chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











聖地巡礼 究極超人あ〜る

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #10 ツーリング 石廊崎→伊豆急 河津駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
 個人的に大満足の聖地『石廊崎』探訪を終え、ワタクシが次に向かったのは伊豆急 河津駅です。

R04

 アニメではバスなどの公共交通機関を利用してバス乗り場のある駅へ向かったようですが、



 ワタクシの脚はもちろんこの MR4 『轟天号』です!

 風光明媚な海岸線を写真に収めつつひたすら北上を続け、






 約31kmの距離を120分ほどかけて河津駅に到着!
 しかし、まわりにはロクに食事を食べられるような店は見当たりません…。



「参ったな…、下田駅みたいに駅前はなんかあるだろーと思ってたのに…」
「まぁ、この先が正念場だし、食事は軽くコンビニで済ませておくか…」



 こうしてこの日の昼食はコンビニの駐車場で侘しく済ませましたとさ。

つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #11 天城越え その1 伊豆急 河津駅→伊豆箱根鉄道 修善寺駅 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ”究極超人あ〜る”のOVAで描かれたルートを辿る旅の初日(東京駅→豊橋駅)で、最大の正念場がやってきました!

 アニメでは、ボンネットバス『伊豆の踊り子』号に乗り損ない、

R07

 山中を徒歩でさまよっていたところにたまたま通りがかった土木研究会のトラックに救われるという神展開なエピソードとして描かれていますが…、

2013923_00

 ワタクシは伊豆急 河津駅から伊豆箱根鉄道 修善寺駅まで約36kmの区間を自転車で駆け抜けなければなりません!

 距離的にはそれほど長くはありませんが、問題は演歌のタイトルとしても名高い『天城越え』をしなければならないことです。

 wikiによると、天城峠の標高は710メートル前後となっています。
 以前、伊豆大島の三原山をヒルクライムした時は、あまりの急坂に「全行程の半分くらいは自転車を押して歩いたんじゃないか!?」という状況に陥ったことがあるのですが、今回の『天城越え』も同じくらいの標高なんです…。



 何度か立ち止まって休憩を挟まざるをえないことを覚悟しつつ、天城峠へのアタックを開始したのでした。
 今日は…、
 

 
 ここで頑張るためにペース配分していたんです!



つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #12 天城越え その2 プロトレックが活躍!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今年の富士山登山では、CASIOのアウトドア腕時計プロトレックの『高度表示』機能にずいぶん助けられました。
 今回は自転車で天城峠を越える場合でも「『高度表示』機能は使えるのか!?」というこうことを評価してみます。

 まず出発地点である伊豆急行線 河津駅近辺は標高28メートルと表示されていました



 ここからドンドンと内陸部へ向けて走り続け、やがて見えてきたループ橋に、



 ウンザリして休憩した場所の標高は189メートルで、息を整えて気合いを入れて登り始めたら意外に楽に踏破できたループ橋の上の標高は246メートルを表示していました。
 このループ橋だけで一気に50メートル近く登っているのですね!

 ちなみに、ループ橋の上からみた眺めは



 なかなか圧巻でしたよw



 トンネルで大型トラックに追い越されるなどヒヤッとすることもありましたが、



 プロトレックの高度表示で状況を確認しつつ、路肩で時折休みながらマイペースで登り続け、



「新天城トンネル キターーーーッ!!!」

 ついに天城越えを成し遂げましたw

 その時の標高は613メートル!



「今回も長く…、苦しい道程でした…」

 でも、プロトレックがあれば自転車を漕ぎながらでも高度を確認することができて、ペース配分することができたし、



 自転車で峠越えをする時にもプロトレックは使える!!!



