chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











ゆる鉄 撮影旅行

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 〜ユルくないマジな撮影旅行だった〜



 3泊4日で開催された『鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線 撮影の旅』に参加させていただきました。



 NHKの「てつたび」やTBS系列の「ヒルナンデス」などで人気の中井精也先生の作品は、ゆる〜い雰囲気の漂うローカル線を旅情豊かに表現するのが特徴で、今回は北海道の道東地域にある釧網本線や根室本線、石北本線の撮影ポイントへ案内していただき、構図や撮影テクニックなどを教わりながら撮影してみました。

 まず最初に向かったのは根室本線の音別駅周辺で、5月の終わりになってようやく新緑に染まり始めた草原や雰囲気のある鉄橋を駆け抜ける列車を撮影したり、







 青春18切符のポスターに採用された写真の撮影された根室本線の厚岸湖畔で、湖の彼方からやってきて原野の果てに去りゆく列車をこんな具合に撮ってみました。







 そして、石北本線の常紋峠では新緑に包まれた森の中のS字カーブを駆け抜けてくる列車を撮ることになったのですが、なんでもここはSLが現役だった頃から名の知れた撮影ポイントで、峠の登り坂をモクモクと煙をあげながら走るSLの勇姿はそれは見事だったのだとか…。
 今でも列車の天井をよく見てみれば、エンジンからゆらゆらと立ち上る陽炎が見えているんですよ!





 ちなみに、タイトルが『釧網本線の旅』なのに根室本線や石北本線まで出張しているのは、その日の天気や霧といった気象条件によって最適な撮影ポイントを中井精也先生が選んでくださったからです。
 北海道に到着して最初に訪れた撮影ポイントが釧網本線ではなく、根室本線だったことには少しビックリしましたけどね。

 他にも、釧網本線の塘路湖畔にあるサルボ展望台やシラルトロ沼を臨む高台から望遠レンズで狙ってみたり、





 釧網本線の札弦駅付近や、



 石北本線の緋牛内駅付近で撮ることになったのですが、



 札弦と緋牛内の2箇所については中井精也先生が現地で探し出された撮影ポイントで、車で2〜3箇所まわっただけでこれだけの場所へ案内してくださったのです。
 中井精也先生は国内でも海外でも撮影に出かける前にGoogleMapで事前に撮影ポイントを調べられているそうなのですが、GoogleMapだけでこれだけの場所を見つけられるのは凄いなぁ…。

 プロの鉄道写真家がどうやって撮影ポイントを探し出し、どこに着目して撮影するのか…

 中井精也先生の本気を垣間見せていただいたように思います。





 ということで、中井精也先生との撮影旅行はホントに楽しくて、あっという間に4日間が過ぎ去ってしまったのですが、旅行としてはちょっと普通じゃないです。

 なんせ毎日 朝5時にはホテルを出発して撮影ポイントに陣取り、食事と言えば夕食以外はほぼコンビニで調達することになります。



 近くに名物があれば美味しい「かきめし弁当」を食べることができたりもしますけどねw



 そして、軽い山登りもあったりするなど、



 ゆる〜い絵面とは正反対の大変さがありますが、



 それもこれも中井精也先生の「本気で撮影を楽しんでもらいたい」という気持ちの表れではないでしょうか!?




 ということで4回に分割してレポートした釧網本線の撮影旅行を1本の記事にまとめさせていただきました。

 ちなみに、次回の撮影旅行は2016年10月にスイスで開催される予定となっており、現在は参加者を募集中だそうです。
 興味のある方は中井精也先生のブログ「一日一鉄」のこの記事をご覧ください。
 ※募集の締め切り 2016/9/15まで   

 残念ながらワタクシは9日間も会社を休めそうにないので参加することは難しいのですが、他にも撮影旅行を企画中らしく、そちらの方へは可能な限り参加させていただくつもりです!

 最後になりましたが、中井精也先生や関係者の皆様、北海道では色々とお世話になり本当にありがとうございました!
 

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅

おしまい

※ 今回の撮影旅行については自腹で参加させていただきました。 


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #4 ユルくない真剣な撮影旅行だった!



