chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











富士山 登山 2013年

PRO TREKと行く富士山登山2013 #11 プロトレックが活躍! その2 コンパスと日の出の時間表示

このエントリーをはてなブックマークに追加
「9合目までの道中でご来光を拝もう…」

 そう決断して、ワタクシが7合目9勺を出発したのは、



 3:03のことでした。

 そして、それから約20分後に



 8合目を通過したのですが、




「地図には8合目から頂上まで90分かかるって書いてたっけ…」
「日の出の4:35分まで、あと約70分じゃ頂上にたどりつくのはもう無理だろ…」
「しかし、この寒さじゃ8合目で日の出を待つこともできないし、登るしかないんだよね…」


 ちなみに、ワタクシが日の出の時間が4:35であることを知っていたのは、スマートフォンで調べていたわけではなく…、
17503-582-293063



 プロトレックに日の出と日没の時間を表示する機能があるためです!
 ※写真は登山の翌日に撮影したため日の出の時間が4:36と表示されています

 そして、コンパス機能で東の方角を確かめつつゆっくりと登りはじめたのですが…、



「なにこれ…、東の方角に岩場があるじゃねーか…」
「これじゃ、ご来光が見えない可能性がある…」



 プロトレックのコンパス機能は、地図を見ながら方角を調べて現在地を確認するだけでなく、日の出や日没の方向を調べるのにも大活躍しますね!

 山岳愛好者の方だけでなく…、



 写真愛好家の方にとっても、この二つの機能は役に立つのではないでしょうか!?



 こうして日の出の時間は刻一刻と迫っていくのにも関わらず、東側の岩場は途切れる気配が見えず、少しでも良い条件の場所はないか…。
 焦燥にかられつつ少しずつ上へと歩みを進めていたワタクシにある光景が目に入ってきたのでした。



「こっ、この景色はっ!?」



つづく


1900 御殿場口駐車場 出発

2030 次郎坊 到着
2100 次郎坊 出発

2230 標高2,380メートル地点 仮眠開始
2330 標高2,380メートル地点 仮眠終了

2400 新6合目 通過

2440 6合目 通過

2520 7合目 到着
2540 7合目 出発

2550 7合目4勺 通過

2555 7合目5勺 通過

2640 7合目9勺 到着
2700 7合目9勺 出発
 

17503-582-293063



  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #12 ご来光

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日の出の時間が迫る中、ワタクシの目に飛び込んできた光景…。
 それは…、



 御殿場口の頂上にある鳥居だったのです!



「うぉ、まさか頂上にたどりつくとは…」
「いや、そんな感慨にふけっている場合じゃない。いまの時刻は…」



「4:25! 日の出まであと10分しかないっ!」



 こうなれば、もうラストスパートをかけるしかありませんよね!?
 残った気力を振り絞って一気に頂上まで駆け上がり、東側の空が開けた場所にたどりついたのは…、



「4:29か、ご来光の6分前だよ!」



 なんという劇的な展開でしょうか!?
 これ、まぢです。



 ノンフィクションなだけでなく、過剰な演出も一切していません!



 そんな劇的な展開で拝むことのできたご来光は、



 得も言われぬ荘厳なものでありました…。

 雲が多いし写真としては微妙なものかもしれませんが、数々の苦難を乗り越えてようやくこの場所にたどりついたワタクシにとっては最高の一枚です!!!
 誰がなんと言おうとこれだけは譲れねぇっすw

 もしかしたら…、



 一生の思い出となる一枚かもしれません!

つづく

1900 御殿場口駐車場 出発

2030 次郎坊 到着
2100 次郎坊 出発

2230 標高2,380メートル地点 仮眠開始
2330 標高2,380メートル地点 仮眠終了

2400 新6合目 通過

2440 6合目 通過

2520 7合目 到着
2540 7合目 出発

2550 7合目4勺 通過

2555 7合目5勺 通過

2640 7合目9勺 到着
2700 7合目9勺 出発

2830 御殿場口 山頂 到着
 




  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #13 山頂でご来光を撮ってみて思ったこと…

このエントリーをはてなブックマークに追加
 まるでアニメのような劇的な展開の結果、山頂でご来光を撮影することに成功したワケですが、ふと我に帰って周りを見渡してみると…、



 人だらけw

 ここは日本で最も標高の高い場所で、しかも朝4時30分なんですけどねw

 きっと日本で…もしかしたら世界でもこんなに多くの人々が同時に朝日を拝んでいた場所はないのではないでしょうか?w

 では、「ご来光を山頂で拝むことができた!」という達成感にひたりつつ、夢中で撮影した写真を何枚か紹介させていただきます。

 ちなみに、みんぽすさんからお借りしたZEISSレンズでも撮影しています! 

