chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











旅行日記

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #2 プロの鉄道写真家の撮影現場で一緒に撮影!?



 2015年に開催された「いすみ鉄道」の熱血写真塾に参加させていただいた時は、夕食後に講評会が開催され、夜遅くまで参加者が撮った写真について中井精也先生からコメントがいただけたのですが、残念ながら今回は講評会はありませんでした。

 理由を聞いてはいませんが、おそらく…

「翌朝5時にホテルを出発するので講評会をしている時間がない!」

 といったところですね。
 夕食を食べ終えて部屋に戻り、風呂に入ったりしているとあっという間に翌朝に備えて眠りにつかなければならない時間となっていたので、講評会まで開催されていたらぶっ倒れてしまいますw

 でもね、撮影テクニックなどについては、撮影ポイントでお手本の構図やカメラの設定などについて現地指導していただけるので安心してください!
 アシマネのケンちゃんが列車がやってくるまでの時間を教えてくれたりもしますよw



 まぁ…、撮影ポイントで「中井精也先生の姿が見えないな…」と思ったら、



 こんな具合に真剣な表情で初音ミクの写真を撮っておられたりすることもありますがw
 ということでワタクシが持参したダンボーとツーショットで撮影させていただきました!




●塘路湖畔 サルボ展望台

 さて、2日目の朝、最初に向かった撮影ポイントは塘路湖を望むサルボ展望台なのですが、



 こんな具合の山道を登ったり、



 撮影ポイントでは草むらの中に座りこむことになるので、中井精也先生の撮影ツアーでは動きやすい靴と服装は必須です!


 
 なんというか…、

 プロの鉄道写真家の撮影現場で一緒に撮影している感じ…

 なのかな?
 実際、一日一鉄の撮影現場に同行させてもらっていますしw
 ちなみに、服装の注意事項は旅の栞にちゃんと書いていますよ!

 ということで、朝靄が残る中を駆け抜ける列車をこんな具合に撮ってみました。




 

●シラルトロ沼

 次に向かったのはシラルトロ沼を望む高台ですが、



 ここも200mmの望遠レンズじゃちょっと厳しかったかな…。





 ワタクシの腕ではこんな具合に表現するが精一杯でした。


●厚岸湖

 そして、この日最後に向かったのは、釧網本線ではなく…またもや根室本線の厚岸駅です。



 その昔ここから撮影した写真が青春18切符のポスターに採用されたこともあったのだとか…。
 そのくらい有名な撮影ポイントで、厚岸湖沿いにやってくる列車をこんな具合に撮ったり、



 カーブにさしかかった列車をこんな具合に撮ってみたのですが、





 この日、最大のヒットはこの一枚かな。



 なんと中井精也先生のブログとほぼ同じ構図で撮っていたんですよ!
 まぁ、ワタクシの写真は影になって見えづらくなっていたところを現像で調整してしまったんですけどねw

 ここでこの日の鉄道の撮影は終了となったのですが、宿への帰り道にすでに廃線となった標津線の奥行臼駅へ立ち寄ることとなったので、在りし日に想いをはせてセピア調で撮ってみました。





 そして、ふと空を見上げると良い感じの雲行きになっていたので、こんな具合に撮ってみたのですがいかがでしょうか!?



3日目につづく

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #1 最高の撮影場所を目指せ!



 NHKで絶賛放送中の「てつたび」やTBS系列の「ヒルナンデス」などで人気の鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅に参加させていただきました。 



 中井精也先生の作品はゆるーい雰囲気の漂うローカル線を情緒豊かに表現するのが特徴で、この撮影旅行に参加できることを楽しみにしていたのですが、出発の約1週間前に届いた旅のしおりを見てビックリしましたw

image

 なんと…

 行き先が釧路から網走方面ということだけで、詳細な内容がほとんど決まっていなかったんですw

 しかし、これには理由がありまして、その日の雨や風など気象条件によって最適な撮影場所を臨機応変に変更したいという中井精也先生の意向だったのでした!

 そして、あっという間に旅行当日となり、釧路空港へ降り立った我々はどこへ向かうことになるのかドキドキしながら中井精也先生の決断を待っていたら…、


「飛行機から見下ろした感じだと湿原に霧がかかっていそうなので、釧網本線へ行くのは諦めて根室本線の撮影に変更します!」


 なんといきなり「釧網本線 撮影の旅」というタイトルに抗う決定がくだされたのでしたw
 
 ということで、根室本線 音別駅近くの小高い丘へ移動し、



 こんな具合に撮ってみました!









