「MISFIT SHINE 2」のブロガー向け説明会に参加させていただきました。

DSC08456

 今回は太っ腹なことに初代モデルのSHINEと、2016年1月29日に発売されるSHINE2の両方をいただけることになりましたので、イベントの模様や使ってみた感想などを数回に分けてレポートさせていただきます。

●会社概要
 MISFITは日本語訳すると「人と違うことをする人」という意味で、2011年に創業されたウェアラブルIT機器のメーカーです。
 起業したのはアメリカでサンフランシスコに本社があるのですが、ハードウェアの開発拠点はベトナム、ソフトウェアの開発拠点は中国にあり、製造工場は韓国にあるというグローバル企業となっています。
 特徴的なのは、コカコーラや、

DSC08375

 スワロフスキーと言った一流企業とコラボした製品を販売していることで、

DSC08378

DSC08379

 女性が身につけたいとおもうようなデザインになっていることですね!

●MISFIT SHINEでできるこ

DSC08368

 MISFIT SHINEは、歩いたりして消費した活動量や、

DSC08404

 睡眠の深さを計測するための時計型ウェアラブル機器で、開発ポイントととしては、


 ・電池交換なしで半年つかえる
 ・防水
 ・かっこよい
 

 この3点があげられます。
 なんでも同業他社の製品を徹底的にリサーチして、ユーザーが不満に感じていることを改良してしまったのだそうです。
 半年間も充電せずに使い続けることができるのはスゴイですね…。

 ちなみに、活動量は独自のポイント制を採用しており、たとえば痩せた人と太った人では同じ運動をしたとしても獲得できるポイントが異なるようになっているのだそうです。
 
 そして、おまけの機能として腕時計にもなるらしいのですが、ちょっと時間の見方にクセがありそうですね…。

DSC08370

 また、カラーバリエーションは10色あり、腕時計型やネックレス型など身につける形態はいろいろと選べるようになっているのだそうですが、

DSC08372

 自転車の運動量を計測するには靴につけると良いらしいですよ。

DSC08452

 そして、SHINE以外にもFLASHという製品を販売しており、5,000円以下のお買い得価格で購入することができるのだそうです。

DSC08391


●対応端末
 SHINEやFLASHで測定した活動量などのデータは、iPhoneやAndroidだけでなく日本ではまだ馴染みの薄いWindows Phoneで動くアプリまで公開されています。

DSC08393

 そして、Linkアプリを使えばスマホのカメラや音楽再生機能を遠隔操作することもできるようになっているのだそうです。

 便利な時代になったもんだ…。
 このあたりの使い心地については、いただいたSHINEをしばらく使ってみてレポートさせていただきます!

つづく


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m