富士山マラソンもいよいよ中盤戦です。
 難所の登り坂を意外とあっさりと乗り越え、気をよくしたワタクシは1kmごとにペースを確認しつつ、紅葉に映える湖畔の道を順調に駆け抜けていったのですが、約25kmを越えたあたりで…、



「あれ?なんだか急に苦しくなってきた…」
「脚に力が入らない…」



 残りまだ20km近くあると言うのに、スタミナが切れかかってしまったのです…。
 しかし、ちょうどその時うまい具合に給水所へと差し掛かったので、



「らっきー!バナナとかを食べてエネルギーを補給しようw」



 もしゃもしゃとバナナやチョコレートをほうばり、一つだけポケットに忍ばせておいたとっておきのゼリー食品をゴッキュンと飲み込み、



「これで勝つる!」



 とはなりませんでした…orz
 確かに多少脚が動くようになった気はしましたが、あまり長くはもたなかった…かな…

 ちなみに後から知ったのですが、カーボンローディングという食事法によるとマラソンの2〜3日前からごはんやパンなど炭水化物中心の食事にすると良いらしいのです。


………
 
「オレ、逆に炭水化物を断ってたよ!」



 ちゃんと調べろってことですねw
 いずれにせよワタクシがこの時点でスタミナ切れになってしまったのは食事法にも一因があったことは間違いないと思います!!!

 そして、個人的に一番キツかったのは西湖の岸を走る30〜34kmの区間だったかな…。
 眺めは良いのですが、疲れの目立ってきた後半にkmほど給水所がなかったのは、結構堪えました…。

つづく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m