chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











旅行日記

【募集中】鉄道写真家 武川健太さんと東日本大震災の傷跡と絶景路線 陸羽東線を巡る旅 「南三陸の今と陸羽東線撮影の旅」

 宮城県出身の鉄道写真家 武川健太さんは、2017年1月までゆる鉄で有名な鉄道写真家 中井精也さんのアシスタントマネージャーをされていた方なのですが、そんな彼と一緒に2017/3/11〜12の2日間で宮城県をまわる「南三陸の今と陸羽東線撮影の旅」が企画されました。



 この旅の初日となる3月11日と言えば6年前に東日本大震災が発生した日ですが、津波で大きな被害を受けたJR東日本 気仙沼線は安全を確保した状態での復旧に時間のかかる鉄道ではなく、BRTと呼ばれるバス高速輸送システムで仮復旧されており、



 ホームは築堤の上にあって難を逃れたものの、



 駅舎は流失してしまった歌津駅や、 



 かつてはレールのあった場所を整備してバスの専用線にしたりするなど、



 地震の爪痕を目に焼き付けつつ、南三陸町 最大の避難所で司令塔となって住民の方々をまとめ上げられた遠藤光一さんに当時のお話を聞きながらまわることになっています。



 そして、この日は南三陸町の民宿で地元の海の幸に舌鼓を打ちながら一泊し、2日目はのどかな雪原の中を走る陸羽東線の風景を楽しみながら撮影することになるのですが、





 どこへ向かう今のところ未定で、その日の天気など気象条件によってベストとなるであろう場所へ、地元出身の武川健太さんが選び出して向かうことになっています。
 
 もし興味を持たれた方は武川健太さんのブログか、旅行を主催するワールドファンツアーズまでお問い合わせください!
 申し込み受付期間は今日2/11から20までです!


 武川健太さん ブログ「宝物をさがして」

 旅のしおり
 http://mukawakenta.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-e69b.html

 宮城を一緒に旅しませんか?
 http://mukawakenta.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-8acb.html


おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

東京ドイツ村で夜景を撮ってみた

 ポレポレ農園でイチゴ狩りし、江川海岸で夕焼けを撮った後、この日 最後に向かったのは東京ドイツ村です。
 この時期の東京ドイツ村はライトアップされていまして、それを見に行ったのですが、



 この日の夜の気温は0℃前後にまで低下しいたのです…。



 幸いこの日は風がほとんど吹いていなかったのでまだ耐えられましたが、風の強い日に備えて防寒対策は万全にした方が良いと思います。



 ちなみに、東京ドイツ村の入村料金は車1台につき、2,000円なのでなるべく車は1台にまとめて入場した方がお得です。
 小高い丘の上からの眺めはナカナカのものですよ!



 こうして房総半島を駆け巡った1日が終わりを告げたのでした。





おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

江川海岸で夕焼けを撮ってみた

 ポレポレ農園でイチゴをたらふく食べた上に、ご当地ラーメンの竹岡ラーメンまで平らげてしまった我々が向かったのは、海中へ続く電信柱で有名な江川海岸です。
 その夕焼けをこんな具合に撮ってみたのですがいかがでしょうか!?







 ちなみに、お気に入りの一枚はこれなのですが、



 現像しながら振り返ってみて、改めて「広角レンズの方が好きだな〜」と思い知らされましたとさ。
 いかがでしょうか!?

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

真冬の北海道をレンタカーで1000kmほど旅してみた! #3 青い池のライトアップと美瑛の雪原を堪能してみた!

 茨城空港発 北海道旅行記の最終回です。

 高速道路が大雪のために一部通行止めになっていたりしたものの、時折休憩を挟みながらも厚岸からレンタカーを走らせつづけること約10時間…。

 たどり着いたのは美瑛の青い池です!
 今年度は2016/11/1から2017/2/28まで夜間ライトアップされていまして、こんな具合に撮ってみました。









 実は、去年度のライトアップも撮りにいったのですが、今年のライトアップは照明の灯数が増えており様々な光り具合で撮影することができたので、気に入った光景を撮るのが難しかったです…。

 そして、翌朝は美瑛の雪原を撮ろうとしたのですが、天気の方が微妙な雲行きでなかなか絵になる光景を見つけることができなかったのですが、幸いなことに帰路へつくまでひと時の間だけ晴れ間が見えてくれまして、マイルドセブンの丘をこんな具合に撮ってみました!





 白と青のコントラストは絵になりますよね!!!

 残念ながら今回の旅程は2泊3日だったのですが、これだけの光景を目の当たりにできるのならもっと落ち着いて旅してみたいと思いましたとさ。
 ダイヤモンドダストとかも撮ってみたいし、釧網本線などのローカル線ももっと撮ってみたいんですよね…。

 また、機会を見つけて冬の北海道を旅してみようと思います!
 
おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

真冬の北海道をレンタカーで1000kmほど旅してみた! #2 鉄道写真家 中井精也先生と旅した想い出の厚岸の冬景色を撮りに行ってみた!

 TBS系列の「ヒルナンデス」やNHK BSで「てつたび」などに出演されている『ゆる鉄』 で有名な鉄道写真家 中井精也先生



 2016年5月に主催された北海道 釧網本線の旅に参加させていただいたのですが、



 その時の光景が忘れられず…今度は是非とも冬景色を撮って見たいと思い立ち、はるばる千歳から釧路までレンタカーを走らせて行ってきました!
 前回も説明しましたが、ワタクシが北海道に到着したその日の千歳近辺は猛吹雪で空港が閉鎖されるくらいの状態だったのです…。
 しかし、道東地域はそれほど天候が悪化することもなく、天気予報を調べてみたところ翌朝は日の出を拝めるかもしれないくらいに回復してくれていたので、ホテルを5時に出発して暗闇に包まれた中をレンタカーを走らせてみると、予定通りの時刻に撮影地に着いた頃に徐々に空が白み始め…、



 上手い具合に日の出の時刻にやってきた列車を撮影することに成功したのであります!



 ちなみに、この辺りのローカル線は都会の電車とは違って1時間に一本くらいの頻度でしか列車がやってこないのですが、寒さに耐えながら約2時間ほどこの場所で頑張り、いろんな構図で撮ってみたのですがいかがでしょうか!?







 厚岸での撮影を切り上げた後は、帯広あたりで夕焼けをこんな具合に撮ったりしつつ、



 次の目的地である美瑛へ向けて車を走らせたのでした。

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

真冬の北海道をレンタカーで1000kmほど旅してみた! #1 茨城空港発2泊3日の弾丸旅行の巻

 2016年1月にも茨城空港を起点に、北海道の美瑛の雪景色や旭川の旭山動物園へ行ってみたレポートを記事にさせていただきましたが、今回は釧路の近くにある厚岸で風光明媚な雪景色の鉄道写真を撮影したり、


 またもや美瑛での雪景色を撮影しに行ってみたレポートをお届けする予定ですが、



 1回目の今回は茨城空港について簡単にレポートとなります。



 茨城空港へのアクセス方法はバスやタクシー、自家用車などの方法がありますが、前回に引き続き今回も自家用車を選択させていただきました。
 できれば今回は東京駅から片道500円で茨城空港へ連れて行ってくれる高速バスを利用したいところだったのですが、ワタクシは房総半島の住人でして北海道からの帰路を考えると東京駅に到着するのが23時過ぎとなってしまい、自宅まで帰り着くことができなくなってしまうのです…。

 ということで、今回も自家用車を使って茨城空港へ往復することにしたのですが、茨城空港は駐車料金が無料なのがウレシイです。



 ちなみに、今回は2泊3日で千歳→釧路→美瑛→千歳と約1,000kmほどの距離をレンタカーで走らせてきたのですが、



 ワタクシが旅したのは千歳空港が大雪で2日ほど閉鎖してしまった時期だったのです…。
 しかし、それにも関わらず往路は茨城空港への着陸が30分程度、復路は千歳空港からの離陸が30分程度遅れただけでとどまったのは幸運以外のナニモノでもありませんでした…。



 まぁ、千歳空港付近の高速道路が通行止めになっていたおかげで、初日は千歳空港から釧路へ移動しただけで終わってしまったのですが、事故もなく無事移動できただけで良しとするしかなかったかもしれませんねw



 ちなみに、この日は釧路の泉屋さんという洋食屋さんで、



 名物料理のスパカツ(ミートソーススパゲティにカツを載せた料理)を食べてみたのですが、

image

 熱々の鉄板に良い感じに焼き付いたパスタと、ボリューム満点なカツが運転の疲れを癒やしてくれましたとさ。
 
つづく


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

千里川堤防で飛行機を撮ってみた

 先日、帰省することになりまして、かねてから一度は行ってみたいと思っていた千里川堤防で飛行機の写真を撮ってみました。



 ここは真上を飛行機が通過することで有名な撮影場所で、撮っていて楽しいのですが狙い通りの絵になるよう撮るのはかなり難しいだけでなく、高感度撮影できるカメラや明るいレンズといった機器が必要になるみたいですね…。









 しかし、ジェット機だけでなくプロペラ機が飛んでいるのもカッコよいすねー。




 
 そして、角度を変えて尾翼の航空会社のマークが写るように撮ってみました。







 あとは、薄暮の時期も撮ってみたり、





 夕焼けを撮ってみたりするなど様々な光景を撮って楽しみましたとさ。



 また、撮りに行こうとおもいます!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 〜ユルくないマジな撮影旅行だった〜



