chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











鉄道写真家 中井精也さんと行く四国 下灘駅と四万十川こいのぼり撮影紀行 レポート速報編

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ゆる鉄で有名な鉄道写真家 中井精也さんと行く撮影旅行に参加させていただいております。

image

 今回のレポートは速報版で、写真は主にInstagramで公開しているモノです。
 
 今日は夕方から雨でホテルでやることないので更新しましたが、明日このツアーが終了後は四国に居残り車中泊しながら縦横無尽に四国を駆け巡る予定ですので、まず間違いなく明日の更新はありませんw

 では、本日の行程をレポートさせていただきます。
 最初に撮影することとなったのは松山市内を走る市電の坊ちゃん列車なのですが、

image

 松山市内には市電と伊予鉄道が交差する踏切がいくつかありまして、伊予鉄道が通り過ぎるのを待つ市電とその横をすり抜ける自転車のおっちゃんを捉えてみましたw

image

 いやー、おっちゃん ええ味だしてるわーw
 「なんでこっち向いてるねん」とちょっと言いたくもなりましたw

 次に向かったのは伊予の小京都と呼ばれる伊予大洲で、お城とアンパンマン特急をこんな具合に撮ってみたり、

image

 清らかな清流の中に入ってこんな具合に撮ってみました。

image

 この写真…理想を言えば時々水面から飛び跳ねていた魚を捉えたかったのですが、そううまくはいかないですよね…(ノД`)
 実は連写している時に一度だけ飛び跳ねてくれてはいたのですが、α7マーク2の連写速度では捉えることができませんでしたとさ…orz
 α9を買えってことですかね!?

 そして、最後に瀬戸内海へ沈みゆく見事な夕焼けを眺めることの出来る下灘駅へ向かったのですが、

image

 あいにく雨がポツリポツリと落ちていくお天気となってしまいまして…、悲嘆に暮れる中井精也先生に心境を背中で語っていただいたり、

image

 中井精也先生の重みでベンチの板が割れた!

image
 
 のではなく、ラブラブベンチに座っていただいたり…と、楽しいひとときを過ごさせていただきましたw

 この駅にはツアー終了後に残業で再訪する予定にしていますので、続報をお楽しみにお待ちください!?
 ということで、速報版はこれくらいで終わらせていただきます。
 
image

おしまい 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


セブンイレブンのクリームブリュレ氷 美味しいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 めーんずスタジオのアスカさんのレポートを見て、あまりにも美味しそうに見えたのでワタクシも会社帰りにクリームブリュレ氷を購入してみました。



 封をあけたり、



 ひと匙すくってみるとるとこんな感じなので、



 ちょっとかき氷にはみえませんね。
 どちらかというとプリンのような味に、シャキシャキした氷の食感がする感じかな!
 口の中で混じり合うまろやかなカラメルのハーモニーも良い感じですよ。

 これから日増しに暖かくなる一方でしょうし病みつきになりそう!

 税込み168円とお手頃価格なので、機会があれば食べてみてくださいませ!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


東京カメラ部10選 井上浩輝による冬カナダの魅力と冬の撮り方 〜シマフクロウ&ナイアガラの滝〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
 渋谷ヒカリエで開催されていた東京カメラ部の写真展2017で、旅行会社HISによる「東京カメラ部10選 井上浩輝による冬カナダの魅力と冬の撮り方 〜シマフクロウ&ナイアガラの滝〜」というトークショーを聴いてきました。



 真冬のカナダと言えば想像もできないくらいの寒さなのではないかと不安に感じるかもしれませんが、北海道在住の井上浩輝さんにとっては北海道とそれほど変わらないと感じられたそうです。
 もっとも氷点下20〜30℃まで冷え込むそうなので、東京に住む人にとっては想像もできないくらいの寒さなのかもしれませんね…。


●ネイチャーガイド佐久間さんと行くシロフクロウ撮影ツアー

 さて、今回の撮影旅行の目玉の一つである「シロフクロウ」ですが、普段は北極圏に生息しており、厳冬期に越冬するためカナダのオンタリオ州キングストン近郊にあるアーマスト島やウルフ島へ飛来します。



 しかし、その数はわずか6〜10頭とごくわずかなため、生態を熟知した現地のネイチャーガイドにガイドをお願いする必要があるのですが、そのガイドさんはなんと日本人の佐久間克宏さんという方なんだそうです!
 カナダであるにも関わらず日本語の通じる方にガイドをお願いできるなんて心強いかぎりですよね!



 ちなみに、シロフクロウは体長50cm程度とそれほど大きなフクロウではなく、白夜など日の沈まない北極圏に生息しているため昼間でも活動していたり、木の上ではなく地面の上にいたりするなど、普通のフクロウとは異なる生態をもっているのだそうですよ!





 そして、オジロジカや、



 カラフトフクロウなども生息しており、大自然の中に潜む野生動物の撮影を堪能できるのだそうです!



 暗闇の中を佇むこのフクロウは、LEDヘッドライトにディフューザーをかけて弱めた光をフクロウに照射して撮った一枚なんだとか…。
 さすが井上浩輝さんってところですね!



●ナイアガラの滝



 シロフクロウの次の目玉はナイアガラの滝です。
 ナイアガラの滝といえばアメリカのモノというイメージがありますが、写真を撮るならカナダ側の方が魅力的な光景となっており、年間1,500万人もの観光客をあつめているのだそうです。
 夜景も見応えありますが、



 間近で見る迫力はきっとものすごいんでしょうね…。



 そして、ナイアガラ観光の拠点となるトロントの街の光景も絵になりますねぇ…。
 




 一度は行ってみたいモノです!


 とまぁ、こんな感じで冬のカナダの撮影旅行を満喫できる旅がHISの方で企画されました!
 まだ少し先の話ですが検討されてみてはいかがでしょうか!?





●カナダの魅力

 ところで、今年カナダは記念すべき建国150周年を祝う年となっているのだそうで、さまざまな祝賀イベントが企画されています。
 ワタクシもカナダ大使館で開催されたアンバサダーイベントに参加させていただいたりしたのですが、大納言光子さんという女芸人さん(右側の女性)が現在カナダを旅されており、



 現地でどんなことをしてカナダを満喫するのか投票で決定するというサイトが立ち上がっています。

 メッセージを送信すれば、抽選で1組2名様にカナダへの往復航空券が当選するそうなので、もし良ければ挑戦してみてください!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