 そう思いましたとさw

つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #13 天城越え その3 日没

このエントリーをはてなブックマークに追加
 長く…苦しかった天城越えをついに成し遂げました!
 あとは下るだけですが、峠を越えたあたりですでに…、



 萌え燃え尽きていた…



 かも…。
 疲れを妙に引きずっていた感じがしたので、



「少し休憩すれば回復するかもしれない…」



 と、一縷の望みを託して道の駅『天城越え』に立ち寄り、



 名物?のわさびソフトを食べて見ました!





 お味の方は…普通…かな…。

 一口頬張ると、まずバニラの甘みが口の中に広がっていき、後からわさびの辛みがツーンとくる感じでした。
 ちなみにこのあたりの名物は”わさび”らしく、おろしたての”わさび”の辛みは普段口にしている普通の”わさび”とは一味違ったかもですw

 一服し気合いを入れ直してから、”轟天号”のペダルを再び漕ぎ始めたのですが…、



「ダメだぁ…、脚に力が入らない…。」



 思うように動かない足を気力だけで回し続け、



「修善寺駅に着いたー!」

 しかし、時間はすでに18時をまわっており、日暮れの時間も近づいていたので、



「明日も頑張らないとだし、今日はここまでにして後は電車で移動するか…」



 そう決断を下さざるを得ませんでしたとさ。
 ホントは三島駅あたりまで自転車で行きたかったんですけどねw

つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #14 伊豆箱根鉄道 修善寺駅 → JR 東海道線 豊橋駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
 天城越えで体力を使い果たしてしまったワタクシは修善寺駅で自転車を輪行袋に収め、



 伊豆箱根鉄道に乗り込んだのでした。
 初めて乗った電車からの眺めに最初は興奮していたものの、一日自転車を漕いだ疲れにいつの間にか眠りに落ちてしまい…、



 あっという間に乗り換えのJR 東海道線 三島駅に到着したのでした。
 そして、この先…金曜日の夜の東海道線は…、


 けっこー混雑していたんです…


 他の乗客の方の迷惑にならぬよう自転車を抱えつつ、ようやくこの日の最終目的地である豊橋駅に到着したのは…、



 22時すぎのことでした…。

 駅近くの王将で貪るように遅い夕食をとり、予約していたホテルにチェックインした後は、崩れ落ちるかのように眠りこけたのは言うまでもありませんw

 なんせ…、 



 翌日も早起きして、かなりのハードスケジュールをこなさなければならなかったんでね…。



つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #15 飯田線 豊橋駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今回の旅の初日も早起きして東京駅を出発し、自転車で伊豆半島を駆け巡るというハードな一日を送りましたが2日目も過酷です。
 
 この日も朝5時30分に起床し身支度を整えてホテルを出発!

R08



 豊橋駅は石廊崎の灯台とは違い、20年もの月日を経るとすっかり様変わりしてしまいましたが、

R09



 光画部の面々が野宿していたであろう場所は現在も仮眠場所になっているとはねw

R10



 ほどなく定刻通りの時間にやってきた電車に乗り込んだワタクシは、



 電車の揺れに身を任せながら、パシャパシャと写真を撮りつつ車窓からの眺めを楽しんだのでした。
  
 ちなみに、『究極超人あ〜る』のOVAでは飯田線の各駅に置かれたスタンプを集めつつ、最終目的地である”伊那市”駅へ向かうのですが、さすがにそこまでは再現していませんw

 でもね…、



 スタンプラリーの代わりにあるネタを考えてみました!
 もうすぐ明らかになるのでお楽しみに〜



つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #16 飯田線の旅

このエントリーをはてなブックマークに追加
 飯田線の旅の醍醐味。
 それは…、



 風光明媚な景色でしょう!

 豊かな自然が織りなす景色は…、



 何度見ても心が癒やされます!

