ワタクシがこれまでに富士山を登山した経験上、



 舐めてかかっては命の危険があります!



 最低限の準備として、

 ・靴(スニーカーでも可)
 ・防寒具
 ・飲料水、スポーツドリンクなど 2リットルくらい

 は必要です。
 山頂は夏でも気温が一桁ですし、晴れていたらそれなりに暖かくなるものの風が吹き荒れていることが多いので、防寒具はあった方がよいと思います。

 その他に、ワタクシの経験上オススメなのは、

 ・ストック
 ・スパッツ
 ・軍手
 ・日焼け止め
 ・雨具
 ・ヘッドライト
 ・電池(ヘッドライト交換用)
 ・マスク

 といったところです。

 マスクは下山時に砂走りなどを走ると舞い上がる砂埃対策として有効です。
 このときスパッツを装着すれば、靴の中に小石や砂が入り込むことを防止することができます!

 日焼け止めについては、晴れていたら登山道に日を遮る場所がほとんどないので男性でも肌の弱い人は必要でしょう。
 ワタクシも一度日焼けにやられて体調を崩したことがあります…。

 ヘッドライトは登山する時間帯にもよりますが、特に御殿場口を選択する場合は登山に要する時間が長くなるので念のためあった方がよいと思います。
 交換用電池は気休めかもしれませんが、あった方が精神衛生上楽になると思いますw

 そして、ワタクシが毎年対策に頭を悩ませているのが…、



 高山病対策です…



 いろいろ試してはいるのですが、ほぼ毎年山頂で高山病にかかっちゃっているのですよね…。
 徐々に高度に身体を慣らすのが良いらしいので、7〜8合目に点在する山小屋に宿泊するのがもっとも良い対策となるのでしょうか…。
 残念ながら、それはまだ試していませんw

 ちなみに、一度高山病にかかれば何をやってもダメで、なんとかがんばって7合目あたりまで下山するのが最も良薬です…。

 自分の体調をしっかり管理し、場合によっては登頂を断念することも大事なことなのではないでしょうか…。

つづく


  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m