chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











デジタル機器

アウトドア用スマートウォッチPRO TREK WSD-F20でアウトドアを楽しもう! #1

 アウトドアアンバサダーのブロガーイベントに参加させていただき、PRO TREK smart WSD-F20をモニターとして3ヶ月ほど試用させていただくことになりました。
 何回かにわけて使い心地をレポートさせていただきますが、今回はブロガーイベントで説明していただいたことをレポートさせていただきます。



 PRO TREKは設立60周年を迎えたCASIOが販売する時計のブランドのひとつですが、CASIOと言えばG-SHOCKを連想される方が多いのではないでしょうか?
 また、数年前までCASIOはちょっとやそっとでは壊れない頑丈なスマートフォンを製造していたのですが、今回 紹介するPRO TREK smart WSD-F20はそのふたつの特徴を兼ね備えた頑丈で様々な機能を併せ持つスマートウォッチになります。
 


 開発コンセプトは

 「時刻を見るくらい簡単に現在地を確認できる時計」

 ということで、



 山や湖など旅先へ出かける前に地図データをダウンロードしておけば、世界のどこにいようと、携帯の電波が届かない地域でも、時計を見るだけで現在地がわかるように仕上げられており、登山用の地図をダウンロードしておけば、登山道まで表示されるようになっているのだそうです!



 ところで、スマートフォンでGPSを使おうとするとバッテリーの消費が早くなってしまうのが気になるところですが、WSD-F20に搭載されているGPSシステムは測位精度を高めても、バッテリーの消費を抑えることができるようになっています。



 また、カラー液晶とモノクロ液晶の2種類が搭載されており、しばらく操作していないとバッテリーの消費を少なくできるモノクロ液晶に自動的に切り替わるなど、バッテリーの節約には様々な工夫がこらされているのだそうです。



 もちろん、時計として基本的な性能も保証されているのですが、

・5気圧 防水構造
・MIL STANDARD(米軍仕様) 10項目準拠
・低温対応(-10℃)

 残念ながら防水性能については、ダイビングはおろかウィンドサーフィンなど水面に激しく接触してしまう可能性のあるスポーツでの使用は控えて欲しいということでした。
 個人的には、真冬の霧ヶ峰や美瑛などでは-20℃以下に落ち込むことがあることを知っているので、-10℃までしか対応していないことに不安を感じたのですが、保証はしないもののおそらく問題なく使えるだろうということでした。

 そして、画面をタップしたりスライドしたりして操作するだけでなく、手袋をつけたままでも操作できるように3つのボタンが備え付けられていたり、不用意にボタンが押されないようなガード機構など、これまでにCASIOが培ってきたノウハウが惜しげもなく投入されているようです。



 あ、そうそう。
 このWSD-F20はAndroid Wearということだけあって使い込もうとするとAndroidスマートフォンが必要なのですが、iPhoneでも基本的な機能については使えるようになったそうなのでご安心ください!





 さて、実はワタクシは4年前にもPRO TREKをお借りしたことがありまして、そのときは富士山を御殿場口から登山してみたことなどをレポートさせていただきましたが…、

 このスマートウォッチを使って、是非とも「アウトドアを楽しんで欲しい!」ということなので、



 今回も登山や、サイクリングなどに活用させていただこうと考えているのですが、日の出日の入りの時間や方角を示す機能が何気に便利そうなので、写真撮影の旅にも活用してみたいと思います!
 ワタクシの写真撮影の旅は大体1,000kmくらいの移動が基本なので、どういう経路で移動したのかログをとってみるのも面白そう…

 なーんて考えていたりしますw



 お楽しみに!?

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

Webデザイナー向けBenQ PD2700Qで黒野明子さんからPhotoshopやDreamWeaverの使い方を教わってきた!