 休日の…しかも早朝に出発する電車だったせいか、ワタクシ以外の乗客はまばらにしかいません。



 ガタンゴトンと揺れる電車に身を任せ、



 朝靄にかすむ山並みを見たり、



 皇太子妃の旧姓と同じ”小和田”駅などを写真に撮っていると、この日の最初の目的地に到着したのでした!
 その場所とは…、



 次回のお楽しみ!ということでw



つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #17 秘境駅 田本

このエントリーをはてなブックマークに追加
 『究極超人あ〜る』のOVAの足跡を追う旅として次に向かうべき場所は『下山村駅』で、電車とのガチバトルをしなければなりません!
 しかし、その前に秘境駅として知る人ぞ知る『田本駅』に立ち寄ってみました。



 秘境駅と呼ばれるだけあってこの駅で下車したのはワタクシ一人です。
 乗ってきた電車を見送れば人っ子一人いませんw

 この写真だけを見れば、



「なんてことない普通の田舎の駅じゃないか?」

 そう思われるかもしれません。
 なぜこの駅が秘境と呼ばれているのかと説明すると、



 駅の右側は切り立った崖、左側には川が流れており、人が歩いて行ける道はありません。



 そして、電車の進行方向で北側 岡谷方面はこのようにトンネルが続き、こちらにも人が歩いて行けるような道はありません。



 この駅から人が歩いて出ることのできる道は南側 豊橋方面に一箇所あるだけで、



 細い階段をあがったところにあるのは



 車で近付くことのできない獣道のような細い道だけなんです!
 これがこの駅を秘境たらしめている理由なのでした。

 ちなみに、wikiによるとこの駅は1日平均一人くらいしか乗り降りしないみたいですw

つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #18 秘境 田本駅の周辺を散策してみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 田本駅の待合室で時刻表を見て、



「さっき乗ってきた電車がAM8:49発の下り線だから、次にこの駅に電車が来るのはAM9:40の上り線か…」
「待合室に自転車を置いて、ちょっと探検してみようw」

 ということで、自転車に鍵もかけずに田本駅に通じる唯一の南側通路を少し進んでみると、



 道が二手にわかれました。
 右側の道を選び、



 うっそうと生い茂る林の中の小道を進むと、



 小さな吊り橋が現れ



 さらに進んだ先に待ち受けていたのが、



 天竜川の対岸まで通じる大きな吊り橋です!

 この吊り橋を利用するのは人間よりも鹿などの動物の方が多いのかもしれませんね…。
 というのも、橋の通路には動物の糞らしきものがあちこちに落ちており、



 天竜川の雄大な流れに気をとられていると、糞を踏んづけてしまいそうになってしまったからですw
 対岸まで渡りきった先には見所がなさそうだったので、



 来た道を引き返し、



「民家が見える!」とか思いつつ、



 田本駅まで引き返していったのでした。

つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

【聖地巡礼】究極超人あ〜る 轟天号を追いかけて2013 #19 田本駅からの脱出!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 田本駅に戻って自転車を回収し、次の下り線の電車が来るまで待合室で待つ…ワケないぢゃないですかw

 ワタクシには自転車があります!

 輪行袋に収めた自転車を右肩に担ぎ、



 先ほどの通路を今度は左へ進みはじめたのであります!



 大粒の汗を流しながら必死に登っていると、なにやらガサッ、ガサガサッと何かを払うような物音がしたのです…。



「こんなところでなんで!?」
「鹿かイノシシでもでるのか?」



 と警戒したものの、実はこの音は…、

 
 地元の中学生が通路を箒で掃除してくれていた音だったのでした。
 ご苦労様です…。



「こんにちわー」



 と挨拶をかわしながら歩きつづけ、



「やっと舗装道路にでたーーーw」


 ちなみに、プロトレックで高度を調べてみたところ、



 田本駅の標高は340メートルで、



 奈川商店のある舗装道路の標高は476メートルでした。
 時間的には約20分ほどかかっています…。
 
つづく

 ※探訪地…長野県伊那市(飯田線 下山村駅、伊那上郷駅、田切駅、伊那市駅など) 

  wmplayer 2013-07-24 00-56-50-82 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