chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











ケント白石の科学的写真術講座 朝から晩まで写真漬けの夏期合宿レポート 〜カシオのスマートウォッチPROTREK WSD-F20が撮影スポットの記録に大活躍!〜

 ソニーストア札幌で開催された「井上浩輝の動物撮影講座」を受講した後は美瑛へ移動し、Synapseというオンラインサロンでケント白石さんが主宰されている「科学的写真術講座」の夏期合宿に参加させていただきました!



 今回の夏期合宿では全国から集まってきた受講生 総勢15名が参加し、科学的写真術講座でも講師をされている井上浩輝さんに案内していただいて、朝から夕方まで美瑛を駆け巡って北海道らしい雄大な大自然を撮影したり、夜は撮影した写真をケント白石さんに講評していただいたりするなど、寝る間も惜しんだ写真漬けのハードな2日間を過ごしました。

 どのくらいハードだったのかというと、朝は3時に起きだして日の出を撮影して、





 宿に戻って朝食を食べた後は美瑛の丘を駆け巡り、









 夕食を食べた後は、日付が変わるくらいの時間まで昼間に撮った写真をケント白石さんに講評していただいたのでした。
 2日間の睡眠時間は2〜3時間ってところだったでしょうか…。

 残念ながら天候がイマイチだったために、初日の夕焼けや2日目の日の出を撮影することはできなかったのが心残りですが、体力および気力も限界ギリギリだったかもしれませんw

 ケント白石先生、井上浩輝先生
 合宿中はいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました!




●カシオのスマートウォッチPROTREK WSD-F20が設営スポットの記録に大活躍!

 さて、ここからはアウトドア アンバサダーとしてお借りしているPROTREK WSD-F20のレビューとなります。
 合宿とレビューは記事を2つに分割しようか迷ったのですが、まとめた方がウィンウィンな記事になるかと思いまして今回はまとめてみました。

 PROTREK WSD-F20について簡単におさらいすると、カシオから発売されているAndroidスマートウォッチで、本来は登山やサイクリングなどアウトドア目的で使われる腕時計になります。



 一見 写真撮影には何の関係もないと思いきや、内蔵されている機能は写真家にとっても使える機能が多いのですよ、これが。

 まず、日の出や夕焼けを撮影しようとする時には、ピピッとボタンを何回かおすだけで、その日の日の出の時刻と日没の時刻だけでなく方角まで表示されるので、その方向にカメラを向ければ、日の出を撮影することができます。





 潮位もわかるので、海で撮影するときは潮の満ち引きも確認できますよ!



 そして、GPSを使ったマッピング機能が便利でして、



 撮影スポットに到着する度にマーキングして、



 Google Driveを通じてパソコンに取り込めば、こんな具合に撮影スポットを管理することができるのです!!!





 この腕時計…写真家にとってもすっごい使える時計だと思います。
 欲を言えば、

「Lightroomで撮影場所を写真に追記できるGPX形式で位置情報をエキスポートできるようになればもっと使えそう!」

 と井上浩輝さんがおっしゃってました!



 カシオさん、Updateでなんとか対応していただけませんかね?

 ちなみに、スマートフォンでGPXデータを保存し、Lightroomで写真を位置情報に書き込んだレポートについては、Digital Life Innovatorのマサさんがブログ記事にされています!

 んーむー…



 この佐原ボートツアーはワタクシが主催した企画だwww



おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


ソニーストア札幌で開催された「井上浩輝の動物撮影講座」で動物写真を撮影するコツを教わり、さっそく成果を挙げられたゾ!!!

 ソニーストア札幌で開催されたαアカデミー「井上浩輝の動物撮影講座」に参加させていただきました。



 この講座は「座学」「実技」「講評」の3段階で実施され、通常は週をまたいで2週にわたって開催されます。
 しかし、ワタクシが受講したこの回については土日の2日間に集中開催されるということで「これなら千葉からでも行ける!」ということで受講を決意したのでした!
 感想としては、


「ソニーストア札幌は土日での集中開催を売りにしたら、日本各地から受講生を呼べるんじゃない?」


 といったところです。
 おそらく銀座でこの講座を開催すれば受講生であふれるところですが、札幌であればそれほど受講生が多いわけでないのですよ。
 札幌観光を兼ねて受講を検討されてみてはいかがでしょうか?



 では、簡単に講座の内容を紹介させていただきます。

●講座



 カメラが発明された当初の動物写真は、ゾウやキリンなど絵画でしか見たことのなかった動物が写ってさえいれば、多少ぶれていたり見えにくかったりしていても評価されていました。
 しかし、動物園などでさまざまな動物を見ることの出来るようになった現代においては『美しさ』や『決定的な瞬間』が要求されるようになりました。




・機材選び
 
 そういった『美しい』動物写真を撮影するために選ぶべきソニーのカメラは、α9、α6000、α6300、α6500といった機種が挙げられ、α9は50万円近いハイエンド機種となりますが、α6000は6万円程度で購入することの出来るお手頃価格のカメラになっています。

 井上浩輝さんはα6000でカメラを始められたそうで、代表作の中にはα6000で撮影された写真もあるのだそうですよ!
 高価な機材でなくても、撮影方法を工夫すれば名作となるということですね!



