chawanのたわごと

コンテンツは登山などの旅行記、デジモノレビュー、自衛隊、聖地巡礼など
今日もドコカでおバカなことをやってるカモ!? (>_<)
当サイトはリンクフリーです。お気軽にどうぞ〜











写真撮影

中井精也トークショー「欧州ハンガリー鉄道に魅せられて」 cp+2018レポート その3

 カメラの祭典 cp+ 2018で開催されたトークショーのレポート第3弾は、前回に引き続き鉄道写真家 中井精也さんの『欧州ハンガリー鉄道に魅せられて』です。



 今回は中井精也さんが東欧のハンガリーを旅し、首都ブダペストやバラトンフェニベシュ産業鉄道で撮影された写真を中心に紹介させていただきます。


●ブダペスト子供鉄道
 ブダペスト子供鉄道は、ハンガリー国内の選りすぐりのエリートの中から選抜された子供たちが参加して運営されている鉄道なのですが、機関車の運転などについては大人が担当しており改札や検札など危険の伴わない業務を子供たちが担当しているのだそうです。
 









 真剣な表情で働く子供たちにとっては、良い社会勉強になりそうですね!


●バラトンフェニベシュ産業鉄道
 次に紹介させていただくのはバラトンフェニベシュ産業鉄道という、舌を噛みそうな名前の鉄道です。
 なんでも軽便鉄道と分類される鉄道なのですが、簡単に言えばあまり多くの人を乗せることのできない小形の鉄道です。

 日本はおろか世界でもあまりみかけなくなったタイプの鉄道なのですが、ハンガリーではほそぼそと生き残っているそうで、大自然の中をのんびりと走る様を中井精也山はいたく気に入ってしまったのだそうですよ!













 ゆる〜い雰囲気が「ゆる鉄」にぴったりとあいますよね!
 しかし、そんな鉄道も中井精也さんの手にかかれば…、こんなカッコ良く切り取ることもできるのでした!





●ブダペスト
 最後に紹介させていただくのは、首都ブダペスト近郊で撮影された地下鉄や市電などの鉄道です。
 中井精也さんがハンガリーに行かれたのはちょうどクリスマスの時期だったそうで、サンタの帽子をかぶりながら家族の元へ急ぐ男性や、



 クリスマス仕様にライトアップされた市電をこんな具合に切り取られたそうなのですが、
 








 長秒で撮影されたこの1枚なんかは見事なものですよね…
 


 「何にココロを動かされたのか」

 それを1枚の写真に切り取るのが大切なんだそうですよ!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

中井精也トークショー「記憶に残したい日本の鉄道風景」 セイヤ流オススメAF設定もあるよ! cp+2018レポート その2

 カメラの祭典 cp+ 2018で開催されたトークショーのレポート第2弾は、ソニーのブースで開催された鉄道写真家 中井精也さんの『記憶に残したい日本の鉄道風景』です。



 cp+で開催される中井精也さんのトークショーはどの会社でも満員御礼となるわけですが、ソニーでの集客力は圧巻のひと言でした!!

DSC_9123

 そんな中井精也さんですが、今年のソニーのトークショーでは始まるなり…、

「おいで、おいで〜、すべてを捨てておいで〜」

180308_00

 と、3月末に発売されるα7マーク3の宣伝から入られたのが印象的でした!
 よっぽど良い出来具合なのかもしれませんね!?

 では、今回のトークショーで話された「α7R3とα9の特徴」「鉄道写真 撮影のコツ」「αのオススメカスタマイズ」について、中井精也さんの素敵な写真を交えながら簡単に紹介させていただきます。


●α7R3 〜連写できる高画素イメージャーを搭載〜
 まず、4240万画素のイメージャーを搭載したα7R3は広角に撮影された写真をトリミングしても、



 車体側面の文字が読めるくらいの解像度があるだけでなく、
 


 時速250kmで迫り来る新幹線を10コマ/秒もの連写で、AFを追従させながら撮影することができます。



 そして、夜景を撮影する時にはISO12800で撮影しても大画面で表示させることのできる高感度性能まで持ち合わせています。





●α9 〜動画のような連射!〜
 次に、AFを追従させながら20コマ/秒もの連写できるα9については、列車が通りすぎるまでの間、数秒間も途切れることなく連射し続けることができるだけでなく、


夜間に撮影しても列車を写しとめることができる高感度性能も持ち合わせています。



 そして、連写中にブラックアウトするなくEVFファインダーに画像を表示させ続けることが出来るので、被写体を見失うことのない使いやすいカメラに仕上がっているのだそうです!
 





ここからは素敵な鉄道写真を撮影するためのヒントとなるテクニックを紹介させていただきます。

●作品作りのコツ
・流し撮り



 滝の水が流れるように撮影するためにはシャッタースピードを遅くする必要がありますが、カメラを三脚などに固定したまま撮影すると列車が流れてしまいます。
 そこでこの写真については少しだけ列車を流し撮りすることによって列車をくっきりと写しとめ、水の流れまで表現したのだそうです!



