chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











BenQ 4K 27inchカラーマネジメントディスプレイ SW271 お買い得価格の写真現像用ディスプレイ

M2_01038_180531_Blog

BenQさんからお借りしている4KカラーマネジメントディスプレイSW271のレビューです。
今回はこんな感じでレポートさせていただきます。


 ●設置
 ・簡単組み立て
 ・入出力端子と縦横画面切り替え

 ●Lightroomで現像してみた
 ・画面の広さと解像感が良いね
 ・sRGB、adobeRGB、モノクロの切り替えが便利!



●設置
・簡単組み立て
 SW271を購入された方が最初にビックリすることは間違いなく、梱包箱の大きさですね!

 ワタクシの愛車プリウスだと後部座席を倒さなければ入りませんw
 BenQの場合は量販店で購入される方はいないでしょうから問題にならないかと思いますが、覚悟してくださいねw

_R3_0800_180515_Blog

 箱を開けるとこんな感じで、ディスプレイとスタンド以外に遮光フードと各種ケーブル(HDMI、Display Port、USB-C、USB3.0)の入った箱が同梱されているので、接続ケーブルの類は購入する必要はありません。

_R3_0802_180515_Blog

_R3_0809_180515_Blog

 そして、ディスプレイの組み立ては簡単で、まずはスタンド部とアーム部をネジ固定して、ディスプレイ部をアーム部に差し込み、

_R3_0806_180515_Blog

_R3_0808_180515_Blog

_R3_0811_180515_Blog

 あとは、遮光フードをパチッバチっと組み上げれば終わりなので、15分あれば準備は完了です!
 遮光フードは横画面用と縦画面用の2種類が標準で同梱されているのは見逃せません!

_R3_4371_180624_Blog


・入出力端子と縦横画面切り替え

 背面の入力端子は左から、専用モード切り替え端子、HDMI2.0 2端子、ディスプレイポート1.4 1端子、USB Type-C 1端子、USB3.0 1端子!ヘッドフォンジャックと豊富に揃っており、左側面にはSDカードスロットと、USB3.0 2端子まであります!

_R3_0817_180515_Blog

_R3_0818_180515_Blog

 そして、画面の稼働範囲も上下、回転と大きく動くだけでなく、縦横に回転させることもできます!
 残念ながら表示を切り替えるのは手動となってしまいますが、タブレット端末ではないですから方向を感知するセンサーも搭載されていませんし致し方ないといったところでしょう。

_R3_0813_180515_Blog

_R3_0814_180515_Blog

_R3_0815_180515_Blog

_R3_0816_180515_Blog

 最後に、パソコンと接続しx-rite社から販売されているディスプレイキャリブレーターi1 display Proで色味を調整すれば準備は完了です!

 BenQのカラーマネジメントディスプレイにはキャリブレータ−は内蔵されていないため、別途 約3万円程度で購入できる他社製のキャリブレーターを購入する必要がありますが、BenQが専用のツールを無料配布しておりポチポチっと設定すれば約15分ほどでキャリブレーションは終了します。
 その間はテレビを見たり、家事をこなしていれば気付けば終わっているので、それほど時間をロスすることもないかと思われます。

 なによりカラーマネジメントディスプレイを2台並べて使う場合などは共用できますし、他社製のモニターやノートパソコンなどもキャリブレーションすることができるので、別売りというのは悪いことばかりではないのでしょうか!

_R3_0831_180515_Blog

 

●Lightroomで現像してみた
 早速、このディスプレイを以前から使用していたBenQ SW2700PT(27inch WQHD 2560x1400ディスプレイ)の横に並べて見ましたが、やはり良いですね〜!
 まず、同じキャリブレーターで同時にキャリブレーションすれば同じ色味で画像が表示されますし、片側に現像前の写真を表示させながら、もう片方で現像すれば違いを比較しながら作業することもできます。
 複数パターンの現像をした場合には、見比べることもできますね!

