アイロボット ファンプログラム 限定シークレット ファンミーティングに参加させていただきました。

 前回は永久モニターとして使用させていただけるルンバ980でお試し掃除してみましたが、今回はルンバ980の特徴を説明してみます。



 まずは梱包箱ですがデカいですw
 ルンバ自体が小さい製品ではありませんが、なんだかアメリカンな感じもします。



 ルンバ本体には中央のCLEANボタン、左のDockボタン、右のSpotボタンの3つしかありませんが、ルンバ980はスマホから操作できるので、ボタンはあまり使わないかもしれませんね。



 そして、これが付属品になります。



 個人的にポイントが高かったのはホームベースで、ルンバ595はでっかいACアダプターだったのにケーブルだけになってるんですよ!
 これは嬉しい進化ですw



 あとは進入禁止ゾーンをつくりだすためのバーチャルウォールが2台に、



 取扱説明書と、



 メンテナンス用交換部品です。



 あと、ダストボックスなのですが、



 ルンバ595と比べてゴミ捨てがしやすくなっているように感じました。



 ちなみに、我が家ではコートハンガーの最下層をルンバの発進基地にしています。





 そして、会社に行っている間にルンバに掃除してもらったのですが、想像以上のゴミを収集してくれていたのでビックリしました!
 その写真はさすがに載せられませんけどねw

つづく


 ルンバ980 レビュー


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m