2016年9月30日から10月6日まで富士フォトギャラリー銀座で浅岡省一さんの個展「光の果てへ The boundless light」が開催されています。。
 この期間中の土日に開催されたトークショーで、浅岡省一さんがどのような意図で撮影したのかなど、面白エピソードを交えながら説明していただいた模様を簡単にレポートさせていただきます。



 浅岡省一さんは以前はブロガーとして名を馳せられていた影響で撮影した写真を印刷することはあまりされておらず、個展を開催するにあたりまずは写真を大量に印刷して写真を選ぶことから始められたのですが、膨大な量のプリントを前にしてどの写真を選べばよいのかノイローゼになりかかったらしいですw



 ブログなどネットで写真を配信すると、スマホのような小さな画面とパソコンの大画面モニターでは見栄えだけでなく色合いも大きく変わります。
 しかし、印刷すると撮影者の意図した通りの色合いと大きさで展示できるので、本気で写真の道に進みたいのであれば個展を開催されることも視野に入れた方が良いのだそうです。

 ちなみに、今回の個展で撮影に使った機材は全て富士フイルムのカメラ X-T1、X-Pro2、X-T2で撮影し、最新機種であるT2については大きなサイズで印刷しても問題ない品質でプリントできたらしいです。

 では、浅岡省一さんが一枚一枚の写真について解説された内容を簡単に紹介させていただきます。



 まずこの写真は東京カメラ部の10選に選ばれた富久浩二さんが撮影された水鏡のポートレートがヒントになったのだそうです。
 しかし、ただ真似をするだけではなく試行錯誤しながら自分なりにアレンジすることが大事で、会場で紹介された富久さんの写真とはまったく雰囲気の異なる写真に仕上がっていました。



 単純に観覧車とモデルさんを撮影しただけでは普通の仕上がりになってしまうので、ローアングルやハイアングルなど視点の高さを変えてベストの位置を探しだすのが大事なのだとか。
 モデルさんの頭上から後光がさしていますが、これは絞りを開放にするのではなく、ある程度絞ることによって光芒を出しているのだそうです。



 派手さはないものの、浅岡省一さんにとっては好きな一枚なんだそうです。
 なんでも構図が気に入っているらしいのですが、後から黄金比などに当てはめてみても当てはめることはできなかったのだとか…。
 カメラによっては画面に格子を表示させることもできますが、「自分の感性を優先した方が良い!」らしいですw



 モデルさんに様々なポーズを撮ってもらった中で選び出した一枚で、無理に作るのではなく自然なポーズの方が飽きないと感じているのだそうです。
 そして、こういった写真は広角で広く撮るより、ある程度狭めた方がフレームの外側を想像させることになって良いのだとか…。
 たとえ、現実はその外側に駐車場があったとしてもねw



 最初はもっと近い距離で撮影を始められたのだそうです。
 そして、撮影しながら後ずさりして省一さんが近くにいないことに気付いたモデルさんが振り返った瞬間を撮ろうとしていたらしいのですが、モデルさんが気付いてくれなかったのでどんどん離れていったところ…

「あれ? 広角で撮った方が良い!」

 ということに気付いて咄嗟に切り替えて撮った一枚なんだそうです。
 そして、さらに言うと、ここまで離れて省一さんが近くにいないことに気付いたモデルさんが衣装を直そうとした時に撮ったのだとか…。

 ある意味盗撮ですねw



 これは雨上がりの水たまりを使って撮影した一枚で、モデルさんの背後にストロボを一灯置いているのだそうです。
 そして、よくよく見てみれば…、



 富士フイルムのXシリーズにピッタリの光芒ができていたことに後から気付いたそうですw



 本来は夕焼けを狙って撮りにでかけたのだそうです。
 しかし、この日は風が強くて雲が吹き飛んでしまい、良い感じで焼けてくれそうになかったので、強風を利用した写真に切り替えたのだとか…。
 自然を相手にする場合はイメージした通りの写真を撮ることは難しいので、様々な状況に対応できるような引き出しの数を増やした方が良いと言うことです。



 これは朝焼けの写真だそうで、夜明け前の真っ暗な夜道をヘッドライトの灯りを頼りにあるいたのだとか…。
 ちなみに、鹿やイノシシの鳴き声や足音が間近に聞こえたらしく、モデルさんは「ここで二回目を撮影するのは無理!」と弱音を吐いたのだそうですw
 ワタクシも以前 夜明け前の霧ヶ峰で夜空を撮影しようとした時に、得体の知れない動物の鳴き声にビックリした記憶があるので、その気持ちはよくわかります…。
 アウトドアに慣れてないと鹿がどんな声で鳴くのか知りませんよね???



 降りしきる雨の中、広角レンズで下から煽るように撮った一枚で、普段はレンズに落ちた雨粒をブロアーで飛ばしているところを、前ボケにするためあえて残したのだそうです。
 これもまた状況に応じた臨機応変さと、基本にこだわらない柔軟な考え方をすることが大事ってことですね。



 この写真の撮影には3つのストロボを使っており、一つはモデルさんを二つは紅葉を照らすために使っているのだそうです。



 そして、この桜の写真はストロボを6つ使うことによって画面全体を照らしているのだそうですが、ストロボスタンドが風で転倒するなど大変だったそうです。
 しかし、紅葉といい、桜といい、見頃の時期に撮りに行くのは大変ですよね…。



 手前の砂浜は構図の中では不要な要素ですが、ある程度光をあてなければ不自然な感じとなるのでストロボの光を少し当てたのだそうです。
 「光の果てへ」という今回の個展のイメージにぴったりの一枚ですね。

 ちなみに、ストロボを使わずに撮影した一枚はこんな感じです。






 透き通るような透明感のある肌が特徴的なモデルさんですが、絞りは開放で風で髪がなびくのを狙って撮ったのだそうです。
 NDフィルターで少し光量を落とすことによって髪がぶれているのですね。
 ちなみに撮影の際にはND16を必ず持っていくようにしているのだそうです!

 以上で前半のレポートは終了です!
 明日、後半も聴いてきてレポートさせていただく予定なので、そちらも読んでもらえるとウレシイです!

 ちなみに、浅岡省一さん本人も個展に在廊されていますし、 展示されている写真は撮影可能です。


 
 個展に来場されれば 記憶だけでなく、記録に残して楽しむことができますよ!
 会期中に足を運ばれてみてはいかがでしょうか!?

つづく


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m