chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











レビュー AMN

CASIO スマートアウトドアウォッチ ファンミーティング 〜PROTREK WSD-F20活用レポート〜

_M3_4020_180717_Blog

 アウトドアアンバサダーのイベントに参加させていただきました。
 以前、CASIOのPROTREKを美瑛での写真撮影や尾瀬 燧ヶ岳の登山などに活用してみたレビューを書かせていただきましたが、今回は登山家の花谷泰広さんとアンバサダー代表3名が、どのように活用しているのか説明していただきましたので、その模様をレポートさせていただきます

●登山家 花谷泰広氏の活用レポート
 花谷氏は信州の山小屋を拠点に、山岳ガイドをしたり、ヒマラヤなどの登山に挑戦されている現役の登山家です。

_M3_4025_180717_Blog

 そんな花谷氏は、アウトドアスマートウォッチ PROTREK WSD-F20と太陽光があれば使い続けることのできる従来型のソーラー充電対応PROTREKを使い分けておられるのですが、基本的には電波状況がよく山岳マップも充実している国内で登山ガイドをするときにはスマートウォッチWSD-F20を使い、地図も電波もない海外で登山するときに従来型のPROTREKを使われているのだそうです。

 理由を聞いてみれば一目瞭然ですねw

 なんでも登山ガイドをしているときに、地図を広げなくても、歩きながら腕をみるだけで現在地を把握できるので、歩くペースはそのままでお客さんに次の休憩地点までの距離を案内できるのは、かなり役に立つんだそうです!

 ただ、バッテリーが持たないことについては改善要望としてあげられていました。
この問題はワタクシも実感してまして、二日くらいは充電なしで持つようになって欲しいな…というのが正直なところです。
 あとね、充電ケーブルがマグネット式で外れやすいのも問題で、枕元に置いて寝ていると寝返りをうった拍子にケーブルが外れてしまい、翌朝充電できていない!ということが何度かあったのです…

 しかし、そんなユーザーの不満の声がCASIOに届いたようで、なんと9月にWSD-F20専用充電クリップの発売が決定したそうです!

_M3_4049_180717_Blog

 これで歩きながらでもモバイルバッテリーで充電できるようになったかなw
 WSD-F20の同梱部品にして欲しいくらいの製品ですので、ユーザーの方は要チェックです!w

_M3_4052_180717_Blog


●アンバサダー代表の声


_M3_4036_180717_Blog

・モンスターさん(左)
 バイクのツーリングにWSD-F20を活用されています。
 以前はツーリング中にSNSなどのメッセージが届くと、駐車スペースを探してバイクを停めてからメッセージを確認していたのだそうですが、いまは運転中で両手が使えない状況であっても、少し腕を傾け時計でメッセージを確認できるようになったのは非常に便利なんだそうです!
 こういう使い道もあるんですね!

・ロベルト本郷三丁目さん(中央)
 主に登山で現在地を確認するのにかつようされており、腕をすこし傾けるだけでルート上の位置だけでなく、等高線の混み具合から坂の傾斜具合を予測できて便利なのだとか!
 この方ももう少しバッテリーの持続時間が長くなって欲しいと要望をあげておられていました。

・highfrontierさん(右)
 国内や海外に旅行に出掛けた時に、写真を撮った場所を記録するのに活用されているのですが、外出時にカレンダーに経路を記録しておき、乗り換えの経路を確認するのにも使われているのだとか!

_M3_4046_180717_Blog

 CASIOの開発者の方にも予測できない使い方ができるのですねw
 ちなみにこの方は充電が専用端子なので、USBのType-Cなど海外でも入手可能な標準的な端子への切り替えを要望されていました

●chawanの要望
 ワタクシは登山は年に数回程度しかしないので、主に日の出や夕焼けの写真撮影にWSD-F20を活用させていただいています。
 撮影地点をメモしたり、日没の時間と方向、潮の満ち引きを確認するのに非常に便利なのですが、撮影地点のメモできるのファイルの保存形式が貧弱で、使いにくいのを不満に感じています。
 adobeのLightroomで読み込める形式などに対応するか、CASIOの専用アプリの開発を要望させていただきます

 今後とも、よろしくお願いいたします!