 3泊4日で開催された『鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線 撮影の旅』に参加させていただきました。



 NHKの「てつたび」やTBS系列の「ヒルナンデス」などで人気の中井精也先生の作品は、ゆる〜い雰囲気の漂うローカル線を旅情豊かに表現するのが特徴で、今回は北海道の道東地域にある釧網本線や根室本線、石北本線の撮影ポイントへ案内していただき、構図や撮影テクニックなどを教わりながら撮影してみました。

 まず最初に向かったのは根室本線の音別駅周辺で、5月の終わりになってようやく新緑に染まり始めた草原や雰囲気のある鉄橋を駆け抜ける列車を撮影したり、







 青春18切符のポスターに採用された写真の撮影された根室本線の厚岸湖畔で、湖の彼方からやってきて原野の果てに去りゆく列車をこんな具合に撮ってみました。







 そして、石北本線の常紋峠では新緑に包まれた森の中のS字カーブを駆け抜けてくる列車を撮ることになったのですが、なんでもここはSLが現役だった頃から名の知れた撮影ポイントで、峠の登り坂をモクモクと煙をあげながら走るSLの勇姿はそれは見事だったのだとか…。
 今でも列車の天井をよく見てみれば、エンジンからゆらゆらと立ち上る陽炎が見えているんですよ!





 ちなみに、タイトルが『釧網本線の旅』なのに根室本線や石北本線まで出張しているのは、その日の天気や霧といった気象条件によって最適な撮影ポイントを中井精也先生が選んでくださったからです。
 北海道に到着して最初に訪れた撮影ポイントが釧網本線ではなく、根室本線だったことには少しビックリしましたけどね。

 他にも、釧網本線の塘路湖畔にあるサルボ展望台やシラルトロ沼を臨む高台から望遠レンズで狙ってみたり、





 釧網本線の札弦駅付近や、



 石北本線の緋牛内駅付近で撮ることになったのですが、



 札弦と緋牛内の2箇所については中井精也先生が現地で探し出された撮影ポイントで、車で2〜3箇所まわっただけでこれだけの場所へ案内してくださったのです。
 中井精也先生は国内でも海外でも撮影に出かける前にGoogleMapで事前に撮影ポイントを調べられているそうなのですが、GoogleMapだけでこれだけの場所を見つけられるのは凄いなぁ…。

 プロの鉄道写真家がどうやって撮影ポイントを探し出し、どこに着目して撮影するのか…

 中井精也先生の本気を垣間見せていただいたように思います。





 ということで、中井精也先生との撮影旅行はホントに楽しくて、あっという間に4日間が過ぎ去ってしまったのですが、旅行としてはちょっと普通じゃないです。

 なんせ毎日 朝5時にはホテルを出発して撮影ポイントに陣取り、食事と言えば夕食以外はほぼコンビニで調達することになります。



 近くに名物があれば美味しい「かきめし弁当」を食べることができたりもしますけどねw



 そして、軽い山登りもあったりするなど、



 ゆる〜い絵面とは正反対の大変さがありますが、



 それもこれも中井精也先生の「本気で撮影を楽しんでもらいたい」という気持ちの表れではないでしょうか!?




 ということで4回に分割してレポートした釧網本線の撮影旅行を1本の記事にまとめさせていただきました。

 ちなみに、次回の撮影旅行は2016年10月にスイスで開催される予定となっており、現在は参加者を募集中だそうです。
 興味のある方は中井精也先生のブログ「一日一鉄」のこの記事をご覧ください。
 ※募集の締め切り 2016/9/15まで   

 残念ながらワタクシは9日間も会社を休めそうにないので参加することは難しいのですが、他にも撮影旅行を企画中らしく、そちらの方へは可能な限り参加させていただくつもりです!

 最後になりましたが、中井精也先生や関係者の皆様、北海道では色々とお世話になり本当にありがとうございました!
 

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅

おしまい

※ 今回の撮影旅行については自腹で参加させていただきました。 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

江川海岸で夕焼けを撮ってみた 木更津にはアクアラインや中の島大橋など撮影スポットが沢山あるゾ!

 レッドブルのエアレースを観戦した後、潮の干満や、無風であること…など条件は厳しいものの南米のウユニ塩湖のように空模様が水面に映し出されると噂の江川海岸(木更津)へ行ってみました。
 


 なぜか海中へとつづく電柱が印象的な光景で、右端に見える富士山の山頂に太陽が沈む時期はきっと大勢のアマチュアカメラマンがやってくるんでしょうね…。
 上の写真はホワイトバランスの色合いを調整しているので、ちょっと普通じゃない空模様となっていますが、現実はこんな感じですw



 夕焼けはこんな感じで、



 日没後のマジックアワーはこんな感じにもなります!



