いま、ここに封印を解き放ちます。
 このネタを前回更新したのは2011/11/29 実に3ヶ月ぶりの更新です。

 そして、3/14に封印を解き放ったのは…、



 みじんこ氏の嫁さんへのホワイトデーのお返しの一環ということにさせてください (>_<)



 もちろん、ちゃんとスイーツのお返しも贈ってますよw


 ちなみに、電車との勝負に敢えなく敗北してしまったところから再開します!
 覚えてない方は、こちらのリンクで復習してください (>_<)

 序章 和歌山紀行
  #1 キッカケ
  #2 準備
  #3 駅長
  #4 郷愁
  #5 轟天号
  #6 潮岬
  #7 駅弁!

 本編 飯田線紀行
  #1 旅の目的
  #2 電車vs人間
  #3 闘いの朝
  #4 出発進行!
  #5 絶対に負けられない闘い
  #6 電車vs人間 序盤戦
  #7 電車vs人間 あと300メートル
  #8 決着の刻!
  #9 ひとり反省会
  #10 …
  #11 …


00_vs
01_toyohashi-4

 ワタクシは健闘虚しく、あともう少しというところで飯田線の電車との闘いに敗れ去ってしまいました…。

 

「次の電車が到着するまでは約2時間か…」
「なにしよう…」



 失敗した時のことなどはまったく考えていなかったのでしたw



「歩いて少し戻って、飯田駅から電車に乗ろうかな…」
「いや、まてよ…」

「2時間あれば、下山村駅に一度戻って伊那上郷駅へまた帰ってくるには十分な時間だな…」

………

「よし、決めた! 電車との模擬戦をやろう!!!
「下山村駅に戻りながらコースと曲がり角を頭に叩き込んで、もう一回走ってやる!」



 正直言うと…、次の電車が下山村駅に到着するのを待って、もう一戦リベンジをしたいと思ったのですが…、



「2連敗したら、今度こそみじんこ氏に殺される…」
「さすがに、そこまで迷惑はかけられんw」



 しかし、模擬戦を行うことを決意した途端、電車との勝負に負けて沈んでいた気分が持ち直し、ちょっぴり元気が出てきました。
 現金なものですw

 こうしてポイントとなる曲がり角の交差点を撮影しつつ、下山村駅へゆっくりと戻っていったのでした。

つづく


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m