17499-582-293067

●ZEISSレンズ Touit 1.8/32とNEX-5Rで撮影








●SONY 標準ズームレンズ E PZ 16-50mmとNEX-5Nで撮影








 結果的に比較する形となってしまいましたが、2台のNEXで撮影したのは写りを比較するためではありません。
 最初はNEX-5RにZEISSレンズと標準ズームを切り替えて撮影しようと思って、荷造りを始めたのですが、



「レンズを付け替えるのめんどくせーなー…」
「そんなにかさばるワケでもないし、標準ズームレンズのおまけにNEX-5N本体も持っていっちゃえ!」



 レンズのおまけにNEX-5N本体がついてきてしまったというオチですw
 もしかしたらSONYの企画担当者の思惑にはまってしまったのかもしれませんね…。

 三脚も準備していたので、1台をしっかり固定して撮影し、もう1台は自由に構えて撮影…。
 という手はずでもあったのですが、日の出のわずか数分前に撮影地点に到着していたのでは三脚をセッティングするような時間的余裕があるはずもありませんw
 また、「三脚で固定して夜空を撮影してみたい」とも考えていたのですが、そんな余裕はなかったな…

 今回の登山を教訓としてあげるならば…、



「スケジュールには余裕をもって行動しましょう!」



 ということでしょうかw
 本腰入れて山頂でご来光を撮影したいのなら8合目あたりの山小屋に宿泊し、少し早起きして山頂に向かうのが良いと思います。

 正直…、



 山頂に到達した時点ですでに燃え尽きていた感は否めません…。



 疲労、高山病、寒さ…どの影響かわかりませんが、頭がぼーーーっとして撮影に集中できるような精神状態でなかったことだけは確かです…。

つづく

17499-582-293067

  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #14 プロトレックで標高3,776メートルを計測!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 やっとの想いでご来光を拝むことができたのでありますが、まだワタクシにはやらねばならぬことがありました。
 それは、



 もうあとほんの少しがんばって山頂から剣が峰に登り、
 プロトレックに標高3,776メートルと表示させることです!



 今回の登山で最大の目標です!
 これをやらねばここまで苦労してきた意味はありません!!!
 高山病にかかってフラフラになっていたとしても、今回ばかりは根性で剣が峰まで登るつもりでしたw

 そして、このときのワタクシの体調は…、



 普通…かな…



 なんと6度目の登山にして初めて高山病にかかっていなかったのです!
 ただし頭痛とまではいかないものの、頭に妙な違和感は感じていました。
 この違和感の影響でご来光の撮影に集中できなかったのは間違いないところです。
 でも、まぁ、耐えられないような違和感ではなかったので、



 御殿場口の山頂付近から少し先に見えていた剣が峰の気象観測台をめざしたのでした!



 火口のスケールに圧倒されつつ、一歩ずつゆっくりと歩き続けると、



 もう少しで到着ですw

 しかし、そこで待ち受けていたのは…、



 剣が峰の石碑で一緒に記念撮影するための長蛇の列でしたw

 ええ、ここまで着たからには並びましたとも!!!

 並び始めてから待つこと約30分…



 ようやくこの1枚を撮影することができましたw

 ちなみに写真は後ろに並んでいた方にお願いして撮影していただきました。
 こういうときは「助け合い!」ですよねw



 そして、石碑の奥にあるわずかな広場で、
 
17503-582-293064



 プロトレックに3,776メートルと刻みこませることに成功したのでしたw

 ちなみに文字盤に見えるまだら模様は雲が映り込んだものです。
 時計ってホント撮影するのが難しいです…。

 カシオさん!
 次期モデルは是非画面のキャプチャー機能を追加…できるわきゃないかw

つづく

17503-582-293064

  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #15 お鉢周り

このエントリーをはてなブックマークに追加
 剣が峰への登頂を果たし、



 プロトレックに3,776メートルと表示させるという今回の登山で最大の目標は達成できました。

 この後のことは正直どうするか考えていなかったのですが…、



「ちょっと頭がボーーっとするけど、体調に問題はないしお鉢周りをしよう!」



 ということで、富士山の火口の周りをぐるっと回る”お鉢周り”にでかけてみましたw



 場所によってはまだ残っていた残雪に足を滑らせないよう気をつけたり、



 富士宮方面からの眺めを楽しみながら歩いていると、



 朝日に照らされた荘厳な雰囲気の山中湖が見えましたw

 そして、



 御殿場口とは異なり大勢の登山客で賑わう須走口の頂上にある久須志神社でお守りを購入し、



 御殿場口からの眺めとは異なり圧倒的な迫力を見せる河口を眺めたり、



 ちょっと前まで立っていた”剣が峰”を反対側から眺めたりしていると、



 ”剣が峰”から約1時間ほどで御殿場口の頂上に戻ってくることができたのでした!