 実はワタクシ…今回の撮影旅行には一人で参加させていただいたのですが、ホテルや撮影ポイントなどで何度か話しているうちに仲良くなった方がいまして、近日中に一緒に都電を撮影しに行くことになりました!
 同じ趣味を持っていれば、見ず知らずの方と打ち解けるのも早いもんですねw

 さて、中井精也先生との楽しかった撮影旅行も最終日となったこの日、最初に向かった場所は石北本線の常紋峠です。



 ここは峠の登り坂をモクモクと煙を上げながらやってくるSLを撮影できるということで、古くから名の知れた撮影ポイントだったのだそうです。
 そんな場所で新緑の木々に包まれた列車をこんな感じに撮ってみました。









 そして、この旅の最後の撮影ポイントとなった緋牛内の近くへ移動し、北海道の雄大な大自然の中を走る列車を撮ってみたのですが、



 なんと中井精也先生もここで撮影するのは初めてだったのだそうです!
 おそらく常紋峠から女満別空港へ向かう途中で撮影しようとGoogleMapで探し出された撮影ポイントなのだと思いますが、GoogleMapだけでこれだけの光景の場所を見つけ出せるなんてサスガの一言に尽きます…。

 ちなみにこの場所ではほぼすべての参加者の方が太陽に背を向ける順光側から撮影していたのですが、ワタクシだけは逆光側から撮影を敢行しました。
 これには理由がありまして、今回の旅では


 『太陽と絡めて列車を撮影する!』


 という隠しテーマを持ちながら撮影していたのですが、曇ったり、太陽の位置が悪かったりでそういった構図で撮れていなかったのです。
 しかし、ここだけは太陽を良い感じで捉えられそうだったので、あえて逆光側に移動して太陽と列車を絡めて撮ってみたのでした。

 ホントは太陽から旭日旗のような光条を出したかったのですが、太陽に少し雲がかかってフィルター状態となっていたのですね…。
 ちなみに、ホワイトバランスで色合いを変えて夕焼けっぽくして撮影した写真はこんな感じです。



 ということで、『釧網本線 撮影の旅』が幕を下ろしてしまったのですが、個人的には反省点もありまして、

 『200mmの望遠レンズだけでは苦しい』

 そう痛感させられたので、



 300mmの望遠レンズを購入してしまいましたw
 次回、撮影旅行に出かけた時はメインカメラのα7マーク2だけでなく、サブカメラで使っているα6000も持っていけば450mm換算のズームになるので望遠もだいぶ強化できたかな。
 さっそく小湊鐵道といすみ鉄道で試し撮りは終えたので、都電フォトウォークにも使ってみたいと思います。





 そして、今回の撮影旅行で訪れた場所の『雪景色』を撮影したい!!!

 と…、まだ夏にもなっていない時期から冬の到来を待ちかねていたりもしますw


●まとめ

 3泊4日の撮影旅行はホントに楽しくてあっという間の4日間でした。

 でもね、撮影旅行としては楽しかったものの、旅行としてはちょっと普通じゃないです…。

 なんせ毎日 朝5時にはホテルを出発して撮影ポイントに陣取り、食事と言えば夕食以外はほぼコンビニで調達することになるんです。



 近くに名物があれば美味しい「かきめし弁当」を食べることができたりもしますけどねw

image

 そして、軽い山登りもあったりするなど、



 ゆるーい絵面とは正反対の大変さがありますが、



 それもこれも中井精也先生の「本気で撮影を楽しんでもらいたい」という真剣な気持ちの表れではないでしょうか!?



 先日、秋に開催されるスイスへのツアーの募集がワールドファンツアーズの方で始まったようですが、国内旅行も企画中だそうです。
 きっと楽しいひとときを過ごせるので、興味をもたれた方は参加してみてください!

 募集要項については中井精也先生のブログ「1日1鉄!」で時々 告知されているので、そちらをみてください! 
 中には国内だろうと、海外だろうとすべてのツアーに参加される猛者の方もおられるそうですよw 

おしまい

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #3 名もなき撮影ポイントを探せ!



