chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











ケント白石の科学的写真術 第2回 現像&印刷講座 #1 現像で失敗写真が奇跡的に生まれ変わる!?

 Synapseのオンライン講座「ケント白石の科学的写真術」を受講している受講生を対象に、2018/1/6〜8の日程で開催された第二回 現像&印刷講座に参加させていただきました。

_R3_4127_180107_70P

 今回の講義では現像と印刷に重点を置いたため積極的に撮影にでかけることはなく、受講生がこれまでに撮影した作品をケント白石先生に現像していただくことになったのですが、ワタクシが撮影したある写真が嘘のようにまったく別物に生まれ変わったのです!
 今回はその経緯を簡単にレポートさせていただきます。

 ちなみに、その写真を撮影した機材はSONYのα7R Mark3なのですが、この機種から搭載されたある機能を使って撮影していたおかげで今回の奇跡が現実のモノとなりました。
 その機能についても簡単に説明していますので、最後まで読んでくださいませ!

 まず、ワタクシがケント白石先生に現像していただきたいと選んだ写真はこちらです。



 これは合宿直前に北海道の野付半島で夕焼けで橙色に染まる草原に佇む鹿を撮った一枚なのですが、太陽が白潰れしていたり、色味が黄色すぎて現実のモノとはかけ離れていたため、ケント白石先生でも思うような現像ができす…、

「この写真はキビシイね…」
「露出をハイライト測光で撮ってさえいればなんとか救えたかもしれないのに…」

 とつぶやかれたのです。
 そこで記憶を紐解いてみたところ、何枚か撮った写真の中にまさにその『ハイライト測光』で撮ってみた写真があったことを思い出したのです!

 そうして探し出したのがこちらです。



 一見すると、太陽の明るさは調整可能そうに見えるものの、手前の草原にいるハズの鹿はまったく見えません。
 しかし、ケント白石流現像術にかかれば、こんな写真に生まれ変わってしまったのです!!!



 真っ黒につぶれていた草原に佇むエゾシカがクッキリと浮かび上がり、橙色の夕焼け空も雲の表情が蘇っています。
 4Kモニターに表示させても画像が破綻していないんですよ!

 よもやここまで生まれ変わるとは思いませんでした…。
 圧巻のひと言につきます!

 ちなみに、SONYではα7R Mark3から搭載された『ハイライト測光』は画面内の明るい場所を重点的に測光する露出モードで、夕焼けや朝焼けなど太陽を撮影するときなどに有効です。
 しかし、明るい場所を中心に測光すると、暗い場所はより暗く写ってしまうワケで、撮影現場でLCDモニターに表示された写真をチェックしたときに黒く潰れて鹿が見えないことに気付いてマルチ測光に切り替えてしまったんです…。

スライド1

 それが現像で明るさを調整するだけで、黒く潰れた草原の質感をここまで蘇らせることができるとはね…。
 α7R Mark3はRAW形式で写真を撮ってさえいれば現像で調整できると知識では知っていましたが、その性能にも驚くばかりです!

スライド2

 一発逆転とは、まさにこのことですねっ!!!


 しかし、今回は反省点がひとつあります…。
 それは…、


 色味を調整したEVFファインダー越しにしか風景を見ておらず、現実世界の色味を覚えていなかった…


 ことです…
 ミラーレスカメラではホワイトバランスを調整してしまえば、EVFファインダーに表示される色味と撮影される写真の色味は一致しています。
 しかし、それは良いトコロでもあり、悪いトコロでもあるように、今回ばかりは思わざるを得ませんでした…。

 個人的には現実世界とはかけ離れた色味に調色することも好きなのですが、肉眼で見たままの世界を再現することも重要であると感じたので、焦ってシャッターを切ることばかり考えず、肉眼で色味を記憶することも課題として取り組みたいと思います!


 ということで、宣伝です。

 今回、ケント白石先生がどのようなテクニックを使って現像されたのかについてはあえて説明していません。
 その方法を知りたいと思った方は是非 講座を受講してみてください!
https://synapse.am/contents/monthly/KentShiraishi2017

 180216_00

 ケント白石先生だけでなく井上浩輝先生から撮影や現像など撮影技術に関する講義を受けることができるだけでなく、受講生が撮影した写真を動画で講評していただけたり、

180216_00

 受講生をケント白石先生の宿に集めて撮影合宿が繰り広げるなど精力的に活動が繰り広げられおり、受講料以上の価値があると思います!!!

 撮影合宿 2017年8月開催
 現像&印刷講座 2017年11月開催

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


東京ドイツ村でウィンターイルミネーションを堪能してみた

 ポレポレ農園で1年分のイチゴを堪能した後は、関東三大イルミネーションに認定されている「東京ドイツ村」の夜景を見学してきました。

M2_00318_180128_70P

 東京ドイツ村のライトアップの入園システムは少し特殊で、一人当たりの料金を支払うのではなく、クルマ一台あたりの料金として2,500円を支払えば入園することができます。
 人数が多ければ多いほどお得なシステムですね!
※バスなどの大型車については別料金

 2018年は例年にない寒波が押し寄せてきていたため、関東の中でも比較的温暖な気候である房総半島といえども零度近くまで冷え込んでいたのですが、ヒートテックや使い捨てカイロなどをしっかり仕込みライトアップを楽しんでみました。

M2_00287_180128_70P

M2_00309_180128_70P

 どうですか!?
 見事なものですよね!

 観覧車からの眺めも格別で、別料金を支払ってでも眺める価値はあると思います!!!

M2_00306_180128_70P

M2_00303_180128_70P

 昼間は木更津アウトレットで買い物し、江川海岸で夕焼けを眺めたあとに、

M2_00261_180128_70P

 東京ドイツ村のイルミネーションを楽しむ…

M2_00293_180128_70P

 などという房総半島堪能ツアーなどを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


房総半島のポレポレ農園でイチゴ狩りを堪能してきた!

 今年もこぶろぐさんにお誘いいただき、千葉県君津市にあるポレポレ農園でイチゴ狩りを堪能してきました!

M2_00171_180128_70P

 ポレポレ農園は予約制ですが、朝10時から時間無制限でイチゴ狩りを堪能できる農園で、

M2_00140_180128_70P

 ビニールハウスの中では、大人の腰の高さ、子供の頭の高さくらいの位置にイチゴの苗が植えられており、かがまなくてもイチゴ狩りできるので腰に負担をかけることがありません!

M2_00176_180128_70P

 イチゴに土がつかないようビニールで土の箇所が覆われているおかげで、清潔なイチゴをお腹いっぱい堪能することができるのもポイントが高いですねw
 ちなみに、今回のイチゴ狩りで堪能することができたイチゴの品種は「紅ほっぺ」「やよいひめ」「おいCベリー」の3種類で、個人的には「おいCベリー」がもっとも気に入ったのですが、どうやらみなさんそう思ったようで「おいCベリー」の島だけはすごい勢いでイチゴが狩られていった模様です…。

 そして、受付のところで配布される練乳は好きなだけおかわりできるのですが、我々はマイ練乳を持ち込み味の違いを堪能したりもしましたw

M2_00152_180128_70P

 ikukodaysのikukoさんが台湾で購入された練乳は、日本の練乳とは違ってとろみが強く濃厚な食感を楽しむことができました!

M2_00188_180128_70P

 そのほかにもコンビニスイーツにイチゴを載せたりして、

M2_00212_180128_70P

M2_00202_180128_70P

 1年分のイチゴを堪能しましたとさ!
 オススメです!

 前日に電話して予約するのがちょっぴり大変だったりするのですが、その苦労に見合うだけ楽しむことができますよ!!!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