chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











富士フォトギャラリー銀座で開催中の写真展「うたかたの日々」で写真家 鈴木知子さんのトークショーを聴いてきた



 2018年のcp+のソニーブースで講演された人気写真家 鈴木知子さんが、富士フォトギャラリー銀座で写真展「うたかたの日々」を2018年4月30日(金)〜26日(木)の日程で開催されています。
 今回は4/22(日)に開催されたトークショーの模様をレポートさせていただきます。

●うたかたの日々
 写真展のタイトル「うたかたの日々」というのは、鈴木知子さんが学生時代から愛読されていた「肺の中に睡蓮が生長するという奇病に冒された恋人を救おうとする刹那的な物語」のタイトルで、ずっと個展のタイトルにしたいと考えていたもののなかなか機会がなかったのだそうです。

うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)
ボリス ヴィアン
早川書房
2002-01-01


 そんな鈴木知子さんが今回の写真展を開催するにあたり、学生時代に初めてモノクロの写真を現像した感動を思い出し初心に戻るという意味をこめてタイトルに設定しただけでなく、会場の手前側の部屋にはモノクロの作品ばかりが集めたのだそうですよ。



 次に、カラーの部屋に写ります。



 鈴木知子さんの作品は都市風景から植物までスナップ写真が中心で特定のジャンルに縛られていません。
 そのためお気に入りの写真ばかりを展示しようとすると、雑然とした印象をあたえてしまいます。
 そこで、赤や黄の色合いの写真を意図的に織り交ぜながらバランス良くレイアウトされるよう工夫されたのだとか…。

 ワタクシも6月に友人5人と写真展を開催することになったのですが、5人それぞれが撮ってるジャンルがかぶっているわけでもありません。
 そのため井上浩輝さんにアドバイスを受けながらあーでもない、こうでもないとレイアウトを検討中で、最近ようやく方向性がさだまってきたところだったので、鈴木知子さんのような方でも同じ悩みを抱えながら展示の工夫をされているんだな…と妙に親近感をかんじてしまいました!

 ちなみに、カラーの部屋の先頭を飾るカモメの写真には、お客さんの水先案内人を努めて欲しいという意味合いが込められているのだとか…。 



●個人的な感想

 ワタクシは動物写真や風景写真を中心に撮影しており、スナップ写真は滅多に撮らないのですが、鈴木知子さんの作品を眺めていると、何気ない日本人なら何気なく見てしまう光景でもこれだけ印象的な仕上がりになるのだな…。
 そう感じずを得ませんでした。

 この八百屋さんのモノクロ写真なんかがそうですね!



 そして、個人的に一番気に入ったのはこの写真です。



 たしか横浜で撮影された作品だと説明されていた記憶があるのですが、絶景ではないのにどこか引き込まれるモノがあるのですよね…。
 ワタクシもこういう作品を撮ってみたいものです…。

 ということで、食わず嫌いはいけないでしょうから、スナップ写真の撮影にも挑戦してみようかと思いましたとさ。


 また、鈴木知子さんは写真の講師もされており、今回の写真展では受付を担当されるなどさまざまなバックアップをしてくださっているのだそうです。
 こういった花束にも生徒さんに慕われている雰囲気がうかがえますよね!



 そして、写真展を開催すると決断された時にこれだけは会場の中心に置くときめた1枚がこちらの写真で、「すずきという木の下に受講生が集って欲しい」という意味合いが込められているのだそうですよ…。



 ということで、トークショーのレポートは以上です。
 トークショーは終わってしまいましたが、写真展は26日まで開催されていますので、是非 訪れてみてくださいませ!!!


●フォトブログ「すずちゃんのカメラ!かめら!camera!」
 鈴木知子さんが13年間…たとえインフルエンザにかかってフラフラの状態になったとしても更新をつづけているブログ


おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


BenQでアンバサダーとしてカラーマネジメントディスプレイの使い心地を説明してきました! cp+2018レポート その4

 カメラの祭典 cp+ 2018のレポート最終回は、BenQでのアンバサダー活動について報告させていただきます!

