無事 、雲海の果てからのご来光を拝むことができた我々は、まだ遙か彼方にしか見えない山頂へ向けて一歩ずつ歩き始めました。
 


 ちなみに、この日の天気予報がイマイチだったせいか登山客はそれほど多くなかったようで、登山道の急な岩場でも渋滞することはなく自分のペースで登ることができました。
 
 かつてこれだけの快適な環境で登山できたことはないかもしれません!



 ゼリータイプのカロリーメイトで水分と栄養を補給したりしながらゆっくりマイペースで登りつづけ…、



 五合目を出発してから約5時間ほどで吉田口の山頂に到着!






 ここで果てしなく続く雲海の合間から顔を出す河口湖を眺めながら一息つくことにしたのでした。



 そして、約15分ほど身体を休めたあと、富士山の火口を反時計回りにぐるっと半周し、



 ついに日本最高峰である剣ヶ峯 標高3,776mの地点への登頂に成功したのであります!!!



 いつもは山頂の道標で記念撮影しようとすると15〜30分くらい 行列に並ばなければならなかったのですが、この日はそういった行列も皆無で、吉田口だけでなく全体的に登山しようとした人が少なかった模様です。

 ひとしきり山頂で休憩することにした我々はスマホの画面に目をやってみると…、

「おおっ、モンスターがいるっ!」



 ということで、山頂の道標をバックに「キャタピー」をゲットすることに成功したのでした!!!
 

「ポケモン ゲットだぜっ!」
 

 では、剣ヶ峯以外の場所のポケモンの状況はどうだったのか説明します。
 上りの登山道にある山小屋がポケストップに登録されていたものの、残念ながら登山道の道はマップに描かれていませんでした。




 そして、モンスターが現れるのも山頂の山小屋付近だけに限られていたように思います。




 さすがに登山しながらポケモンをやっている余裕はありませんでしたし、ポケモンのことをロクに知らないレベル1の状態で登山をはじめ、休憩する時に時折スマホの画面を見ていただけなので、ホントはもっと別の場所にナニカあったのかもしれませんけどね。


「富士山の山頂にレアモンスターを配置したら、登山客が急増してしまった!」


 なんて事態は運営側も避けたいところだったのではないでしょうか!?
 まぁ、雑魚キャラでも剣ヶ峯の山頂にポケモンを配置してくれていたのは心憎いですね!

 ちなみに、剣ヶ峯の山頂は電子基準点がポケストップに登録されており、モンスターボールなどを補給できるようにもなっていました。



 そして、小一時間ほど昼食休憩をとったり、火口を眺めながらポケモンしたりして身体を休め、


「あ、そうだ、今回の登山に参加しなかった友人に手紙でも送ろうか!」


 と思いつき、山頂の郵便局に立ち寄ることにしたのであります。



 どんなことを書いたのかと言うと…、



「敵前逃亡は銃殺」

 ………
 
『呪いの手紙 』ですねw

 あと、「おもいでの山にいつかのぼろー」ってのは、某ゆるふわ山登りアニメのセリフだったりします…。
 さて、この友人は来年の富士登山につきあってくれますかね!?w

 こうして14時前に下山を始めた我々は快調に下山し、17時前に登山口へ帰り着くことができましたとさ。



おしまい


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m