高級文具店として知られる『 銀座伊東屋』と庶民的な文具を市販する『 ぺんてる』が、初めてコラボレーションして開発した『PEN JACKET』の発売を記念するイベントに参加させていただきました。



 どなたも一度は使ったことのある『サインペン』や『ボールぺんてる』、『プラマン』といったぺんてるのペンは世界中の文具店でお手頃な価格で販売されていますが、



 残念ながら商談などの格式ばった会合では少し使いにくいデザインとなっています。
 しかし、発売された当時は画期的な新技術の搭載されたペンの書き心地は秀逸で、変わることなく長年愛され続けています。

 そういったペンをオフィシャルな場でも使えるよう開発されたのが『ペン・ジャケット』です。

 さっそくワタクシも試し書きさせていただきましたが…、


 ビックリするくらい書き味が変わります!


 なんと表現すれば良いか難しいですが、いつまでも字を書き続けたくなるくらいなのです。
 
 言い方は悪いですが、『ペン・ジャケット』という商品名の表す通り、市販されているぺんてるの3種類のペンを専用のジャケットで覆っただけの商品なんですよ。







 これが高級文具店の底力なのでしょうか…。

 ちなみに、ジャケットの基本的な材質は真鍮製で左右に分かれるような構造となっており、



 長さの異なる調整リングを間に挟むことによって3種類のペンを格納できるようになっているのですが、



 太さと重さ、重心の位置などが変わることによって、まったく別物と言って良いくらいの書き味に変貌を遂げるのです!
 興味のある方は『だまされた』と思って、銀座伊東屋さんへ行ってみてください!!

 1本 5,000円と少々お値段は張りますが、調整リングを購入すれば3種類のペンに対応することもできますし、『すぐにでも売って欲しい!』と連呼するブロガーさんもいたくらいなので、それだけの価値はあるとおもいます!



 ちなみに、カラーバリーエーションとしては白、黒、青、赤の4色で、銀座伊東屋さんの要求する微妙な色合いを表現するのにかなり苦労されたのだとか…。



 個人的には肌触りといい、色合いといいマットな感じの黒が気に入りました。
 いかがでしょうか!?

おしまい


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m