 BenQのPD2700Qというディスプレイのアンバサダーイベントに参加させていただきました。
 今回はWebデザイナーとして活躍されている黒野明子さんに、PD2700Qの特徴やPhotoshopやDreamWeaverの使い方をレクチャーしていただいた内容をレポートさせていただきます。



●製品紹介
 PD2700Qは2560x1440ドットの表示領域をもつ色再現能力のたかい2Kモニターで、長時間モニターを見続けても目に優しいブルーライト軽減機能やフリッカーフリー機能がそなわっています。



 そして、暗くつぶれた箇所を明るく表示することのできる暗室モードや、



 細かい線の描画をはっきり表示させるCAD/CAMモードだけでなく、



 画面の左右で表示モードを切り替えることのできるデュアルモードが備わっています。



 ちなみに、左側が暗室モードで、右側がCAD/CAMモードになっているのですが、CAD/CAMモードにすると線だけでなく文字が見やすくなるという特徴があるそうで、画面の左側をPhotoshop、右側をDreamWeaverにすると効率よく作業できるのだそうです。



 また、女性の力でも簡単に画面を縦に回転させることができるので、スマートフォンなどの縦画面デザインを確認するにも便利だそうですよ。



 
●Photoshopの便利機能
1、かすみの除去
 滝のような水しぶきのあがる場所で撮影した写真は、全体的にもやがかかったように見えることがあるのですが、そういうときは「フィルター」の「Camera Rawフィルター」を選択し、fxというボタンを選択すれば「かすみの除去」を調整することができます。






2、顔パーツの調整
 「フィルター」から「ゆがみ」を選択すれば、人の顔を自動的に認識し、笑顔の度合いを調整したり、小顔にしたりするなどイロイロ調整できるのだそうです!
 マウスだけで簡単に調整できるのがすごすぎます。。。
 



●DreamWeaverの便利機能
 DreamWeaverというのはWebサイトを構築するためのHTMLやCSSを作成するためのソフトなのですが、Photoshopと連携して加工した画像を自動的に取り込んだり、


 emmet機能で短い文章を打ち込むだけでコーディングできるようにするなど便利な機能が揃っているのですね…。



 ワタクシは今のところwebデザイナーに転身する気はないのですが、プログラムすることはけっこー好きな方なので時間があればもっと勉強してみたいと思いましたとさ。

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQのモバイルプロジェクターGS1を車中泊で使ってみた!

 以前、BenQアンバサダーイベントに参加させていただいたポータブルプロジェクターGS1ですが、約1ヶ月ほど試用させていただきましたので簡単に使い心地を紹介させていただきます。

 せっかくのモバイル製品なので「アウトドアで使ってみよう!」と思ったもののなかなかキャンプするまでの気合いが出ません…。
 しかし、ワタクシは愛車プリウスで撮影旅行にでかけると、かなりの高確率で高速道路のサービスエリアや道の駅などで車中泊しています。

 ………


「テントなんか張らなくても、車中泊で使えば良いんぢゃね?」


 ということでさっそく試してみました!



 まず、これがワタクシの標準的な車中泊の仕様で、プリウスの後部座席を倒してホームセンターで購入した板を置き、その上にキャンプ用のマットと寝袋を敷いています。



 板を置く目的は、後部座席と前部座席の間の隙間埋めですね。
 一人で寝るなら斜めに寝袋を敷けば170cmくらいの身長のワタクシは、前部座席を動かさなくても横になることができるのです。

 ちなみに、今は夏なので寝袋がひとつあれば十分ですが、冬は布団を敷いてその中に寝袋を敷けば-20℃の霧ヶ峰でも車中泊することができました!!!
 翌朝、車内に放置したペットボトルのお茶はカチンコチンに凍っていて、喉が渇いたのに飲めずに難儀しましたけどね…。



 今回はプリウスの車内でプロジェクター鑑賞を楽しむことを目的としていますので、後部座席の左右に取り外し式のカーテンをつけて遮光して枕元にGS1を置き、AndroidスマホをGS1と無線接続して、動画を再生してみました。



 投影間隔が1メートルもないので、それほど大きな画面とはなりませんが十分楽しめますねw

 ただし、次世代モデルのための改善要望をあげるとすれば、今回はGS1を自立させるため背面端子がつかえずスマホ接続せざるを得なかったので、USB端子やHDMI端子を側面か天面にも欲しいです…。
 ワタクシは自宅でもGS1からの映像を天井に投影させて楽しんでいましたので、けっこー切実な要望です!