 3泊4日の釧網本線の撮影旅行レポートも3日目となりました。
 この日は釧網本線の釧路側から網走側へ移動する途中の札弦駅近くで撮影することにしたものの、中井精也先生はどこで撮影するのか最終的に決めていなかったのだそうです。

160529_中井精也_札弦2

 ということで、車を走らせながら中井精也先生が見つけ出した撮影ポイントがこちらで、



 こんな感じに切り取ってみたのですが、もうちょっとスッキリした絵面にしたかったかな…。



 そして、このあたりでもう一箇所ほど高台へ移動して撮影することになったのですが、こちらは線路が敷かれている場所を見誤り大失敗の一枚となってしまいましたとさ… (ノД`)

160529_中井精也_札弦1

 木と木の間にちょうど一両分の列車が収まると思ったんだけどなぁ…。

 ちなみに、中井精也先生は無闇やたらと車を走らせていたワケではなく、今年のcp+でも説明されていましたが、事前にGoogleMapで撮影ポイントの近くの風景をチェックして、

 『撮りたい』

 と写欲のそそる場所へ向かわれているのだそうです。
 どんな仕事も事前の準備を怠らないことが大切なんですね。

0228_中井精也の撮影場所選び

 ちなみに、この日の朝一の撮影場所は前日も訪れたシラルトロ沼の高台で、朝靄が残る中を駆け抜ける列車の姿をとらえようとしたのですが、残念ながら列車がやってくるまでに朝靄が消えてしまい、前日と同じような写真しか撮ることができませんでした。

 ただ、個人的に収穫だったのは、このくらい遠い場所から列車を狙おうとすると、青い水を入れるより、



 緑を多めにした方が列車が目立つ…ということかな。



 欲を言えば新緑の中を駆け抜ける列車の姿を撮りたかったですが、北海道は5月の終わりでもまだ春先って感じなのですね…。

 そして、この後は斜里駅の近くへ移動し、



 一直線につづく直線のレールの果てからやってくる列車をこんな具合に撮ってみました。







4日目につづく


 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #2 プロの鉄道写真家の撮影現場で一緒に撮影!?



 2015年に開催された「いすみ鉄道」の熱血写真塾に参加させていただいた時は、夕食後に講評会が開催され、夜遅くまで参加者が撮った写真について中井精也先生からコメントがいただけたのですが、残念ながら今回は講評会はありませんでした。

 理由を聞いてはいませんが、おそらく…

「翌朝5時にホテルを出発するので講評会をしている時間がない!」

 といったところですね。
 夕食を食べ終えて部屋に戻り、風呂に入ったりしているとあっという間に翌朝に備えて眠りにつかなければならない時間となっていたので、講評会まで開催されていたらぶっ倒れてしまいますw

 でもね、撮影テクニックなどについては、撮影ポイントでお手本の構図やカメラの設定などについて現地指導していただけるので安心してください!
 アシマネのケンちゃんが列車がやってくるまでの時間を教えてくれたりもしますよw



 まぁ…、撮影ポイントで「中井精也先生の姿が見えないな…」と思ったら、



 こんな具合に真剣な表情で初音ミクの写真を撮っておられたりすることもありますがw
 ということでワタクシが持参したダンボーとツーショットで撮影させていただきました!




●塘路湖畔 サルボ展望台

 さて、2日目の朝、最初に向かった撮影ポイントは塘路湖を望むサルボ展望台なのですが、



 こんな具合の山道を登ったり、



 撮影ポイントでは草むらの中に座りこむことになるので、中井精也先生の撮影ツアーでは動きやすい靴と服装は必須です!


 
 なんというか…、

 プロの鉄道写真家の撮影現場で一緒に撮影している感じ…

 なのかな?
 実際、一日一鉄の撮影現場に同行させてもらっていますしw
 ちなみに、服装の注意事項は旅の栞にちゃんと書いていますよ!

