序章 和歌山紀行
  #1 キッカケ
  #2 準備
  #3 駅長
  #4 郷愁
  #5 轟天号
  #6 潮岬
  #7 駅弁!

 本編 飯田線紀行
  #1 旅の目的
  #2 電車vs人間
  #3 闘いの朝
  #4 出発進行!
  #5 絶対に負けられない闘い
  #6 電車vs人間 序盤戦
  #7 電車vs人間 あと300メートル
  #8 決着の刻!
  #9 …
  #10 …
  #11 …

0530 豊橋駅

 いよいよ電車と勝負する日の朝がやってきました。
 可能な限り体を動きやすい服装に着替え、ホテルのチェックアウトを済ませて豊橋駅へ向かいます。

 そこで見た光景は…、



「おおぅ、これが豊橋駅か!」

01_toyohashi-1
03a_toyohashi


……
 
「あれ? なんか違う…、駅前の広場はどこだ…?」
 

01_toyohashi-2
01_


「ああ”っ、高架化されているじゃありませぬか…」



 残念ながら究極超人あーるのOVAで描かれた光景とは一変してしまっているようです…。
 まぁ、ちょうど20年前の1991年に発売されたOVAに描かれている光景と比較するのは難しいかもしれませんねw。
 しかし、どことなく趣きは似ているような気がします!


 そして、駅の構内に入り、飯田線のホームへ向かいます。

「をぉ、これが夢にまで見た飯田線の列車か!」

01_toyohashi-4
wmplayer 2011-08-27 21-39-56-10


 なんだか感慨深いモノがあります…。

 意気揚々と列車に乗り込んで自分の席を確保し、パシャパシャと写真撮影をしていると、ほどなく出発の刻が来たのであります!

つづく



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m