 他にも、木更津には他にもイロイロと撮影スポットがありまして、アクアラインがこんな感じに撮れたり、





 遠く横浜の夜景が見えたりもします。





 そして、日本一高い歩道橋としても知られている中の島大橋のこんな夜景を撮ることができたりもします。





 基本的に木更津は風が強い街なので無風という気象条件がなかなか難しいですが、海ほたるの風速情報を参考にチャンスがあれば撮りに来てみてください!

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #4 ユルくない真剣な撮影旅行だった!



 実はワタクシ…今回の撮影旅行には一人で参加させていただいたのですが、ホテルや撮影ポイントなどで何度か話しているうちに仲良くなった方がいまして、近日中に一緒に都電を撮影しに行くことになりました!
 同じ趣味を持っていれば、見ず知らずの方と打ち解けるのも早いもんですねw

 さて、中井精也先生との楽しかった撮影旅行も最終日となったこの日、最初に向かった場所は石北本線の常紋峠です。



 ここは峠の登り坂をモクモクと煙を上げながらやってくるSLを撮影できるということで、古くから名の知れた撮影ポイントだったのだそうです。
 そんな場所で新緑の木々に包まれた列車をこんな感じに撮ってみました。









 そして、この旅の最後の撮影ポイントとなった緋牛内の近くへ移動し、北海道の雄大な大自然の中を走る列車を撮ってみたのですが、



 なんと中井精也先生もここで撮影するのは初めてだったのだそうです!
 おそらく常紋峠から女満別空港へ向かう途中で撮影しようとGoogleMapで探し出された撮影ポイントなのだと思いますが、GoogleMapだけでこれだけの光景の場所を見つけ出せるなんてサスガの一言に尽きます…。

 ちなみにこの場所ではほぼすべての参加者の方が太陽に背を向ける順光側から撮影していたのですが、ワタクシだけは逆光側から撮影を敢行しました。
 これには理由がありまして、今回の旅では


 『太陽と絡めて列車を撮影する!』


 という隠しテーマを持ちながら撮影していたのですが、曇ったり、太陽の位置が悪かったりでそういった構図で撮れていなかったのです。
 しかし、ここだけは太陽を良い感じで捉えられそうだったので、あえて逆光側に移動して太陽と列車を絡めて撮ってみたのでした。

 ホントは太陽から旭日旗のような光条を出したかったのですが、太陽に少し雲がかかってフィルター状態となっていたのですね…。
 ちなみに、ホワイトバランスで色合いを変えて夕焼けっぽくして撮影した写真はこんな感じです。



 ということで、『釧網本線 撮影の旅』が幕を下ろしてしまったのですが、個人的には反省点もありまして、

 『200mmの望遠レンズだけでは苦しい』

 そう痛感させられたので、



 300mmの望遠レンズを購入してしまいましたw
 次回、撮影旅行に出かけた時はメインカメラのα7マーク2だけでなく、サブカメラで使っているα6000も持っていけば450mm換算のズームになるので望遠もだいぶ強化できたかな。
 さっそく小湊鐵道といすみ鉄道で試し撮りは終えたので、都電フォトウォークにも使ってみたいと思います。





 そして、今回の撮影旅行で訪れた場所の『雪景色』を撮影したい!!!

 と…、まだ夏にもなっていない時期から冬の到来を待ちかねていたりもしますw


●まとめ

 3泊4日の撮影旅行はホントに楽しくてあっという間の4日間でした。

 でもね、撮影旅行としては楽しかったものの、旅行としてはちょっと普通じゃないです…。

 なんせ毎日 朝5時にはホテルを出発して撮影ポイントに陣取り、食事と言えば夕食以外はほぼコンビニで調達することになるんです。



 近くに名物があれば美味しい「かきめし弁当」を食べることができたりもしますけどねw

image

 そして、軽い山登りもあったりするなど、



 ゆるーい絵面とは正反対の大変さがありますが、



 それもこれも中井精也先生の「本気で撮影を楽しんでもらいたい」という真剣な気持ちの表れではないでしょうか!?



 先日、秋に開催されるスイスへのツアーの募集がワールドファンツアーズの方で始まったようですが、国内旅行も企画中だそうです。
 きっと楽しいひとときを過ごせるので、興味をもたれた方は参加してみてください!

 募集要項については中井精也先生のブログ「1日1鉄!」で時々 告知されているので、そちらをみてください! 
 中には国内だろうと、海外だろうとすべてのツアーに参加される猛者の方もおられるそうですよw 

おしまい

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