 そして、この近くには良い感じの鉄橋もあったので、



 一人本隊から離れて撮りに行ってみた写真がこちらです。





 ちなみに、音別駅の周辺にはもう一つ撮影ポイントがありまして、



 こちらでも撮ろうとしたのですが…、



 最大200mmの望遠レンズしかもっていないワタクシには少し厳しい場所だったのでした… (ノД`)

 1000mmの望遠レンズを持っていれば、この日の中井精也先生のブログのような写真を撮れたらしいんですけどね
http://www.ichitetsu.com/2016/05/5-07f5.html

 ということでこの日の撮影を終えて宿に戻った後、湿原の奥に沈みゆく太陽を眺めたりしていると、あっという間に初日が終わったのであります…。





つづく

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

タウシュベツめっちゃ良かった!

早朝5時からのツアーに参加して近くからタウシュベツ橋梁を見学してきました!
あとでちゃんとした記事にしますが、一見の価値ありです!
image
image
image
崩壊の危機が迫っているらしいのでお早めにどうぞ!!!


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

帯広競馬場で食べた豚丼はテリテリで柔らかうまーで、ド迫力のばんえい競馬とあわせて二度楽しめる!

人生初競馬です
重い荷台を牽きながら競うばんえい競馬は迫力満点ですね!
image
image
image
image
競馬を見るのは初めてでしたが、スゴくたのしめました!
ウチの近くにあったら写真とりに通うかもw

そして、隣の建物にある「豚丼 たむら」で美味しい豚丼弁当までいただくことにしたのですが、
image
柔らかい肉に、秘伝のソースがからみあうとテリテリで美味かった!
image
ごはんにこのソースかけるのは反則!
何杯でも食べられるかもw
image
欲を言えばもう少し量が食べたかったかな。
ごちそうさんでした!
image
ちなみに人生初馬券も買ってみました。テキトーに単勝馬券をかったのですが、ハズレちゃいましたねー。ま、楽しませてもらったので入場料みたいなもんですねw


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

水ヶ塚公園で富士山を撮ってみた

 山中湖でダイヤモンド富士を撮影する前のことなのですが、水ヶ塚公園で富士山を撮ってみました。



 この公園は夏の富士登山シーズンは富士宮登山口へのシャトルバスの発着場所となるみたいですね。



 広大な駐車場の一角に来シーズンに向けて新たな施設が建築中でした。
 雪の時期には子供たちがそり遊びをする広場などがあったのですが、雄大な富士山の姿を眺めながら滑り降りると気持ち良さそうですね!



 まぁ、子供は富士山に興味はないでしょうし、親は子供が気になって富士山どころじゃないかもしれませんがw

 そして、雪道を踏みしめながら展望台の方へと向かい、



 上半分が白く染まった富士山の姿を堪能したのでした。
 




 これは桜…なのかな?
 まだ寒い雪景色の中で春の準備をしている木々も印象的でありましたとさ。



おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

山中湖でダイヤモンド富士を狙え!

 前回は残念ながら降りしきる雪のおかげでダイヤモンド富士を見ることができなかったので、翌週 一人でリベンジ撮影に出かけてきました!



 良く晴れたこの日は山中湖ごしに富士山の山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士を確実に見ることができそうだったのですが、すでに大勢のアマチュア写真家が集結していたのです…。



 なんとか空いている場所を確保し、ゆっくりと沈みゆく太陽を眺めること約1時間…。
 山頂の左肩に沈みゆくダイヤモンド富士を撮影することに成功したのでした!







 そして、そのまま夕焼けも撮影しようとしたところ、雲が少なかったせいかあまり焼けなかったのですが、こんな逆さ富士の光景も見事なもんですよね!





