東京カルチャーカルチャーで開催された「肉とビールでダイエット!?」 supported by Rhythmに参加させていただきました。



 肉やビールを好きなだけ食べてダイエットできるなんてホントかいな!?
 誰もがそう思われることでしょう。

 でもね、小林一行さんは一日ビール3本の晩酌を続けながらも25kgのダイエットに成功し、



 長谷川香枝さんは肉食に切り替えることによって、半年で15kgのダイエットに成功したのだそうです!!



 今回はそのカラクリを簡単に説明させていただきます。


●継続はチカラ

 なんでもお二方ともに最初は様々なダイエットに取り組み、一時的にダイエットすることができてもリバウンドしてしまうことを繰り返していたそうです。
 そこで気付いたのが、


 ストレスなく、意識しなくてもダイエットを継続できることが重要!


 ということだそうです。
 カロリー制限してダイエットに成功したとしても、目標体重を達成した後で好きなモノを食べ出したら元に戻っちゃいますよね…。
 期間を限定せず、ずーーーっと続けることが重要なんだそうです。


●食べる順番を工夫する



 そして、何より大事なことは「食べ物を正しい順番で食べる」ということで、

 暖かい味噌汁やスープを口にして代謝をあげて、
 野菜やキノコ、海藻を多く含んだサラダで食物繊維を摂取し、血糖値の上昇を防ぎ、
 そして、肉や魚で筋肉をつけ、基礎代謝をあげる



 最後に揚げ物やご飯などの糖質を摂取する
 




 というのが良いのだそうです。

 ちなみに、肉は脂肪燃焼作用を高める成分の「L-カルニチン」が多く含まれるローストビーフやステーキなど赤みの肉を食べるのが最適で、噛む回数を増やして満腹中枢を刺激したり、タレではなく塩やワサビ醤油で食べるようにするのがコツだそうです。

 そして、飲み会の場合は事前に乳製品などを食べて小腹を満たしてから参加し、食べ過ぎ…飲み過ぎないようにし、3杯くらい飲んで酔いが回って味がわからなくなってきたらチューハイなど低カロリーのアルコールに切り替えた方が良いのだそうですよ!
 
 肉を食べて筋肉をつけて基礎代謝を上げ、満腹になることによっておかしなどの間食を減らす…。
 このイベントに参加するまでは半信半疑だったのですが、こうして理論的な裏付けのある説明を聞いていると納得できるモノがありますね!

 イベントの最後に紹介されたのがカルビ体操と呼ばれる運動だったのですが、激しく身体を動かすことはなく腹筋や横隔膜といった体幹の筋肉を鍛えるものでした。
 詳しくは長谷川香枝さんの本に載っているので、興味のある方は読んでみてください!


おしまい


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m