 こうして並べてみると、右側の写真の方が一目瞭然で良いですよね!

・前ボケ



 花などを前ボケさせて撮影する際、可能な限りカメラを花に近づけて撮影することになりますが、



 列車はできるだけ遠い場所で小さく写し撮る方が、列車の存在感を薄くすることができ素敵な仕上がりになるのだそうです。




・カメラ設定(ホワイトバランスなど)



 紅葉や桜など…、旬のある被写体については毎回最高の状態で撮影地点へ向かうことができるとは限りません。
 そういった場合はホワイトバランスやDRO、クリエイティブスタイルで色味を調整すれば、見違えるように鮮やかな色で撮影することができます。



 こういった機能を使うことを認めない写真家の方も中にはおられるかもしれませんが、我々のようなアマチュアにとっては本業を持っているケースも多いですし、印象的な一枚に仕立てあげる機能を使いこなすことも撮影術のひとつですよね!


●セイヤ流 オススメAF設定



 なんでもソニーのαシリーズを使いこなすには、カスタマイズ機能で使いやすくなるような設定を割り振ることが重要なんだそうです。
 今回は中井精也さんがカスタマイズされている設定を紹介させていただきます。
 








 カスタマイズする機能の割り振りについては、人それぞれかもしれませんがワタクシはさっそく真似して設定させていただきました!


●作品紹介
 では、最後に中井精也先生の撮影された写真を紹介させていただきます。
 どの写真も見事なものですね…、こういう写真を撮れるようになりたいものです!

・万葉線










・ベトナム













・弘南鉄道






・京都丹後鉄道




・根室本線



つづく


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

井上浩輝トークショー「α7RIIIで撮る、北の風景と動物撮影の世界」 cp+2018レポート その1

 昨年に引き続き、今年もカメラの祭典 cp+ 2018で開催されたトークショーのレポートをお届けします。

 レポート第一弾の井上浩輝さんは、北海道を中心にキツネなどの野生動物や、



 北海道の翼 AIRDOと提携して日本各地の空港近くでAIRDOの航空機を撮影されている写真家なのですが、



 そんな井上浩輝さんが2017年11月に発売されたソニーのα7R3の特徴や使いこなし方法などについて、



 数々の魅力的な写真を交えながら紹介していただきましたので、簡単にレポートさせていただきます。


●高画質
 α7R3に搭載された4240万画素のイメージセンサーは、林の手前に佇む鹿や木々を精細に改造させることができるだけでなく、



 落葉松に降り積もった雪が白飛びせずに描写することができます。



 白い丘の稜線の向こうに見える曇り空の淡いグラデーションや、



 雪丘に落とされた青い影の表現も豊かに描写されており、





 笹の葉を食べるエゾジカの毛並みだけでなく、撮影されている井上浩輝さんが写っているかのような瞳の描写も見事です。



 そして、ほぼ8Kの画素数で撮影することができるので、1/4程度にトリミングしても、



 4K画質は確保できており、川向こうに佇む丹頂鶴がくっきりと描写されています。



 枯れ木にとまったオオワシは、



 2倍テレコンレンズと超解像ズーム機能を駆使すれば、ここまで大きく写しだすことができるのでだそうですよ!





●スピード
 次に、スピードについて説明します。
 α7R3は高画質だけでなく、高速かつ高精度なAF性能も搭載されています。

 さきほど川面に佇んでいた丹頂鶴がこちらへ向かって飛来するような状況であってもピントを外すことはなく、






 電柱などの人工物の奥から飛来してきたコミミズクは、レンズを振りながら撮影していてもピントを合わせ続けています! 







 AFについては「マルチセレクター」と「タッチパッド」の二通りの調整方法が搭載されたおかげで、



 広角レンズでエゾジカやキツネを小さく捕らえたとしても、素早くピントをあわせることができるようになったのだそうです。







●耐寒性能とバッテリー持続時間の改善
 前機種であるα7R2はバッテリー性能がお世辞にも良いとは言えず、-20℃もの低温環境ではバッテリー性能が極端に低下し、満タンに充電していたとしても短時間でバッテリー切れを起こしてしまったのだそうです。
 しかし、α9から新搭載されたZバッテリーはそのあたりの性能が大きく改善され、ダイヤモンドダストやジュエリーアイスが観察できるような極寒環境下においてもバッテリー切れの不安を感じることなく、撮影に専念できるようになったのだそうです!





 たとえカメラが井上浩輝さんの吐く息で白く凍りついてしまったとしても問題なく使用し続けることができたのだそうですよw



つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

北海道の翼 AIRDOの公式フォトグラファー井上浩輝さんと航空機撮影クルージングにでかけてきた

 ヤマハのシースタイルでクルーザー船をレンタルし、キツネの写真などで著名な写真家 井上浩輝さんと羽田空港の航空機撮影クルージングにでかけてきました!

