chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











アウトドア用スマートウォッチPRO TREK WSD-F20でアウトドアを楽しもう! #1

 アウトドアアンバサダーのブロガーイベントに参加させていただき、PRO TREK smart WSD-F20をモニターとして3ヶ月ほど試用させていただくことになりました。
 何回かにわけて使い心地をレポートさせていただきますが、今回はブロガーイベントで説明していただいたことをレポートさせていただきます。



 PRO TREKは設立60周年を迎えたCASIOが販売する時計のブランドのひとつですが、CASIOと言えばG-SHOCKを連想される方が多いのではないでしょうか?
 また、数年前までCASIOはちょっとやそっとでは壊れない頑丈なスマートフォンを製造していたのですが、今回 紹介するPRO TREK smart WSD-F20はそのふたつの特徴を兼ね備えた頑丈で様々な機能を併せ持つスマートウォッチになります。
 


 開発コンセプトは

 「時刻を見るくらい簡単に現在地を確認できる時計」

 ということで、



 山や湖など旅先へ出かける前に地図データをダウンロードしておけば、世界のどこにいようと、携帯の電波が届かない地域でも、時計を見るだけで現在地がわかるように仕上げられており、登山用の地図をダウンロードしておけば、登山道まで表示されるようになっているのだそうです!



 ところで、スマートフォンでGPSを使おうとするとバッテリーの消費が早くなってしまうのが気になるところですが、WSD-F20に搭載されているGPSシステムは測位精度を高めても、バッテリーの消費を抑えることができるようになっています。



 また、カラー液晶とモノクロ液晶の2種類が搭載されており、しばらく操作していないとバッテリーの消費を少なくできるモノクロ液晶に自動的に切り替わるなど、バッテリーの節約には様々な工夫がこらされているのだそうです。



 もちろん、時計として基本的な性能も保証されているのですが、

・5気圧 防水構造
・MIL STANDARD(米軍仕様) 10項目準拠
・低温対応(-10℃)

 残念ながら防水性能については、ダイビングはおろかウィンドサーフィンなど水面に激しく接触してしまう可能性のあるスポーツでの使用は控えて欲しいということでした。
 個人的には、真冬の霧ヶ峰や美瑛などでは-20℃以下に落ち込むことがあることを知っているので、-10℃までしか対応していないことに不安を感じたのですが、保証はしないもののおそらく問題なく使えるだろうということでした。

 そして、画面をタップしたりスライドしたりして操作するだけでなく、手袋をつけたままでも操作できるように3つのボタンが備え付けられていたり、不用意にボタンが押されないようなガード機構など、これまでにCASIOが培ってきたノウハウが惜しげもなく投入されているようです。



 あ、そうそう。
 このWSD-F20はAndroid Wearということだけあって使い込もうとするとAndroidスマートフォンが必要なのですが、iPhoneでも基本的な機能については使えるようになったそうなのでご安心ください!





 さて、実はワタクシは4年前にもPRO TREKをお借りしたことがありまして、そのときは富士山を御殿場口から登山してみたことなどをレポートさせていただきましたが…、

 このスマートウォッチを使って、是非とも「アウトドアを楽しんで欲しい!」ということなので、



 今回も登山や、サイクリングなどに活用させていただこうと考えているのですが、日の出日の入りの時間や方角を示す機能が何気に便利そうなので、写真撮影の旅にも活用してみたいと思います!
 ワタクシの写真撮影の旅は大体1,000kmくらいの移動が基本なので、どういう経路で移動したのかログをとってみるのも面白そう…

 なーんて考えていたりしますw



 お楽しみに!?

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


さわやか 新居湖西店でジューシーなげんこつハンバーグを堪能してきた

 先日、豊橋総合動植物公園へ出かけてきまして、その帰り道に静岡で人気の炭焼きレストラン「さわやか 新居湖西店」に立ち寄ってきました。
 地元民である私的電脳小物遊戯のzeakさんにアドバイスをいただき、注文したのは『げんこつハンバーグ』です。



 その名の通りこぶし大の大きさのハンバーグを店員さんが手際よく切り分け、仕上げにオニオンソースをかければできあがりなのですが、



 こんな具合にすこし赤身が残る感じで食べるのがオススメだそうで、



 パクッとひと口食べれば、オニオンソースの酸味が赤身多めの焼き加減にピッタリあいますね!
 ハンバーグを食べているというより、マグロの赤身を食べているようにも感じたかな。

 1日中動物園を歩き回ってペコペコになった空きっ腹で、こんなものを目の前にすればペロッと食べ切っちゃいましたとさ!!!
 こんなハンバーグをたった1,058円で食べることができるんだから、それは行列ができますよ。
 また、今度 静岡県に来ることがあれば食べに言ってみようと思います!

 ちなみに、ワタクシは17時ごろに店に到着して「30分待ち」と言われたのですが、ちょうどそのくらいの時間で席まで案内していただけました。



 注文してから料理もすぐ出てきたので、回転は早いのではないでしょうか!?



おしまい

関連ランキング:ファミレス | 鷲津駅新居町駅



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


Webデザイナー向けBenQ PD2700Qで黒野明子さんからPhotoshopやDreamWeaverの使い方を教わってきた!

 BenQのPD2700Qというディスプレイのアンバサダーイベントに参加させていただきました。
 今回はWebデザイナーとして活躍されている黒野明子さんに、PD2700Qの特徴やPhotoshopやDreamWeaverの使い方をレクチャーしていただいた内容をレポートさせていただきます。



●製品紹介
 PD2700Qは2560x1440ドットの表示領域をもつ色再現能力のたかい2Kモニターで、長時間モニターを見続けても目に優しいブルーライト軽減機能やフリッカーフリー機能がそなわっています。



 そして、暗くつぶれた箇所を明るく表示することのできる暗室モードや、



 細かい線の描画をはっきり表示させるCAD/CAMモードだけでなく、



 画面の左右で表示モードを切り替えることのできるデュアルモードが備わっています。



 ちなみに、左側が暗室モードで、右側がCAD/CAMモードになっているのですが、CAD/CAMモードにすると線だけでなく文字が見やすくなるという特徴があるそうで、画面の左側をPhotoshop、右側をDreamWeaverにすると効率よく作業できるのだそうです。



 また、女性の力でも簡単に画面を縦に回転させることができるので、スマートフォンなどの縦画面デザインを確認するにも便利だそうですよ。



 
●Photoshopの便利機能
1、かすみの除去
 滝のような水しぶきのあがる場所で撮影した写真は、全体的にもやがかかったように見えることがあるのですが、そういうときは「フィルター」の「Camera Rawフィルター」を選択し、fxというボタンを選択すれば「かすみの除去」を調整することができます。






2、顔パーツの調整
 「フィルター」から「ゆがみ」を選択すれば、人の顔を自動的に認識し、笑顔の度合いを調整したり、小顔にしたりするなどイロイロ調整できるのだそうです!
 マウスだけで簡単に調整できるのがすごすぎます。。。
 



●DreamWeaverの便利機能
 DreamWeaverというのはWebサイトを構築するためのHTMLやCSSを作成するためのソフトなのですが、Photoshopと連携して加工した画像を自動的に取り込んだり、


 emmet機能で短い文章を打ち込むだけでコーディングできるようにするなど便利な機能が揃っているのですね…。



 ワタクシは今のところwebデザイナーに転身する気はないのですが、プログラムすることはけっこー好きな方なので時間があればもっと勉強してみたいと思いましたとさ。

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