!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


ノック不要でいつまでも書き続けられる極細シャープペンシル「orenznero」を体験してみた #ぺんてる #orenznero

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 ぺんてるのブロガーイベントに参加させていただき、販売価格3,000円の高級シャープペン「orenznero」を体験させていただきました。



 「orenznero」は一度ノックすれば先端に約1.5mmの芯が飛び出し、



 文字を書いて芯がすり減っても、文字を書き換える時に紙からペン先を浮かせると自動的に芯の長さを調整する「チャック式」機構が内蔵されています。



 スタッフの方の説明によると、一度ノックしただけで「走れメロス」の全文を原稿用紙26枚分 約15,000字もの文字を書き写すことができたのだそうですよ!

 イベント会場でワタクシもイロイロ文字を書いてみましたが、0.2mの極細は書き味が良いですね〜!
 時折、芯が短くなって文字がかすれたようになってしまったのは少し気になりましたが、すぐに慣れるんじゃないかなと思います。

 ちなみに、「orenznero」の黒い12角形というシンプルなフォルムは、ぺんてるの総力を尽くして開発したという意味合いを込め、過去の名機種を網羅したデザインに仕立て上げられているのだそうです。









●極細の系譜
 「orenznero」を開発した『ぺんてる』 は120カ国以上で文具を販売する世界的なブランドとなりました。
 初期はねじって芯を出す構造だったシャープペンをノック式にしたり、世界で初めて0.2mmや0.3mmのシャープペンを開発するなど技術開発に明け暮れ、ついには0.1mmのシャープペンを参考出品するに至ったのだそうです。



 残念ながら芯が細すぎて扱いづらかったために製品化するまでには至らなかったそうですけどね。
 そして、ボールチャックタイプのシャープペンは1982年に販売されたPN3015が元祖なんだそうです。




 個人的には、「orenznero」の


『ノックせずに書き続けられる』


 という特性はペン先を0.8mmくらいに太くしてマークシートを塗り込み易い仕様にすれば、中高生やTOEICの受験生の需要に合致すると思うんだけどなぁ…。
 たとえ3,000円という高価なシャープペンであったとしても、中高生は買えなかったとしても親御さんが買い与えると思いませんか?
 


おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


霧ヶ峰で金色に染まる雪原を撮ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
 NISSANの「NOTE e-Power」のブロガーイベントに参加させていただいた後のことなのですが、雪景色が無性に撮りたくなりまして…、



 愛車プリウスを走らせて霧ヶ峰まで行ってきました!



 晩秋の霧ヶ峰には行ったことがあったのですが、真冬の霧ヶ峰って-15℃以下にまで気温が低下するのですね…。
 さすが標高が高いだけのことあるや。

 幸いこの日はほとんど無風だったおかげでそれほど寒さを感じなかったので、西の空に落ちる満月をこんな具合に切り取ったり、



 遙か彼方に見える富士山を眺めたりしつつ、



 朝焼けで金色に染まる雪原をこんな具合に切り取ってみました。





 中でもイチオシはこの一枚です!



 いかがでしたでしょうか!?
 スノーシューがあれば冬でも霧ヶ峰をトレッキングできるようなので、近々やってみようと企み中ですw



 お楽しみにっ!



おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