 そして、レンズについてはやはり望遠レンズが必要となります。
 比較的安価なF4通しのSEL70200Gの撮例がこちらで、



 高価となってしまうもののF2.8通しのSEL70200GMを使えば、背景が美しくボケた写真を撮ることが出来ます。



 さらに、2.0倍のコンバーターを使えば、こんな3兄弟の写真を撮影することもできたそうですよ!




 他にも、2017年7月に発売されたSEL100400GMといった高倍率望遠レンズは野生動物を撮るために有効だそうです!


・撮影の基本設定
 


 次に、カメラの基本的な設定についてですが、重要なのはシャッタースピードを1/800秒以上に設定することで、シャッタースピードを稼ぐためにはISO感度を6400程度まで上げたり、絞りを開放にすることを恐れないことが大事です。
 また、連射についてはカメラによって連写性能がまったく異なるため、肝心なときに連写スピードを鈍らせないよう連写できる時間の長さの感覚をつかんでおいてください!ということでした。



・記憶に残る一枚とするために!

 ここからは井上浩輝さんが撮影された写真をどういった経緯で撮られたのかエピソードを交えながら説明していただきました。

 キツネが高く飛び跳ねて狩りをする「瞬間」や、



 川から遡上するマスが飛び跳ねた「瞬間」、



 眠りこけるキツネに降り積もる晩冬の雪といった「季節感」、



 そして、河原で寄り添うキツネの兄弟…、



 こういった具合に、言葉による説明がなくてもナニカが伝わる一枚を撮りつづけることが重要なんだそうです!
 まぁ、それが難しいんですけどね…。



●撮影&講評



 座学講義の翌日。
 井上浩輝さんと一緒に約2時間ほど円山動物園を回って、さまざまなアドバイスをうけながら動物園で飼育されている動物たちを撮影する実技講座が開催され、四苦八苦しながらカンガルーやヒグマと言った動物たちを撮影した後、ソニーストア札幌へ戻り3枚ほど講評していただけることになったので、ワタクシが選んだのはこちらの3枚です。

 ※JPG撮って出し







 いかがでしょうか?
 2枚目と3枚目は井上浩輝さんの評価が高かったので、頑張った甲斐がありました!
 このあと、Lightroomを使った現像のヒントまで教えていただけたので、現像してみた写真はこんな感じです。










 そして、これだけでなく2枚ほど追加で現像してみました!





 最後のライオンの写真については別の受講生の方への現像のアドバイスを参考に現像してみたのですが、なんとFacebookに投稿した写真をBLACK MAGAZINEにシェアしていただくことができたんです!
 
 たった1回の講座でこんな成果を上げることができたので、千葉から札幌まで行った甲斐があったってもんですよ!!!


 井上浩輝先生 ありがとうございました!
 引き続き、撮影に、現像に、より良い一枚を撮影できるよう頑張ります!


おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


生牡蠣、牡蠣フライ、蒸し牡蠣…北海道や九州から届いたさまざまな牡蠣を楽しめる目黒のオイスターバーへ行ってきた

 大庄さんから2017年7月に目黒の駅前に開店したオイスターバーに招待していただき、さまざまな牡蠣料理やパエリアなどを楽しんできました。
 まずは生牡蠣ですが、



 北海道や九州など国内だけでなく、アメリカやニュージーランドなど世界各国から集められたさまざまな牡蠣を選ぶことができます。



 牡蠣って…、身の大きさが大粒だったり小粒だったり見た目が異なるだけでなく、味も全然ちがうのですねー!
 個人的には北海道の厚岸産の牡蠣がミルキーで美味しく感じました!

 次に、こちらが牡蠣フライで大粒の牡蠣はプリプリでジューシーな感じに仕上がっているのですが、牡蠣フライはやっぱりタルタルソースがあいます。





 そして、これが蒸し牡蠣で見た目は生牡蠣と変わらないものの、それぞれの調理方法に合わせた牡蠣を選んでいただけたようで、ちゅるっと美味しくすすることができました!



 正直なところ…ワタクシあまり牡蠣が好きではないのですが、そんなワタクシでも味を堪能できるくらいさまざまな食感を楽しめますよ!

 牡蠣料理の他にも、つい先ほどまで生きていた新鮮なロブスターや、



 魚介たっぷりのパエージャ、



 大きな厚手の白身魚をつかったフィッシュ&チップス、



 ビーフストロガノフは付け合わせのライスだけでなく、パンをつけながらいただくといくらでもおかわりできちゃいますね!!!






 他にも、キングサーモンの切り身が贅沢に入ったホワイトソースのパスタに、サーロインステーキといった肉料理もあったりしますので、魚介料理が苦手な人でも楽しめそうです。




 

 ちなみに、お店は地下一階にありまして少しわかりにくい場所にあるものの、



 アメリカンな雰囲気な内装に仕立て上げており、



 ワインサーバーで料理に合わせたお好みのワインが楽しめるようになっていました!



 目黒駅の近くで食事する機会があれば、一度試してみてください!

おしまい 

目黒オイスターバーオイスターバー / 目黒駅不動前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