本番試験の直前に自宅で実施した模試では595〜780点を取ることができました。
 気楽な気持ちで受験した本番試験の結果は…、



 意外と高得点を取れたかもw



 というのも、200問中196問程度はちゃんと考えてマークすることができたんです!

 残り15分の段階で20問くらい適当にマークしてしまったので、一度マークしたところを消しゴムで消して正しい回答に塗り替えていなければ、



 あと1〜2問は回答することができたんじゃないか…。



 お間抜けですねw
 考えたからと言って正解を選んでいる保証はありませんが、もったいないことをしてしまいました。

 ちなみに、これだけ回答できたのには理由があります。
 なにをしたのかというと、



 苦手な問題をある程度割り切りました。



 具体的に説明すると、Part.7で『NOT Mension』と問題文に記載されていない内容を回答するタイプの問題について、問題文をすべて読み返すことをせずに記憶している問題文の内容と回答に記載された内容を照合し、わからない部分については常識的な回答を選択する…。
 と言う形に割り切ってみましたw

 あとは、1ヶ月というわずかな勉強期間の間に、『TOEIC Part.5』対策アプリでスピードを意識して回答するように学習していたことも大きかったかな。
 相変わらずPart.5を全問解くのに約20分かかっているので、もう少し改善の余地があると思うんですけどね…。

 結果が返ってきたら、また報告します!

つづく


TOEICチャレンジ まとめ記事
ヒロ前田先生の指導により、3ヶ月で435点から650点を目指します!

2013119_00

アルクのブロガー企画に参戦中です!
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m