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQ 4K カラーマネジメントディスプレイ SW271を写真展「輝きの瞬間」でスライドショー表示させてみた!

 BenQからお借りした4K 27inch カラーマネジメントディスプレイ SW271を、2018年6月8日から14日にかけて富士フォトギャラリー銀座で開催された写真展「輝きの瞬間」でスライドショーモニターとして活用させていただきました。

LRG__R3_1520

 ありがたいことに今回の写真展では3,000名以上ものお客様にご来場いただき、26点ほど展示していたプリント作品だけではなく、SW271に表示させたスライドショーまでじっくりと見学していただき、本当にありがとうございました!

 スライドショーでは、一人10点 計50枚の作品を展示させていただいたのですが、27インチというディスプレイのサイズはA2でプリントした作品の大きさとほぼ同じで、大きな違和感なく展示できたのではないかと感じているのですが、いかがだったでしょうか?

 ちなみにスライドショーに使ったアプリはWindows標準のPhotoビューアーで、ワタクシのTwitterでは大人気のサーバルのステルちゃん、鉄道写真家 中井精也さんの五能線撮影ツアーで撮影した中井先生の勇姿、岐阜基地で撮影したF-4戦闘機の勇姿などを流させていただきました。

kadono09_R3_4630_180114_01_4K

kadono03__R3_9972_180512_01_4K

kadono06_R2_09843_171119_01_4K

kadono08_R3_0535_180212_01_4K

kadono07_R3_1424_180526_01_4K

 もちろんアンバサダーとしてSW271の使い心地もアピールもさせていただきまして、画面を横から縦へ回転させたり、画像表示切り替えスイッチでモノクロ画面にしたり、機能的な便利ポイントから自宅で写真を現像するのに使ってみた感想などなど、カタログを配布しながらじっくりと説明させていただきました。
 今年のcp+でも、説明員として参加させていただいていたので、こういった説明はかなり慣れてきちゃったかもしれませんw

DSC_0351

DSC_0357

_R3_1490_180527_Blog

 おかげさまで大盛況のうちに閉幕することができましたので、また機会があれば第2回の写真展を開催させていただきたいと考えています。
 詳しいことが決まったらご連絡させていただきますので、そのときはよろしくおねがいいたします。

 また、最後になりましたが、BenQさん快くディスプレイをお貸しいただきありがとうございました。

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQ 4K 27inchカラーマネジメントディスプレイ SW271 お買い得価格の写真現像用ディスプレイ

M2_01038_180531_Blog

BenQさんからお借りしている4KカラーマネジメントディスプレイSW271のレビューです。
今回はこんな感じでレポートさせていただきます。


 ●設置
 ・簡単組み立て
 ・入出力端子と縦横画面切り替え

 ●Lightroomで現像してみた
 ・画面の広さと解像感が良いね
 ・sRGB、adobeRGB、モノクロの切り替えが便利!



●設置
・簡単組み立て
 SW271を購入された方が最初にビックリすることは間違いなく、梱包箱の大きさですね!

 ワタクシの愛車プリウスだと後部座席を倒さなければ入りませんw
 BenQの場合は量販店で購入される方はいないでしょうから問題にならないかと思いますが、覚悟してくださいねw

_R3_0800_180515_Blog

 箱を開けるとこんな感じで、ディスプレイとスタンド以外に遮光フードと各種ケーブル(HDMI、Display Port、USB-C、USB3.0)の入った箱が同梱されているので、接続ケーブルの類は購入する必要はありません。

_R3_0802_180515_Blog

_R3_0809_180515_Blog

 そして、ディスプレイの組み立ては簡単で、まずはスタンド部とアーム部をネジ固定して、ディスプレイ部をアーム部に差し込み、

_R3_0806_180515_Blog

_R3_0808_180515_Blog

_R3_0811_180515_Blog

 あとは、遮光フードをパチッバチっと組み上げれば終わりなので、15分あれば準備は完了です!
 遮光フードは横画面用と縦画面用の2種類が標準で同梱されているのは見逃せません!