 ということで、朝靄が残る中を駆け抜ける列車をこんな具合に撮ってみました。




 

●シラルトロ沼

 次に向かったのはシラルトロ沼を望む高台ですが、



 ここも200mmの望遠レンズじゃちょっと厳しかったかな…。





 ワタクシの腕ではこんな具合に表現するが精一杯でした。


●厚岸湖

 そして、この日最後に向かったのは、釧網本線ではなく…またもや根室本線の厚岸駅です。



 その昔ここから撮影した写真が青春18切符のポスターに採用されたこともあったのだとか…。
 そのくらい有名な撮影ポイントで、厚岸湖沿いにやってくる列車をこんな具合に撮ったり、



 カーブにさしかかった列車をこんな具合に撮ってみたのですが、





 この日、最大のヒットはこの一枚かな。



 なんと中井精也先生のブログとほぼ同じ構図で撮っていたんですよ!
 まぁ、ワタクシの写真は影になって見えづらくなっていたところを現像で調整してしまったんですけどねw

 ここでこの日の鉄道の撮影は終了となったのですが、宿への帰り道にすでに廃線となった標津線の奥行臼駅へ立ち寄ることとなったので、在りし日に想いをはせてセピア調で撮ってみました。





 そして、ふと空を見上げると良い感じの雲行きになっていたので、こんな具合に撮ってみたのですがいかがでしょうか!?



3日目につづく

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅 #1 最高の撮影場所を目指せ!



 NHKで絶賛放送中の「てつたび」やTBS系列の「ヒルナンデス」などで人気の鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅に参加させていただきました。 



 中井精也先生の作品はゆるーい雰囲気の漂うローカル線を情緒豊かに表現するのが特徴で、この撮影旅行に参加できることを楽しみにしていたのですが、出発の約1週間前に届いた旅のしおりを見てビックリしましたw

image

 なんと…

 行き先が釧路から網走方面ということだけで、詳細な内容がほとんど決まっていなかったんですw

 しかし、これには理由がありまして、その日の雨や風など気象条件によって最適な撮影場所を臨機応変に変更したいという中井精也先生の意向だったのでした!

 そして、あっという間に旅行当日となり、釧路空港へ降り立った我々はどこへ向かうことになるのかドキドキしながら中井精也先生の決断を待っていたら…、


「飛行機から見下ろした感じだと湿原に霧がかかっていそうなので、釧網本線へ行くのは諦めて根室本線の撮影に変更します!」


 なんといきなり「釧網本線 撮影の旅」というタイトルに抗う決定がくだされたのでしたw
 
 ということで、根室本線 音別駅近くの小高い丘へ移動し、



 こんな具合に撮ってみました!









 そして、この近くには良い感じの鉄橋もあったので、



 一人本隊から離れて撮りに行ってみた写真がこちらです。





 ちなみに、音別駅の周辺にはもう一つ撮影ポイントがありまして、



 こちらでも撮ろうとしたのですが…、



 最大200mmの望遠レンズしかもっていないワタクシには少し厳しい場所だったのでした… (ノД`)

 1000mmの望遠レンズを持っていれば、この日の中井精也先生のブログのような写真を撮れたらしいんですけどね
http://www.ichitetsu.com/2016/05/5-07f5.html

 ということでこの日の撮影を終えて宿に戻った後、湿原の奥に沈みゆく太陽を眺めたりしていると、あっという間に初日が終わったのであります…。





つづく

 鉄道写真家 中井精也先生と行く北海道 釧網本線撮影の旅


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

只見線の絶景を撮ってみた!

 先日、雑誌で見た只見線の絶景をどうしても撮りたくなって、愛車プリウスをかっ飛ばして行ってきました!

 以前は道が整備されておらず撮影スポットまで簡単には行けなかったらしいのですが、あまりにも有名になったおかげで道の駅「」ができた上に、撮影スポットまでの山道も整備されたのだとか…。
 おかげで駐車場から徒歩5分で絶景をこの目にすることができるという充実ぶりです。

 なかでも6月は朝霧がかかって幻想的な光景となるということだったので、前夜 雨が降った日を狙って出かけてみました!



 残念ながら列車がくる直前に朝霧が消えてしまったので、雲海を走る列車は撮影できなかったんですけどね…



 でもね、霧がなくても水鏡はなんともいえない絶景でした!



 その後、別のポイントを探して撮ってみたのですが、なかなか良い場所はないですね…。



 こんな微妙な写真しか撮れませんでしたとさ…。

 残念ながら他の予定が入っていたために、この1箇所を撮影しただけ家路についてしまったのですが、また今度ゆっくり回ってみたいと思います!