 あとは、日が沈む前に撮影したこんな光景もお気に入りの一枚だったりします。



 もうちょっと広角に鴨をとらえれることができればよかったかな…。

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

降りしきる雪の山中湖にて…

 千畳敷カールで白銀の世界を堪能した後に向かった場所は山中湖です。
 富士山の山頂に太陽が沈んでゆくダイヤモンド富士と呼ばれる光景を撮りにむかったのですが、残念ながら午後から天候が悪化していき、山中湖の奥に見えていたはずの富士山の姿すら見ることはできませんでした… orz



 ということで、目的を切り替えて降りしきる雪を撮る練習をしてみたのですが、なかなか難しいですね…。





 すっかり日が落ちた中で寒さに耐えながら撮影を続けた中でのベストショットはこれかな…。



 真っ白な世界の中でくちばしの色だけが引き立っておりなかなかのお気に入りの一枚となりましたw

 こうして早朝から出発した千畳敷カールと山中湖の2箇所のフォトウォークを無事に終えたのですが、1日で2箇所まわるのは少し欲張りすぎたかもですね。
 次回はもっとゆっくりと回るプランを立ててみたいと思います!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

真冬に白銀の千畳敷カールへ行ってみた

 以前、木曽駒ヶ岳の登山で紅葉に彩られた千畳敷カールを紹介させていただきましたが、今回は深雪に埋まり白銀の世界となった千畳敷カールをレポートさせていただきます。



 今回はブログ仲間であるDigital Life Innovatorのマサさんと二人で行ってきたのですが、中央自動車道の駒ヶ根ICから約5分の場所にある菅の台バスセンターの駐車場に自家用車を停めて、



 シャトルバスでロープウェイ乗り場「しらび平」へ移動し、



 約10分ほどロープウェイに揺られると、



 そこに待ち受けているのは一面の銀世界です!



 真冬の千畳敷カールは氷点下15度以下にまで冷え込むのですが、我々が訪れた日は快晴だったおかげで体感的にはそこまで寒いと感じることはなかったかな。



 ちなみに、あちらに見えますのが宝剣岳で、



 ワタクシが秋に登ったときに心の清い方にしか見えない宝剣を掲げた場所ですw



 山頂から麓を眺めてみた眺望も抜群で、



 さっそく登山道の方へ向かおうとしたのですが、



 残念ながらスノーシューやアイゼンなどの冬山登山装備がなければこの先へは進むことができません。





 人の姿が米粒のようにしか見えていませんが、たしかにこの急坂を登るにはアイゼンが必須でしょうね。
 そのような装備の準備をしていなかった我々は、ロープウェイ乗り場の建物の外周付近を小一時間ほど写真を撮りながら散策して下山することにしたのですが、それ以上滞在すると寒さに耐えきれなくなりそうだったので、あまり遠くに行けなくてもちょうど良いくらいの案配なのかもしれません。

 下山後は、駒ヶ根IC近くの「明治亭」で名物のソースカツ丼をいただいたのですが、



 ボリューム満点で美味しかったです!




つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

一足早めの花見@太田山公園

 ちょっと時間があったので、木更津で有数の花見スポット「太田山公園」へ行ってきました。



 残念ながらまだ一部咲きの状況でしたが、



 ほとんどの蕾がいつ咲きだしてもおかしくないような状態だったので、来週には見頃になっている!?気がします。

 この公園は木更津市内でも小高い丘の上にあって、




 日本武尊がこの丘から眺めたことがあるという伝説もあるらしく、



 塔の先端に立つ銅像をこんな具合に撮ってみましたが、サクラが咲いてくれていたらもっとよかったんだけどな…。



 ちなみに塔からは市内を一望したり、



 遠くアクアラインを眺めたりすることもできます。



 ちなみに、これは2014年に撮った写真ですが来週はゆるキャラのきさポンと会えると良いなw

 

 天候次第ではありますが、来週に予定しているお花見クルージングの後に行ってみたいと思います!

おしまい 




 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

『冬の美瑛』の記事がスマートニュースとLINE NEWSに掲載されました!

 Linkトラベラーズに寄稿した『冬の美瑛』の記事がスマートニュースの「トラベル」、LINE NEWSの「おでかけ」に掲載されました! 

imageimage

 今回の記事については時間をかけて気合いを入れて書いたので、こうやって広がっていっていくと頑張った甲斐があったってもんですw
 残念ながらスマートニュースの方はあっという間に見れなくなってしまったんですけどね…。
 


 あと1本 旭山動物園の記事が今日?公開される予定なので、そちらの方も読んでもらえると嬉しいです!



 ちなみに次回作は、木曽駒ヶ岳の千畳敷カールの冬景色の予定です。
 なるべく早めに記事化しますので、もうしばらくお待ちくださいませ〜。



おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