_R3_4371_180624_Blog


・入出力端子と縦横画面切り替え

 背面の入力端子は左から、専用モード切り替え端子、HDMI2.0 2端子、ディスプレイポート1.4 1端子、USB Type-C 1端子、USB3.0 1端子!ヘッドフォンジャックと豊富に揃っており、左側面にはSDカードスロットと、USB3.0 2端子まであります!

_R3_0817_180515_Blog

_R3_0818_180515_Blog

 そして、画面の稼働範囲も上下、回転と大きく動くだけでなく、縦横に回転させることもできます!
 残念ながら表示を切り替えるのは手動となってしまいますが、タブレット端末ではないですから方向を感知するセンサーも搭載されていませんし致し方ないといったところでしょう。

_R3_0813_180515_Blog

_R3_0814_180515_Blog

_R3_0815_180515_Blog

_R3_0816_180515_Blog

 最後に、パソコンと接続しx-rite社から販売されているディスプレイキャリブレーターi1 display Proで色味を調整すれば準備は完了です!

 BenQのカラーマネジメントディスプレイにはキャリブレータ−は内蔵されていないため、別途 約3万円程度で購入できる他社製のキャリブレーターを購入する必要がありますが、BenQが専用のツールを無料配布しておりポチポチっと設定すれば約15分ほどでキャリブレーションは終了します。
 その間はテレビを見たり、家事をこなしていれば気付けば終わっているので、それほど時間をロスすることもないかと思われます。

 なによりカラーマネジメントディスプレイを2台並べて使う場合などは共用できますし、他社製のモニターやノートパソコンなどもキャリブレーションすることができるので、別売りというのは悪いことばかりではないのでしょうか!

_R3_0831_180515_Blog

 

●Lightroomで現像してみた
 早速、このディスプレイを以前から使用していたBenQ SW2700PT(27inch WQHD 2560x1400ディスプレイ)の横に並べて見ましたが、やはり良いですね〜!
 まず、同じキャリブレーターで同時にキャリブレーションすれば同じ色味で画像が表示されますし、片側に現像前の写真を表示させながら、もう片方で現像すれば違いを比較しながら作業することもできます。
 複数パターンの現像をした場合には、見比べることもできますね!

_R3_0822_180515_Blog

 4Kの解像度があるのでサムネイル表示させたときに表示できる写真の量も多いですし、

sw271

sw2700

 中井精也さんの五能線撮影ツアーで撮影したこの写真を4K解像度に現像して表示させると、4Kディスプレイの方は新緑の木々の葉が精細に解像されているのです!
 解像度を合わせて現像しているので当たり前と言えば当たり前なのですが、4K テレビなどに写真を表示させることを考えるとその意義は大きいかと思われます。

M2_00905_180512_Blog

_R3_1485_180527_70P

_R3_1486_180527_70P

 また、カラー表示をAdobe RGB、sRGB、モノクロにワンボタンで切り替えるスイッチも標準装備されていますので、ワタクシの場合はプリントする作品を現像する時にはAdobe RGB、webに掲載する作品を現像する場合にはsRGBに切り替えて使っていました。
 そして、モノクロボタンを使えば簡単にモノクロにした方が雰囲気がでる作品を簡単に選ぶこともできるので、このモード切替スイッチの中では一番つかっているボタンかもしれません。


_R3_1490_180527_Blog

DSC01194_170415_Blog-2

DSC01194_170415_Blog

 SW271 まぢでオススメです!
 次回は、このSW271を富士フォトギャラリー銀座で2018/6/8〜14に開催した写真展「輝きの瞬間」で、スライドショーを流すディスプレイとして活用してみたレポートをお届けします。

 お楽しみに!

