SynologyのNAS『DS218+』のレビュー第3弾は、「Cloud Sync」というアプリでAmazon Driveに自動バックアップする方法を紹介させていただきます。


 #5 活用編 「DS Video」で動画も楽しめる! 


●Cloud Syncで写真をAmazon Driveに自動バックアップ

Amazon00a

 Amazonはプライム会員になっていれば、JPGやRAWなど写真データを容量無制限に保存できます。
 これまでワタクシは年に一度程度の間隔で手動バックアップしていたのですが、SynologyのNASを使っていれば「Cloud Sync」というアプリで簡単に自動バックアップすることができます。

 つまり、「DS218+」で写真データだけを管理するのであれば、RAID機能を使ってデータを保護しなくても、すべての写真データを安全にバックアップすることができるのです!

 しかも、その手順も簡単なんですよ。
 管理画面左上のホームボタンから「Cloud Sync」を起動し、

Amazon00

  同期させるサービス一覧の中から「Amazon Drive」を選択して「次へ」をクリック、AmazonのユーザーIDやパスワードなどを認証させて、

Amazon01

 同期するフォルダを選択します。

Amazon02a

 そして、デフォルト状態は常時同期するような設定となっていたので、今回はスケジュール機能を使って毎日 寝静まった頃のAM3時に同期するよう設定してみました。

Amazon03

Amazon04

 あとは、「詳細設定」から同期するファイルの種類を選択すれば、

Amazon05

 自動的に同期されるのを待つだけです。
 今回は同期するファイルが約10,000ほどあったので、完了するまでに1日くらいかかっちゃいましたけどね。

Amazon06


 どうでしょうか?
 これだけの簡単な手順で、大事な写真データを自宅とAmazonのサーバーの二箇所に二重化することができるのです!

 Amazon以外にも、DropboxやOne Driveなどさまざまなクラウドサービスにも対応しているので、活用してみてください!

171027_00

つづく


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでchawan_twittをフォローしよう!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m