プロミ「鍔音やむことなく」〜「願わくば闇よ」へ行ってきマスタ ('◇')ゞ

 あ”ぁ、SSを撮るのすっかりわすれてた…orz

 出発間際までアニマを取りに行ったり、PT組むのにドタバタしてたからかなぁ…。

 イカン、イカンと…ダメ出しからスタートであります (/ω\) 

 


 今回は「忍モ狩白赤黒」「忍赤」の合計8名での攻略でした。

 この中でミッション対象者は赤と黒の2名だったので、全員の集合時間前にミッション対象者の二人+お手伝いさん一人の3名 「白黒赤」で、アニマの素材集めから始めたのであります。

 狙いは「迷のアニマ」です。これを使えばNMが使ってくるアビを封印できるので、2〜3個あった方が楽に攻略できるのです ъ(`―´)

 これを作るための材料を入手すべく「プロミヴォン・ホラ」最下層の「Weeper」をしばき続けること約30分。
 (敵の強さは楽なので、黒のソロでも撃破可能)

 なんとか材料となる「悩ましき記憶の一塊」を2個 (σ´∀`)σ

 さっそく、ジュノへ戻りル・ルデの庭のHarithへ2,000ギルと一緒にトレードし、「迷のアニマ」を(σ´∀`)σ

 これで準備は整いました。

 

 さっそく しゅっぱーつ!

 

 と言いたいところですが、忍者さんがクエに手間取り集合時間に間に合わなくなってしまったのです (´・ω・`)

 あまり出発を遅らすと終了時間も大幅に遅れてしまうので、召還で参加予定だった「エロ樽師匠」に急遽 忍者に着替えてもらうことをお願いし、着替え終わるのを待つ時間も惜しんでヴァズへ出発したのでありました。

 


 

 まずは「鍔音やむことなく」のNM退治であります。

 ボスディン氷河 <F-7>の塔からソ・ジヤへ入り、道なりにまっすぐ突き進んだ先にある扉 Stone Door <H-8>をタゲるとPOPするゴーレムを倒せばOKなのですが、エロ樽師匠はまだ着替え中だったので「モ狩赤赤黒」の構成で挑戦してみたのであります。

 結果は…

 

 

 

 楽勝 ъ(`―^)

 

 

 

 どーやらLV50のPTでも勝てるくらいの強さのゴーレムのようです。

 LV75のPTであれば、モンクさんの肉盾でも全然問題なく勝つことができましたw

 


 

 さて、ここからが本番の「願わくば闇よ」であります。

 プロミヴォン・ヴァズは全5層構成で、3〜5層ではNM(3国プロミヴォンのボス)を倒さねばならんのです (´・ω・`)

 幸い同じくらいの人数でプロミを攻略しにきたPTの方とばったりでくわしたので、交渉してアラを合体させ総勢16名での行軍となったのでしたw

 これはかなり助かりましたね ъ(`―´)

 というのも、3層目のNM戦(メアのNM)であわや全滅かというくらいのピンチに陥いってしまったものの、数の力でなんとか撃破することに成功したということがあったのです…。

 8人だと2アビを使っても全滅してたヤカン…(´・ω・`)

 

 というわけで、ちゃわん的にはなんとか最低12人くらい人を集めていくことをオススメします。

 ここでアビを使っちゃうと、肝心のBF戦でアビを使えませんしね…

 


 

 さて、ここまででもじゅーぶん長かったですが、これから本番のBF戦が待ち受けているのであります! (`・ω・´)

 

 敵はプロミヴォン3国のボス3体(Solicitor、Propagetor、Ponderer)です。

 BFへ突入した時はノンアクで、最初に戦う一体を選ぶことができるのですが、こちらからちょっかいを出したり、最初に戦っている一体の残りHPが1〜2割になると、次の一体が動き始めます。

 動き始める順番は法則があり、初期の立ち位置の左側に立っているボスが次の相手となるようです。

 敵の使ってくるアビについては3国で戦った時のものと変わりませんが、詳しくはeLeMeNさんを参照してください。

 以上をふまえた結果、今回立案した作戦は下記の通りであります ('◇')ゞ

 

作戦

 メア(Solicitor)→デム(Propagetor)→ホラ(Ponderer)の順番で倒す。

 

 メアのボス(Solicitor)のHPが減り、デムのボス(Propagetor)が動き出したのを合図に…、

 百烈拳 投入
◆∪屬魯妊爐離椒后Propagetor)にグラビデをいれてマラソン
、迷のアニマ 投入

 これで倒しきります。

 

 次に、デムのボス(Propagetor)のHPが減り、ホラのNM(Ponderer)が動き出したのを合図に…、

 ▲ぁ璽哀襯▲ぁ‥蠧
◆∪屬魯曠蕕離椒后Ponderer)にグラビデをいれてマラソン
、迷のアニマ 投入

 万が一、イーグルアイが外れた場合は、黒の泉で押し切る。

 

 最後に残ったホラのボス(Ponderer)は、残っているアビとアニマを投入してなんとか削りきる (*'-')

 


 で、実際の戦闘がどんな感じだったのかと言いますと…、

 ▲瓮NM戦

 終盤までは特に問題なく削りが進み、NMの残りHPが約1割くらいのところでデムのNMが動き出したので、それに併せて「百烈拳」を投入!
 メアのNMを撲殺することに成功するも、回復がおっつかずに忍者さんが死亡 (⊃д⊂)
 ワタクシ「迷のアニマ」を使うのをわすれてました…orz
 ここで忘れずに使っていれば、忍者さんを死なせずにすんだかな…。すびばせんでした m(_ _)m

◆▲妊NM戦

 盾を失ってしまったので、衰弱の回復を待つためにグラビデ・マラソンを開始です。

 時折、「バインド」や「影縫い」を織り交ぜつつ時間稼ぎをしていたのですが、衰弱中の忍者さんがタゲをとってしまいアッという間に死亡…(・ω・)

 そっこーでレイズして、マラソンを継続することに…。

 マラソンしつつも、スリップや遠隔などで地味〜に削っていたのですが、ちょいと削りすぎました…。

 というのも、NMの残りHPが3割程度のところで子供がPOPしてしまい、あっちこっちでバラバラに殴られてピンチになってしまったのです…。

 ついで?にホラのNMまで動きだし大変な状況に… ヽ(;´д`)ノ

 んがっ、危ういところで忍者さんの衰弱が回復し、戦線復帰できたのです!

 それを合図に「イーグルアイ」を投入し、なんとかデムのNMを仕留めることができたのでありました。

、ホラNM戦

 ここまでくれば後は押し切るだけです。

 幸いマラソンの間にMPを回復することができたので、余裕はありましたヨ ъ(`―^)

 これと言ったピンチに陥ることもなく、見事撃破することに成功しましたとさw

 


感想

 ボスを倒す順番はメア→デム→ホラで正解だったと思います。

 というのもメアには「回転木馬」という強烈なWSがあり、今回のように盾が事故死してしまう可能性はあるのですが、次に戦うデムのボスは3体のボスの中で最も弱く、グラビデマラソンの間の遠隔攻撃や弱体スリップで削れてしまうくらい余裕なのです。

 たとえ事故死がなかったとしても、NMを3連戦するとMPに余裕がないので、グラビデマラソンが簡単にできるデムのボスを2番目に持ってくることは正解だったと思いました。

 何はともあれ、1回で勝ててホッとしましたとさw ъ(`―´)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m