つづく


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ドライブレコーダー KENWOOD DRV-830 安心快適ドライブを楽しもう! 駐車中の録画もできるよ

 以前、ブロガーイベントに参加させていただいたKENWOODのドライブレコーダー DRV-830を提供いただき、愛車プリウスに設置しました!

_R3_1493_180527_Blog

 DRV-830にはシガーソケットが同梱されているので本体だけ購入しても運転中に関しては自動録画されるのですが、電源をシガーソケットから供給しているため駐車中に当て逃げされるといった事件については対応できません。
 しかし、オプションで販売されているCA-DR100を購入すると、駐車中に衝撃があった際にも録画できるようになるのです!

_R3_1494_180527_Blog

_R3_1496_180527_Blog

 今回は、イエローハットなどの自動車用品店に作業を依頼せず、自分で愛車プリウスに設置してみたのですが、そんなに難しい作業ではありませんね。
 約2時間程度の作業時間で設置することができたので、興味のある方は自力での取り付けに挑戦してみてください!

 では、今回は下記のような内容でレポートします。



 1、開梱してみた! 付属品など
 2、自分でプリウスに設置してみた!
 3、実際に走ってみた!



1、開梱してみた! 付属品など

 まず、同梱物の内容はこんな感じです。

 本体
 シガーソケット・ケーブル
 取り付け治具
 マイクロSDカード 16GB
 取り扱い説明書
 保証書

_R3_1500_180527_Blog

 そして、モニター面はこんな感じで、

_R3_1501_180527_Blog

 カメラ側はこんな感じ、

_R3_1505_180527_Blog

 左側面には、2つマイクロSDカードのスロットがあり、

_R3_1506_180527_Blog

 右側面には、操作ボタンが配置されています。

_R3_1508_180527_Blog

 底面側には録画ボタンがあり、

_R3_1509_180527_Blog

 上面には電源コネクターがあるといった具合です。

_R3_1507_180527_Blog

 

2、自分でプリウスに設置してみた!

 本体のチェックが一通りおわったところで、愛車プリウスに自力で設置してみました。
 ぢつは、ワタクシはプリウスを購入したときにカーナビを自分で取り付けていまして、どういった手順で作業すればカーナビが外れているのかだいたい記憶しています。
 クルマの内装パネルをバリバリっと外してカーナビを引っ張り出し、

M2_01043_180603_Blog

 背面のコネクターから、アクセサリー電源とメイン電源、そしてアースの3本を接続すれば、こちら側の作業は終了です。

M2_01040_180603_Blog

M2_01042_180603_Blog

 あとは、ドアピラーの内装を剥がして配線を引き回し、

M2_01047_180603_Blog

 ドアミラーの背後の運転手側に取り付けてみました。

M2_01056_180603_Blog

 あとは、エンジンをかけてDRV-830が起動すれば、画面の指示通りにセットアップするだけです。
 ちなみに、駐車録画についてはエンジン停止してから何秒後から衝撃を感知しだすかの設定がありますので、忘れずに設定する必要があるようです!

M2_01052_180603_Blog

M2_01053_180603_Blog

 そして、車線からのはみ出しや、発進遅れ、追突防止警告といった運転支援機能の設定もできますよ!

M2_01054_180603_Blog

 ただ、こちらの方は赤信号の最前列で停車している時に、横から前方を通過したクルマに対して反応したりすることがあるのでお気をつけ下さい…。


3、実際に走ってみた!

 ということで、早速 クルマをはしらせてみました!
 昼間にアクアラインを走ってみた動画をキャプチャーした画面がこちらで、GPS信号を受信していれば北緯や東経に加え、走行スピードまで検出しているのに対し、トンネルの中では当然ながら受信できていません。

180622_01

180622_00

 そして、ここからは静止画撮影ボタンで撮影した写真です。
 トンネルの前後で明暗差の激しくなっても映像が破綻していないのはおわかりいただけますでしょうか?