 ということで、アウトドア目的でGS1を楽しんでみましたとさ。
 プリウスに限らず、車中泊される方は試してみてはいかがでしょうか!?

 こんな具合のキャリングケースに一式を収めることができますし、





 付属のバッテリーで約3時間ほど使用できたり、スマホなども充電することができますよ。
 ※背面にUSB端子があるので、車中泊で縦置きする場合はスマホ充電はできません。



おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ソニーショップ テックスタッフのナイター競馬撮影会でα9を使ってみた 〜動きモノのAFが半端ないっすね!〜

 テックスタッフさんのソニー製 最新デジタルカメラα9をお借りして、大井競馬場で開催されたナイター競馬を試し撮りさせていただきました!



 いやぁ、α9のAFはすごいっすね。



 ワタクシはばんえい競馬を一度撮ったことがありますが、普通の競馬を撮るのはおろか見るのも初めてだったのでどう撮ればよいのかわからなかったのですが、「馬の両足が中に浮いている状態」が良いのだそうですね。
 その瞬間がいとも簡単に撮れるのですよ…





 シャッターボタンを押しっぱなしにするだけで、ぴったりAFを合わせ続けながら連写し続けることができたので、ワタクシがこれまで使っていたα7マーク2との圧倒的な性能差におののくばかりでした…。



 最近、動物写真を撮るようになったワタクシにとって垂涎の一台ではありますが、如何せんお値段が約50万円ってのはちょっと…
 もうちょっとまともな写真が撮れるようになったら、購入を考えてみたいと思います。





 テックスタッフさん、貴重な機会をいただきありがとうございました!
 
 ………

 でもね、カメラの買い換えは検討中でして…。
 近々、紹介させていただきます!

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

代官山蔦屋書店でカナダフェア開催中 ラウンジAnjinでカナダ特産ロブスターロールを堪能してきた!



 カナダは2017年7月1日に建国150周年を迎えます。
 それを記念してさまざまなイベントが開催されているのですが、今回はカナダ観光局に招待いただき代官山蔦屋書店で開催されているカナダフェアに参加させていただきました。



 書店の特設コーナーでは、カナダに関する書籍だけでなく、ワインやメイプルシロップなどが販売されているのですが、



 2号館2階にあるAnjinというラウンジでは、



 カナダの特産品を使ったスペシャルメニューが提供されています。



 この中からロブスター・ロールを試食させていただいたのですが、



 プリップリで大粒の切り身が惜しげもなく使われており、



 しつこくもなく程よく絡み合ったクリーミーソースとの相性は絶品ですね!
 お値段分の価値はあると思います。

 そして、メープルウォーター・アールグレイも一緒に注文したのですが、メープルシロップを注ぐとまろやかな舌触りになって、ロブスター・ロールの口休めにちょうど良い感じでした!



 ハンバーガーなんかも美味しそうなので、お近くに立ち寄られた時にきてみては如何でしょうか!?
 本屋さんとは思えない雰囲気の中で、読書に食事を楽しめますよ!!!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

JTB Trunk ScaleでLCCに持ち込む手荷物の重さを計ってみた

 先日の中井精也先生との撮影旅行へ参加するに当たり、四国からの帰路にLCCの航空便を予約していたのですが、実はワタクシLCCに搭乗するのは初めてでして、イロイロ調べてみたところ…なにやら手荷物や預け入れの荷物の重さを厳格に測定されるそうではないですか…。

 ということで、近所のイオンモールでJTBのTrunk Scaleを購入してみました!



 使い方は簡単でこんな具合にカバンをぶら下げるだけです。





 カメラ2台にレンズ3本、ノートパソコンなどなど総重量は…、


 約6kg!


 問題なく規定の7kg以内に収まっていたので安心しました。
 もちろん帰路にどんな荷物が増えるのかわからないので、荷物の片隅にこの秤を入れておいておきましたけどねw



 似たような製品はAmazonで購入することができるようなので、海外旅行へ出かけられる方も購入を検討されていみては如何でしょうか?