_R3_0822_180515_Blog

 4Kの解像度があるのでサムネイル表示させたときに表示できる写真の量も多いですし、

sw271

sw2700

 中井精也さんの五能線撮影ツアーで撮影したこの写真を4K解像度に現像して表示させると、4Kディスプレイの方は新緑の木々の葉が精細に解像されているのです!
 解像度を合わせて現像しているので当たり前と言えば当たり前なのですが、4K テレビなどに写真を表示させることを考えるとその意義は大きいかと思われます。

M2_00905_180512_Blog

_R3_1485_180527_70P

_R3_1486_180527_70P

 また、カラー表示をAdobe RGB、sRGB、モノクロにワンボタンで切り替えるスイッチも標準装備されていますので、ワタクシの場合はプリントする作品を現像する時にはAdobe RGB、webに掲載する作品を現像する場合にはsRGBに切り替えて使っていました。
 そして、モノクロボタンを使えば簡単にモノクロにした方が雰囲気がでる作品を簡単に選ぶこともできるので、このモード切替スイッチの中では一番つかっているボタンかもしれません。


_R3_1490_180527_Blog

DSC01194_170415_Blog-2

DSC01194_170415_Blog

 SW271 まぢでオススメです!
 次回は、このSW271を富士フォトギャラリー銀座で2018/6/8〜14に開催した写真展「輝きの瞬間」で、スライドショーを流すディスプレイとして活用してみたレポートをお届けします。

 お楽しみに!

つづく


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


ドライブレコーダー KENWOOD DRV-830 安心快適ドライブを楽しもう! 駐車中の録画もできるよ

 以前、ブロガーイベントに参加させていただいたKENWOODのドライブレコーダー DRV-830を提供いただき、愛車プリウスに設置しました!

_R3_1493_180527_Blog

 DRV-830にはシガーソケットが同梱されているので本体だけ購入しても運転中に関しては自動録画されるのですが、電源をシガーソケットから供給しているため駐車中に当て逃げされるといった事件については対応できません。
 しかし、オプションで販売されているCA-DR100を購入すると、駐車中に衝撃があった際にも録画できるようになるのです!

_R3_1494_180527_Blog

_R3_1496_180527_Blog

 今回は、イエローハットなどの自動車用品店に作業を依頼せず、自分で愛車プリウスに設置してみたのですが、そんなに難しい作業ではありませんね。
 約2時間程度の作業時間で設置することができたので、興味のある方は自力での取り付けに挑戦してみてください!

 では、今回は下記のような内容でレポートします。



 1、開梱してみた! 付属品など
 2、自分でプリウスに設置してみた!
 3、実際に走ってみた!



1、開梱してみた! 付属品など

 まず、同梱物の内容はこんな感じです。

 本体
 シガーソケット・ケーブル
 取り付け治具
 マイクロSDカード 16GB
 取り扱い説明書
 保証書

_R3_1500_180527_Blog

 そして、モニター面はこんな感じで、

_R3_1501_180527_Blog

 カメラ側はこんな感じ、

_R3_1505_180527_Blog

 左側面には、2つマイクロSDカードのスロットがあり、

_R3_1506_180527_Blog

 右側面には、操作ボタンが配置されています。

_R3_1508_180527_Blog

 底面側には録画ボタンがあり、

_R3_1509_180527_Blog

 上面には電源コネクターがあるといった具合です。

_R3_1507_180527_Blog

 

2、自分でプリウスに設置してみた!

 本体のチェックが一通りおわったところで、愛車プリウスに自力で設置してみました。
 ぢつは、ワタクシはプリウスを購入したときにカーナビを自分で取り付けていまして、どういった手順で作業すればカーナビが外れているのかだいたい記憶しています。
 クルマの内装パネルをバリバリっと外してカーナビを引っ張り出し、

M2_01043_180603_Blog

 背面のコネクターから、アクセサリー電源とメイン電源、そしてアースの3本を接続すれば、こちら側の作業は終了です。

M2_01040_180603_Blog

M2_01042_180603_Blog

 あとは、ドアピラーの内装を剥がして配線を引き回し、

M2_01047_180603_Blog

 ドアミラーの背後の運転手側に取り付けてみました。

M2_01056_180603_Blog

 あとは、エンジンをかけてDRV-830が起動すれば、画面の指示通りにセットアップするだけです。
 ちなみに、駐車録画についてはエンジン停止してから何秒後から衝撃を感知しだすかの設定がありますので、忘れずに設定する必要があるようです!