_R3_3316_180303_70P

 アンバサダーとしてどんな活動をしたのかというと、ユーザー代表としてカラーマネジメントディスプレイの使い勝手を説明させていただきました!

cha_03

 ホントはお客さんをBenQ社員の方に誘導するだけで良いと言われていたのですが、BenQ社員の方は他のお客さまに説明中のことが多く、お客さまを待たせるワケにもいかないかと思いまして

「私はBenQ写真ではありません。細かいスペックは把握しきれていませんが、ひとりのユーザー代表として使い心地を説明させていただきます」

 と断った上で、ワタクシも愛用している27inchのカラーマネジメントディスプレイSW2700PTの使い勝手を中心に「フォトコンテストに写真を応募するためにはカラーマネジメントされたディスプレイがあった方がよいこと」、「ボタンひとつでモニターの表示をsRGBや、AdobeRGB、モノクロなどに変更できること」などを説明させていただきました。

 これはBenQブースでプレゼンされていた駿河台大学の斎賀先生の受け売りなのですが、

_R3_3320_180303_70P

 「使われているカメラの1/3の価格のディスプレイを使うべし!」

 と説明させてもいただきましたw

 ちなみに、ワタクシが対応させていただいたお客さまの中には「ゲーミングディスプレイ」についての質問をされた方もいまして…、ゲーミングディスプレイのアンバサダーイベントに参加してて良かった!
 とココロの底から感じたこともありましたとさ。

 とまぁ、なかなか大変な1日ではありましたが、充実した1日をすごさせていただきました。
 また来年も機会があれば挑戦させていただきたいと思います!

cha_01


PS
 来年の抱負?
 BenQのコンパニオンのお姉さまの写真を真面目に撮影させていただこうかな!

_R3_3297_180303_70P

 開場前とかに背景に気を使って撮影してみたいっす、、、

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


中井精也トークショー「欧州ハンガリー鉄道に魅せられて」 cp+2018レポート その3

 カメラの祭典 cp+ 2018で開催されたトークショーのレポート第3弾は、前回に引き続き鉄道写真家 中井精也さんの『欧州ハンガリー鉄道に魅せられて』です。



 今回は中井精也さんが東欧のハンガリーを旅し、首都ブダペストやバラトンフェニベシュ産業鉄道で撮影された写真を中心に紹介させていただきます。


●ブダペスト子供鉄道
 ブダペスト子供鉄道は、ハンガリー国内の選りすぐりのエリートの中から選抜された子供たちが参加して運営されている鉄道なのですが、機関車の運転などについては大人が担当しており改札や検札など危険の伴わない業務を子供たちが担当しているのだそうです。
 









 真剣な表情で働く子供たちにとっては、良い社会勉強になりそうですね!


●バラトンフェニベシュ産業鉄道
 次に紹介させていただくのはバラトンフェニベシュ産業鉄道という、舌を噛みそうな名前の鉄道です。
 なんでも軽便鉄道と分類される鉄道なのですが、簡単に言えばあまり多くの人を乗せることのできない小形の鉄道です。

 日本はおろか世界でもあまりみかけなくなったタイプの鉄道なのですが、ハンガリーではほそぼそと生き残っているそうで、大自然の中をのんびりと走る様を中井精也山はいたく気に入ってしまったのだそうですよ!













 ゆる〜い雰囲気が「ゆる鉄」にぴったりとあいますよね!
 しかし、そんな鉄道も中井精也さんの手にかかれば…、こんなカッコ良く切り取ることもできるのでした!





●ブダペスト
 最後に紹介させていただくのは、首都ブダペスト近郊で撮影された地下鉄や市電などの鉄道です。
 中井精也さんがハンガリーに行かれたのはちょうどクリスマスの時期だったそうで、サンタの帽子をかぶりながら家族の元へ急ぐ男性や、



 クリスマス仕様にライトアップされた市電をこんな具合に切り取られたそうなのですが、
 








 長秒で撮影されたこの1枚なんかは見事なものですよね…
 


 「何にココロを動かされたのか」

 それを1枚の写真に切り取るのが大切なんだそうですよ!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