おしまい
 



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQアンバサダー アウトドアで楽しめるモバイルプロジェクターGS1

 BenQのモバイルプロジェクターGS1のアンバサダーイベントに参加させていただきました。



 GS1はキャンプ場などアウトドア環境でも楽しめるように開発されたバッテリー付きのモバイルプロジェクターで、



 電源がない場所でも約3時間ほど使用することができるだけでなく、短焦点レンズが搭載されているおかげでテントの中のような狭い場所でも大画面で映し出すことができます。
 なんでも壁から60cmほど離れていれば、60インチの大画面での映像を楽しめるそうですよ!



 しかも、台形に映し出された映像を自動的に補正してくれる機能まで内蔵しているのだとか…。



 そして、AndroidベースのOSが搭載されているおかげで単体でYoutubeを再生することができたり、Bluetooth接続したスピーカーやキーボード、マウスなどで操作することもできます。



 もちろんHDMI接続した機器から動画を再生したり、USBメモリーに格納された写真を再生することもできますよ。


●めーんずスタジオのアスカさんによる試用レポート



 ここで一足お先にGS1を借りて試用された「めーんずスタジオ」のアスカさんによるレポートが報告されました。
 なんでもアスカさんはお手軽にキャンプを楽しむことのできるグランピングでこのGS1を試されたそうです。

 ニンテンドークラシックミニでゲームを楽しんだり、



 WiFi接続したAndroid端末からネットサーフィンしてみたところ…、



 友人達と愉しい一夜を過ごすことができたのだとか…。


 ということで、ワタクシも1ヶ月ほど試用させていただくことになったので、後日 使い心地をレポートさせていただきます!



 ひさびさにテント泊とかもしてみようかな〜と考え中です!





●アンバサダー募集中

 BenQの商品は大手電気店などでは販売されておらず、AmazonやNTT-X Storeといったオンラインストアでしか購入することができません。
 このためユーザーに製品を体験していただく機会を提供するため、アンバサダーブログラムを推進されているのだそうですよ!



 微力ながらワタクシもcp+などで説明員などをさせていただいたことがありまして、意外といろんなところで登場していたりします… ( ̄。 ̄;)



 ということで、アスカさんやワタクシと一緒にアンバサダーイベントに参加してみませんか!?




おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

VICTOR SUDIOのモニタールームの奏でる音をヘッドホンで再現する「EXOFIELD」という技術を体験してきました!

 「録音スタジオで収録した音響環境をヘッドホンで再現する」という、JVC KENWOODが開発した技術を一足お先に体験させていただきました。



17927-582-296936
 国内外の著名なアーティストが音楽制作に使用している『VICTOR STUDIO』という最先端のスタジオが都内某所にあるのですが、



 この施設の中でもCDなどで販売する楽曲に問題がないかどうか最終チェックする「EX Room」と呼ばれる部屋がありまして、そこで奏でられる音をヘッドホンで再現しちゃおうという技術が今回紹介する「EXOFIELD」です。

 具体的に説明すると、ライブ会場や自宅などスピーカーで音楽を聴いていると前から音が聞こえてくるのに対し、ヘッドホンで音楽を聴くと真横から聞こえることになります。



 そして、耳の形は人によってさまざまで聞こえ方が異なるため、どんなに素晴らしい音を奏でる部屋であっても人によって聞こえ方は微妙に異なるのだそうです。
 そこで、ピンセット型のマイクを耳の穴に取り付け、耳たぶなどで反射して耳の穴の中に入ってくる音を測定し、ソフトウェアで処理することによって真横からしか音が聞こえないはずのヘッドホンでもビクターのスタジオで聴いたような前から聞こえる音を再現してしまうという技術なんです!



 実際にワタクシも体験さえていたただきましたが、ヘッドホンをつけているのに繊細な息づかいまで聞こえてくるような音が前の方から響きだしてきてビックリしました!

 技術は進歩しているのですね…。
 残念ながら『 専用機器による測定』という作業が入るため、まだ市販されている機器に展開されている技術ではありませんが、ノイズキャンセルのようにスマートフォンなどにもソフトウェアとして実装できる技術なので、最近 流行りのVRと一緒に使えば見ている方向から音が聞こえてくるようになってくると面白そうですね!