M2_01052_180603_Blog

M2_01053_180603_Blog

 そして、車線からのはみ出しや、発進遅れ、追突防止警告といった運転支援機能の設定もできますよ!

M2_01054_180603_Blog

 ただ、こちらの方は赤信号の最前列で停車している時に、横から前方を通過したクルマに対して反応したりすることがあるのでお気をつけ下さい…。


3、実際に走ってみた!

 ということで、早速 クルマをはしらせてみました!
 昼間にアクアラインを走ってみた動画をキャプチャーした画面がこちらで、GPS信号を受信していれば北緯や東経に加え、走行スピードまで検出しているのに対し、トンネルの中では当然ながら受信できていません。

180622_01

180622_00

 そして、ここからは静止画撮影ボタンで撮影した写真です。
 トンネルの前後で明暗差の激しくなっても映像が破綻していないのはおわかりいただけますでしょうか?

180607075352

180607075522

 最後に、夜の雨という最悪の環境で撮影したのがこちらです。

180609001323

 これだけ撮影できていれば万が一事故が発生した場合にも証拠映像に活用できるかとおもいます!
 ワタクシは週末になると写真撮影であちこちへクルマを走らせているので、ありがたく活用させていただきます。

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


BenQ ホームシネマプロジェクターHT 2550で大画面ムービー鑑賞を楽しもう

M2_01060_180609_Blog


 BenQアンバサダーとして、4K HDR対応ホームシネマプロジェクターをお借りしました。
 入力端子として、HDMIが2端子とPC用アナログD-SUBが1端子などが用意されているため、PS4 Proなどといったゲーム機(動画再生機)などでBlu-Ray動画を楽しむ以外に、会社などでパソコンを接続してプレゼンテーションなどにも活用できそうです!

M2_01062_180609_Blog

 操作体系として、リモコン以外にも本体正面に基本的な操作ができるようなボタンが用意されているので、「リモコンがどこにいったのかわからない!?」といった状況に陥っても安心ですね。

M2_01064_180609_Blog

M2_01068_180609_Blog

 次に、設置方法について説明すると、投光部に被せる保護キャップを外し、投影したい壁面に対する高さを調整して、つまみをフォーカスをあわせれば準備完了で、

M2_01061_180609_Blog

M2_01067_180609_Blog

M2_01065_180609_Blog

 あとは壁面に表示される画像にしたがって選択すれば、あっという間に設置は完了です。
 機械に詳しくない方でも特に問題なく設置できるかと思われます。

M2_01070_180609_Blog

 ということで、さっそく手持ちのBlu-Rayを再生してみました。
 残念ながら著作権の関係で画面を出すことはできませんが、やっぱり大画面で好きな映像を楽しむことができるのはよいですね!
 今回は自宅の壁に投影させましたが、本格的なスクリーンを購入して投影すればもっと精細な映像を楽しむことができるかと思います。

 また、音声については外部機器に接続した方が良いかとは思いますが、個人的には満足できる音はでています。
 内蔵されている冷却ファンの騒音もそれほどは気になりませんでした。

 最後に、プロジェクターをノートPCにHDMI接続し、自分で撮影したキツネの鳴き声の4K動画や、中井精也先生の五能線ツアーなどで撮影した4K写真も見てみましたが、動画はともかく写真はやっぱり液晶画面に表示させた方がよいかなw

M2_01073_180610_Blog

M2_01080_180610_Blog

M2_01081_180610_Blog

おしまい
 
 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m


  


記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