180607075352

180607075522

 最後に、夜の雨という最悪の環境で撮影したのがこちらです。

180609001323

 これだけ撮影できていれば万が一事故が発生した場合にも証拠映像に活用できるかとおもいます!
 ワタクシは週末になると写真撮影であちこちへクルマを走らせているので、ありがたく活用させていただきます。

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQ ホームシネマプロジェクターHT 2550で大画面ムービー鑑賞を楽しもう

M2_01060_180609_Blog


 BenQアンバサダーとして、4K HDR対応ホームシネマプロジェクターをお借りしました。
 入力端子として、HDMIが2端子とPC用アナログD-SUBが1端子などが用意されているため、PS4 Proなどといったゲーム機(動画再生機)などでBlu-Ray動画を楽しむ以外に、会社などでパソコンを接続してプレゼンテーションなどにも活用できそうです!

M2_01062_180609_Blog

 操作体系として、リモコン以外にも本体正面に基本的な操作ができるようなボタンが用意されているので、「リモコンがどこにいったのかわからない!?」といった状況に陥っても安心ですね。

M2_01064_180609_Blog

M2_01068_180609_Blog

 次に、設置方法について説明すると、投光部に被せる保護キャップを外し、投影したい壁面に対する高さを調整して、つまみをフォーカスをあわせれば準備完了で、

M2_01061_180609_Blog

M2_01067_180609_Blog

M2_01065_180609_Blog

 あとは壁面に表示される画像にしたがって選択すれば、あっという間に設置は完了です。
 機械に詳しくない方でも特に問題なく設置できるかと思われます。

M2_01070_180609_Blog

 ということで、さっそく手持ちのBlu-Rayを再生してみました。
 残念ながら著作権の関係で画面を出すことはできませんが、やっぱり大画面で好きな映像を楽しむことができるのはよいですね!
 今回は自宅の壁に投影させましたが、本格的なスクリーンを購入して投影すればもっと精細な映像を楽しむことができるかと思います。

 また、音声については外部機器に接続した方が良いかとは思いますが、個人的には満足できる音はでています。
 内蔵されている冷却ファンの騒音もそれほどは気になりませんでした。

 最後に、プロジェクターをノートPCにHDMI接続し、自分で撮影したキツネの鳴き声の4K動画や、中井精也先生の五能線ツアーなどで撮影した4K写真も見てみましたが、動画はともかく写真はやっぱり液晶画面に表示させた方がよいかなw

M2_01073_180610_Blog

M2_01080_180610_Blog

M2_01081_180610_Blog

おしまい
 
 
 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

KENWOODの2018年度版 最新カーナビとドライブレコーダーを体験してきた!


 近年はあおり運転による死亡事故などの影響を受け、ドライブレコーダーの需要が年々増加しています。

 実際、街のカー用品店へ行けばさまざまなメーカーから販売されており、中には数千円で購入することができるものもあります。
 かくいうワタクシも数千円で購入できるものを使っていたことがあったのですが、どうもその激安ドライブレコーダーからは怪しい電波が発振されていたらしく、カーナビの位置情報が著しくずれてしまう症状が発生してしまったので結局は取り外してしまいました。
 いわゆる安物買いの銭失いってやつですね…

 そのためちゃんとしたドライブレコーダーを購入しようと物色しているところにお誘いいただき、横浜の赤レンガ倉庫で開催された「ル・ボラン カーズ・ミート2018 横浜」でKENWOODのカーナビとドライブレコーダーを体験させていただきました。

_R3_0919_180519_Blog


●ドライブレコーダー DRV-830

_R3_0905_180519_Blog

 ドライブレコーダーにとって最も重要なことは証拠を残すための録画機能です。

 KENWOODのドライブレコーダーは、トンネルの出入り口など明暗差の激しい場所でも鮮明な映像を記録できるHDR録画機能が搭載されているだけでなく、暗い場所でもくっきりと他車のナンバープレートなどを記録できるようになっています。
 もちろん事故などでドライブレコーダーが衝撃を感じた時には、その前後の映像が自動的に記録されるようになっており、慌ててドライブレコーダーの映像を選別して保存する必要もありませんよ!