つづく


  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #16 頂上→8合目 下山開始! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 富士山の山頂でなすべきことはすべて終えました。
 後は駐車場まで降りるだけです。



 往路は暗くてなにも見えませんでしたが、



 昼間はこんな感じです。
 こんなゴツゴツした岩だらけの登山道を登ってくる人と道を譲り合いながら着実に進んでいたのですが…、



「どうもおかしい…」



 膝など肉体的な異常を感じる場所はないのに、なぜだか脚が動いてくれないのです…。



「睡眠不足が影響してるな…これは…」


 
 気力だけで脚を動かしつづけ、



 なんとか8合目にたどり着いたのでした。

つづく


0740 御殿場口 頂上 出発

0830 8合目 到着
 


  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #17 8合目→7合目5勺 限界!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 8合目の山小屋のベンチに座り、



 約20分ほど休憩していたのですが、



「休んでも体力が回復しない…」



 自覚はなかったものの、もしかしたらこの時すでに限界を超えてしまっていたのかもしれませんね…。



「登りは自分の体調次第で引き返す勇気も必要だけど、下りは根性で降りるしかないしなぁ…」



 覚悟を決めて8合目を出発し、



 7合目5勺までたどり着いたところで…、



「ダメだ…脚が動かない…」



「標高3136メートルか…」

 下りとは言え、まだまだ先は長そうです…

つづく

0740 御殿場口 頂上 出発

0830 8合目 到着
0850 8合目 出発

0940 7合目5勺 到着
 

  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #18 7合目5勺→6合目 大砂走り!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 思うようにペースが上がらないものの、ようやく7合目5勺まで下山することができました。
 7合目あたりまで降りると、御殿場ルートは登山道と下山道に別れます。

 ここから先の下山道は”大砂走り”と呼ばれ、



 砂浜のような黒い砂道が続きます。
 体調さえ万全であれば、



 走り抜けるように下山できる…



 のですけどね…。

 実際、毎年8月の第1日曜日に予定されている富士山駅伝に出場すると思われるランナーとおぼしき選手達がすごい勢いで駆け下りていましたw

 しかし、ワタクシの身体はもはや駆け下りることのできるような状態ではありません…。



 余分な体力を消費せぬようペース配分に気をつけながら歩き続け、



 ようやく標高2,810メートルのところまでたどり漬いたのでした。

つづく

0740 御殿場口 頂上 出発

0830 8合目 到着
0850 8合目 出発

0940 7合目5勺 到着
1000 7合目5勺 出発

1020 6合目への道ばた 到着
 

  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #19 6合目→5合目 あと少し…

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ワタクシが腰を下ろし休んでいた6合目への道ばたの標高は



 標高2,810メートルでした。

 御殿場口の頂上の標高は3,700メートル、駐車場の標高は1,440メートルなので、



「あと1,400メートルも残ってる…」



 と思うところですが、”大砂走り”は歩いていても…、



「ものすごい勢いで標高がさがっていくんですw」



 気力を振り絞って歩き続けると…、



 御殿場口の駐車場がかなり大きく見えるようになってきたのでしたw



「ここから先は”大砂走り”が浅くなるし、膝がちょっと笑いだしているから念のため少しだけ休んでおこう…」



 ようやく目の前に見えてきたゴールを前にして、道ばたで最後の小休止をとることにしたのでしたw

つづく

0740 御殿場口 頂上 出発

0830 8合目 到着
0850 8合目 出発

0940 7合目5勺 到着
1000 7合目5勺 出発

1020 6合目への道ばた 到着
1030 6合目への道ばた 出発

1110 5合目への道ばた 到着
 

  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

PRO TREKと行く富士山登山2013 #20 5合目→駐車場 状況終了!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 最後の休憩を終えた後、思うように動いてくれなくなった身体を気力だけで動かし続け…、



 約40分ほどかけてようやくゴールの駐車場に到着!
 もうね…、



 精も根も尽き果てました…



 しかし、ここから自宅まで車を運転せねばならないのですよね…。
 車に残しておいた飲料水や軽食で補給したり、車内で軽く横になったりして体力させたのでした…。



 自宅に帰り着くまでが旅なのですよねw



 ちなみに、このときプロトレックが指し示していた標高は、



 1,540メートルです。
 剣が峰の山頂以来補正はかけていなかったのですが、



 看板によるとこの場所の標高は1,440メートルなので、約100メートルほどの誤差があった模様です。
 まぁ、このくらいの誤差は仕方ないですよねw

 しかし…、



 今年は下山するのに4時間30分もかかったか…



 2012年に約3時間で下山できていた感覚が残っていたので、今年は下山が長く感じて仕方なかったです…。

つづく

0740 御殿場口 頂上 出発

0830 8合目 到着
0850 8合目 出発

0940 7合目5勺 到着
1000 7合目5勺 出発

1020 6合目への道ばた 到着
1030 6合目への道ばた 出発

1110 5合目への道ばた 到着
1125 5合目への道ばた 出発

1205 御殿場口 駐車場 到着
 


  富士山 登山レポート まとめ記事はこちら
  2008年から毎年1回のペースで登っています! 





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