 最近は耳の形をシリコンゴムで採寸して、専用のイヤフォンを制作するサービスを展開している会社もあるので、似たようなことをJVC KENWOODが始めてくれると良いのですが…。
 まずは「著名アーティストに使ってもらってみた!」というレポートでも見てみたいところです!

 この後、この施設に8つあるレコーディングスタジオの中で、50人以上が同時に音を奏でることの出来る最も広い部屋を見学させていただいたのですが、



 ドラムやピアノなど音の強さの違う楽器は、混じり合うとマイクでうまく音が拾えないらしく専用の小部屋で収録しているのだそうです。
 そして、ドラム部屋とピアノ部屋では音の響き方が変わっていたり、1,500万円以上もする高級ピアノが置かれていたり、



 100万円以上するビンテージマイクなどがゴロゴロ収められた棚がありました。



 アーティストの声質によってマイクを使い分けたり、最適な長さのケーブルが使うようにして最高の音を収録できるよう気を配られているのだそうですよ。



 そして、収録した音が最高のモノとなるよう調整するPA卓をみせていただき、具体的にどんな調整をされているのか説明していただいたのですが、



 ピアノやドラム、ギター、ユーフォニアムなどそれぞれの楽器の前に置かれたマイクからその楽器の音だけを収録し、大きさや響き方を微妙に調整した音を足し算のように積み重ねて音をつくっているのだそうですね。

 写真の現像処理ソフトであるLightroomでいうと、赤や青の彩度や輝度をそれぞれに調整しているようなものか…。
 となんか妙に納得することができましたとさw

おしまい

17927-582-296936


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

オムロン上腕式血圧計HEM-7600T その4 血圧の変化で体調の異変を感じることができたゾ!

DSC08603_170216_80P

 オムロンヘルスケアのオフィシャルレポーターとして血圧計のレビューをさせていただいていましたが、その効果を確認できる出来事がありました!
 
 実は先日体調を崩して寝込んでしまったのですが、体調を崩す前日にいつものように血圧を測定してみたら、普段は最高血圧 120〜130くらいのところが140まで上がっていたのです。
 その時は体調に異変を感じておらず至って平常運転だったのですが、

 翌日の夜から休息に体調が悪化し、体温が一気に38℃後半にまで上がってしまったのですよ…。

IMG_0299

 そして、体調不良から回復するとあっという間に元通りに…。
 まぁ、元に戻ったのは体温だけで、喉はガラガラで痛いし、寝込んで動かなかった影響で背中はバキバキで、万全の体調にはほど遠い状況だったんですけどね…。

 何はともあれ、今回の一件で体調に異変を感じる前にその予兆をデータで確認することができたので、次回もこういったことがあったら、早めに寝るようにするとか、栄養価の高いものを食べるようにするとか、身体を冷やさないようにするとか…
 
 何らかの予防措置をとって、ダメージを最小限にとどめるようにしてみたいと思います!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

InstruMMents01 空間をキロクする便利ガジェット

 以前、ブロガーイベントでレポートさせていただいたInstruMMents01を使ってみました。





 このペン型デバイスは、寸法を測りたい場所をなぞればスマートフォンにその数値が表示されるというデバイスで、こんな具合に部屋の片隅に空きスペースがあったとしたら、
 


 採寸した幅、高さ、奥行きといった寸法をネットで共有し、このスペースに似合う家具を買いにいくのに使えます。



 そして、普通のデバイスと違うのは、直線だけでなく手首と言った丸いモノの寸法も測ることかな。



 使いようによっては彼女の指輪の寸法をこっそり測ることができるかもしれませんねw
 ちなみに、測定できるのはミリだけでなくインチやヤードと言った別の単位系も測定することができるので、衣類の寸法取りに使うことができますね

 あとは、ボールペンといったアナログデバイスが組み込まれているので、普段はボールペンとして持ち歩けたりもします。





 難点があるとすれば、電池が専用品ってことかな…。
 1本でどのくらい電池が保つかどうかはわかりませんが、専用品で充電できないってのがネックです…。



おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