 そして、DRV-830には最大128GBまで記録できるmicro SDXCカードのスロットが2つ搭載されているおかげで、WQHD(2560 x 1400)画質で最大21時間20分ほど録画できるようになっています。
 常時録画をつづけるドライブレコーダーはSDカードにとっては過酷な使用環境であり、中には数ヶ月で壊れてしまうこともあるのだそうですが、KENWOODの指定SDカードを購入すれば寿命がきた時には通知する機能が備わっており、『肝心なときに録画できていない』という事態を免れることができるようになっているのだそうですよ!
 
 ちなみに、オプション部品として用意されている高耐久pSLC方式を採用したmicro SDHCカードを購入すれば、通常のSDカードとは比べものにならないくらい長く使えるため、売値が少々高くてもその価値はあるそうです!
 

●カーナビ 彩速ナビ Type M

_R3_0908_180519_Blog

 ワタクシの愛車プリウスに搭載しているのは10年近く前に発売された他社製品で、しばらく最近のナビを使ったことはなかったのですが彩速ナビ良いっすね!

 何が良いって画面の操作感覚がスマホ同様なので直感的に操作できるだけでなく、画面のスクロールが早い! 
 年間3,600円ほど費用がかかりますが、ダウンロード版の地図データで年に2回ほど更新できるのも割安感あります。
※最初の一年は更新無料

 そして、このところの安全志向を反映し、高速道路などでは逆走を防止するためのアラートが画面に表示されるようになっていたりもするそうですよ。
 たしかに最近はサービスエリアの施設が年々充実しつつあるものの、上りと下りで共通の施設になっていたりして本線へ戻るルートが複雑になっているケースもあるので、こういうアラートが画面に表示されると便利そうです!

 また、彩速ナビはハイレゾ音楽を再生することにも力をいれており、実車の車内で試聴させていただきましたが、まるでライブ会場にいるかのような音楽を楽しむことができました!
 長時間ドライブが楽しくなっちゃいそうですねw

_R3_0910_180519_Blog

 最後に忘れてはならないのが、ドライブレコーダーとナビの連携です。
 対応するドライブレコーダーを購入すれば、前方と後方の映像を同時に録画することができるだけでなく、GPSで取得した情報と速度情報まで記録することができるのは安心できますね!

 とまぁ、こんな感じで最新のドライブレコーダーとカーナビを体験させていただきましたが、ワタクシが自分の愛車で使用しているモノと比較すると格段の進化ぶりで驚きました。
 ドライブレコーダーについては、後日モニターとして使用した感想をレポートする予定なのでお楽しみに!

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

BenQでアンバサダーとしてカラーマネジメントディスプレイの使い心地を説明してきました! cp+2018レポート その4

 カメラの祭典 cp+ 2018のレポート最終回は、BenQでのアンバサダー活動について報告させていただきます!

_R3_3316_180303_70P

 アンバサダーとしてどんな活動をしたのかというと、ユーザー代表としてカラーマネジメントディスプレイの使い勝手を説明させていただきました!

cha_03

 ホントはお客さんをBenQ社員の方に誘導するだけで良いと言われていたのですが、BenQ社員の方は他のお客さまに説明中のことが多く、お客さまを待たせるワケにもいかないかと思いまして

「私はBenQ写真ではありません。細かいスペックは把握しきれていませんが、ひとりのユーザー代表として使い心地を説明させていただきます」

 と断った上で、ワタクシも愛用している27inchのカラーマネジメントディスプレイSW2700PTの使い勝手を中心に「フォトコンテストに写真を応募するためにはカラーマネジメントされたディスプレイがあった方がよいこと」、「ボタンひとつでモニターの表示をsRGBや、AdobeRGB、モノクロなどに変更できること」などを説明させていただきました。