おしまい
 



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

蛍を撮ってみた

 先日、いすみ鉄道までゆる鉄ツーリングにでかけた時に『蛍の鑑賞地はこちら』という看板を見かけたので、初めて蛍を撮りにでかけてみました!

 下見のため明るいうちに現地へ移動しようと思ったら、ちょうど良い具合に紫陽花が咲いていたので、こんな具合に小湊鉄道をバックに撮ってみたりしながらねw



 そして、いすみ市 山田地区にあるゲンジボタルの鑑賞地へと向かい、撮影してみたのですが蛍の撮影は難しいですね…。

 暗くてカメラの設定が難しいわ、蛍がどこを飛ぶかわからないわで、何度か通って蛍がどんな感じに飛ぶのか知っていないと良い写真は撮れないように思いました。





 大量のボツ写真を作り上げた中から何枚かピックアップし、合成してみたのですがなんかイマイチですよね…。



 これを教訓に、来年にでも撮りに行ってみようと思います。

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ゆる鉄ツーリング #26 小湊鐵道で流し撮りの特訓!

 前回(#25)のつづきです。
 自宅で小湊鐵道の列車が田んぼにキレイに写った写真を見て…、



「ん!?」
「流し撮りしたら稲が消えてもっとキレイな水鏡になるんぢゃね?」




 ということで、翌日も同じ場所へ行ってひたすら流し撮りの練習をしてみました!



 この写真はキレイに田んぼに映し出されているだけでなく、落ちかけた太陽の光が上手い具合に列車の前面にギラッと照り返してくれました!





 あとはこんな具合に撮って見た写真を、





 ちょっとアレンジしてみました。



 この写真はインパクトがあって面白いと思うのですが…、



「あまり意味がない…」



 んですよねぇ…。
 逆さの電車になんらかの理由づけができれば良いのですが…。



 とまぁ、こんな感じでこの日はひたすら流し撮りの練習をしましたとさ。



つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ゆる鉄ツーリング #25 小湊鐵道の水鏡をねらえ!

 今回は小湊鐵道で撮影した写真を紹介させていただきます。

 まずは上総川間駅へ向かうと、上手い具合に列車がすぐにやってきてくれたのでとってみたのですが、なにやら乗務員さんがテクテクと駅舎の方へ歩いて行くではないですか…。
 予想もしなかったので、乗務員さんの位置がちょっと微妙なのが残念かな…。



 次は、夕焼けどきはこんな感じで撮ると”列車がギラッ”と照り返してくれないかな?と想像しつつ撮ってみました。



 今は列車の運行時刻と日没時刻があわないので、どうあがいても撮れないんですけどね…(ノД`)

 あとは、上総久保駅の大銀杏をバックにこんな具合に撮ったり、



 上総大久保駅の近くのお気に入りの撮影ポイントで低速シャッターを試してみたりしました!



 そして、上総鶴舞駅へ移動してみたら水田の状況が良い感じだったので水鏡にして撮ってみたのですが、



 この日、帰宅後にこの写真を見て『こんな感じに撮ってみたら面白いかも!?』ということを思いつき急遽2日連続で小湊鐵道を撮りに行くことを決断したのであります!

 田んぼで水鏡を撮ろうとすると、1週間あけると水田に藻が発生していたりするのでけっこータイミング難しいんですよ…。

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ゆる鉄ツーリング 大井川鐵道 #7 SLに乗ってみた!

 7回にわけてレポートしてきたゆる鉄ツーリング大井川鐵道編も最終回です。
 

「せっかく千葉からやってきたからにはSLに乗らないともったいない!」


 ということで、千頭駅から新金谷駅までSLに乗車してみました。



 客車も昭和10年代に製造されたものらしく、大井川の雄大な流れを眺めながらガタンゴトンと揺れに身を任せていると、



 めっちゃ眠くなりますね…

 特に自転車で約50kmほど走ったあとだけに…ね…。

 そして、トンネルに入るとなんだか煙っぽい匂いがするのも旅情があって良いですねー。



 睡魔と闘いながら車窓を眺めていたらあっというまに新金谷駅に到着しちゃいましたとさ。



 大井川鐵道以外にもSLを走らせることもある路線があるらしいので、また今度乗ってみようかなw

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