富士北麓駐車場をジャンボタクシーで出発し、真っ暗な道を走り続けること約45分。
 『吉田口』の登山口に到着!



 富士山保全協力者証という名の入場料(1,000円)を支払い、暗闇に包まれた登山道をヘッドライトの明かりを頼りに歩き始めたのであります!
 『吉田口』の登山道はかなり混雑しているとの噂を耳にしていたのですが、夜中はそれほど混雑していないのですね。
 ワタクシ以外に登山していたのは数人くらいだったので自分のペースで歩くことができましたw

 こうして、まずは六合目を目指してゆっくり一歩ずつ歩いていたら…、



 ポツ、ポツ、ポツ…。



「あ…、雨が降ってきた…だと?」



 山の天気は変わりやすいとはいえ、天気予報に雨の予報はなかったので想定外の事態です。

 幸い本降りになりそうな気配はなかったので雨具を着用せず歩きつづけたのですが、後から振り返ってみればここで雨具を着用しておくべきでした。
 初夏とはいえ深夜の標高2,000メートル付近は冷え込みます。
 そんな気温の中、濡れた身体で登山を続けたことによってかなりの体力を気づかぬうちに消耗させてしまった模様です…。

つづく 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m