 これはBenQブースでプレゼンされていた駿河台大学の斎賀先生の受け売りなのですが、

_R3_3320_180303_70P

 「使われているカメラの1/3の価格のディスプレイを使うべし!」

 と説明させてもいただきましたw

 ちなみに、ワタクシが対応させていただいたお客さまの中には「ゲーミングディスプレイ」についての質問をされた方もいまして…、ゲーミングディスプレイのアンバサダーイベントに参加してて良かった!
 とココロの底から感じたこともありましたとさ。

 とまぁ、なかなか大変な1日ではありましたが、充実した1日をすごさせていただきました。
 また来年も機会があれば挑戦させていただきたいと思います!

cha_01


PS
 来年の抱負?
 BenQのコンパニオンのお姉さまの写真を真面目に撮影させていただこうかな!

_R3_3297_180303_70P

 開場前とかに背景に気を使って撮影してみたいっす、、、

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

cp のBenQブースでアンバサダーとして活動します!

明日 2018/3/4 パシフィコ横浜で開催されているcp+にBenQのアンバサダーとして参加させていただきます。

_R3_3315-01

新発売される24inchのカラーマネジメントディスプレイなど、お手頃価格であるにも関わらず実用的な写真家向けディスプレイが展示されていたり、

_R3_3300-01

めーんずスタジオのasukaさんや、studio9の中原さんが、新製品の使い心地をプレゼンされたり、

Screenshot_20180303-190226

SDカードに入れた写真をモニターで表示されている画像に近い色合いでプリントアウトするサービスなども実施されていたりしますよ!
是非、お試しくださいませ〜♪

_R3_3313-01

私も北海道で撮ったおキツネさまや、のんほいパークのサーバル ステルちゃんなど、お気に入りの写真をプリントアウトしてお見せします!
あと、冬コミの新刊「ほんものフレンズずかん」も持っていきますので、見てみたい方は一声かけていただけると嬉しいデス!

171230_C93_016_ほんものフレンズずかん01
M2_01491_170624_01
_R3_0994
LRG__R3_6129-01
LRG__R3_6166-01

ちなみにブースの場所はこのへんです

Screenshot_20180303-185826
Screenshot_20180303-185850



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ルンバをGoogle Homeで操作してみた!

 ルンバ890のレポート第3弾です。

DSC09840

 ちまたで話題のスマートスピーカーGoogle Homeにルンバが対応したと聞き、さっそく試してみました!
 どうやって掃除してもらうのかと言うと…



「OK、Google、ルンバに話しかけて」

 我が家の場合、2台ルンバがあるので…

「春風猫丸君で」

 とさらに話しかけるだけです!!!


Screenshot_20171218-231254

 スマホで操作せずとも複数のルンバを操作できることですね!

 いやー、よくできてるわ

 ちなみに、Google Homeの設定するには、ルンバのスマホのアプリを起動し、「スマートホーム」からiRobotのアカウント認証をするだけでよいハズなのですが、

Screenshot_20171217-233804


 iRobotのパスワードを忘れて探したりしているうちに、パスワード入力画面にたどりつけなくなり、ワタクシは少しだけ手間取ってしまいましたとさ…(T^T)

おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ルンバ890をルンバ980と同時に使ってみた!

 ルンバ890のレポート第2弾です。
 今回はお借りしているルンバ890と私物のルンバ980を同時に使ってみた感想をお届けします。

写真
 2台同時に使うと、掃除時間が早くなったり、キレイになるのかと思ったのですが、ぶっちゃけあまり変わりませんね…( ̄。 ̄;)
 ちなみに、ルンバ980の方で確認するかぎりでは、うまく掃除できていない場所もないようです!

画像
 そして、ホームベースが横に並んでいると、ルンバ890と980が逆に帰還することもあるのではないかと考えていたのですが、いまのところ出発した場所へ戻っています。
 自分のホームベースを認識しているのですかね???

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