_R3_3009_180225_70P

 と言っても、ボクは操船している時間帯が多くあまり写真を撮ることができなかったので、どんな写真が撮れたのかはエアロプレイン家電女子.netで近日中に公開されるであろう記事をお楽しみくださいw

DSC_9066-01

28460668_1641989842555681_652194955_o 28503736_1641989829222349_234847922_o

※写真撮影 こぶろぐさん 

 そして、もしかしたら北海道の翼 AIRDOのホームページなどでも、船上からでしか撮ることのできない写真が紹介されるかもしれませんので、そちらもお楽しみくださいませ!

 ちなみに、今回お借りした船はFR-23という8人乗りタイプの船だったのですが、

M2_00381_180225_70P

DSC05950_161007-2

 快適な撮影クルージングを楽しむためには、5〜6名が定員と言ったところですかね。
 今回は残念ながら曇りがちな空模様だったので、リベンジ撮影に挑戦してみたいと思います!

_R3_3021_180225_70P

_R3_3085_180225_70P

_R3_3062_180225_70P

_R3_2936_180225_70P

 そして、井上浩輝さんは明日2018/3/3にパシフィコ横浜で開催されるcp+のソニーブースで、北海道の動物と風景に関する講演をされます!

26
 
 朝10時からと早めの時間帯のスタートとなりますが、キツネなどの魅力的な動物たちの写真を用意されているそうなのでお楽しみに!

32


おしまい


 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

手洗い

厩舎の中に貯まった水たまりでゴシゴシと手を洗い続けるアライグマのつぶらな瞳がたまりませんでした!



東武動物公園にて撮影



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

白染めの浅草寺

数年ぶりに東京の街に降り積もった雪が、浅草寺を白く彩りました

最近、本業が多忙でブログの更新がままならないので、写真の紹介記事なんかもはじめてみます!





 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ケント白石の科学的写真術 第2回 現像&印刷講座 #2 受講生の作品紹介

 ケント白石の科学的写真術 第2回 現像&印刷講座のレポート第2弾は、このブログへの掲載許可をいただけた受講生の作品を紹介させていただきます。

26239830_1240005666101081_4589710920363113918_n

26240291_1240005479434433_2466152969043901346_o

26854991_1386281998143492_522949518_o

 最後の一枚はドローンで撮影されたのだそうですが、防風林を真上から見るとこうなってるのですね…。
 想像もしなかった視点から見た光景を撮影できるのはドローンならではといったところでしょうか…。

 最近は撮影禁止の場所があったりして、使いドコロが悩ましいような気もしますがこういう写真を見るとドローンが欲しくなっちゃいますね!

 さて、ワタクシの撮影した写真については前回の記事で紹介させていただきましたが、



 実はもう1枚…、青い池のライトアップを撮影したものがあります。



 いかがでしょうか?
 青い池は夏も冬も絵になるなぁ…

 また、美瑛に行きたいと思います!

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ケント白石の科学的写真術 第2回 現像&印刷講座 #1 現像で失敗写真が奇跡的に生まれ変わる!?

 Synapseのオンライン講座「ケント白石の科学的写真術」を受講している受講生を対象に、2018/1/6〜8の日程で開催された第二回 現像&印刷講座に参加させていただきました。

_R3_4127_180107_70P

 今回の講義では現像と印刷に重点を置いたため積極的に撮影にでかけることはなく、受講生がこれまでに撮影した作品をケント白石先生に現像していただくことになったのですが、ワタクシが撮影したある写真が嘘のようにまったく別物に生まれ変わったのです!
 今回はその経緯を簡単にレポートさせていただきます。

 ちなみに、その写真を撮影した機材はSONYのα7R Mark3なのですが、この機種から搭載されたある機能を使って撮影していたおかげで今回の奇跡が現実のモノとなりました。
 その機能についても簡単に説明していますので、最後まで読んでくださいませ!

 まず、ワタクシがケント白石先生に現像していただきたいと選んだ写真はこちらです。



 これは合宿直前に北海道の野付半島で夕焼けで橙色に染まる草原に佇む鹿を撮った一枚なのですが、太陽が白潰れしていたり、色味が黄色すぎて現実のモノとはかけ離れていたため、ケント白石先生でも思うような現像ができす…、

「この写真はキビシイね…」
「露出をハイライト測光で撮ってさえいればなんとか救えたかもしれないのに…」

 とつぶやかれたのです。
 そこで記憶を紐解いてみたところ、何枚か撮った写真の中にまさにその『ハイライト測光』で撮ってみた写真があったことを思い出したのです!

 そうして探し出したのがこちらです。



 一見すると、太陽の明るさは調整可能そうに見えるものの、手前の草原にいるハズの鹿はまったく見えません。
 しかし、ケント白石流現像術にかかれば、こんな写真に生まれ変わってしまったのです!!!



 真っ黒につぶれていた草原に佇むエゾシカがクッキリと浮かび上がり、橙色の夕焼け空も雲の表情が蘇っています。
 4Kモニターに表示させても画像が破綻していないんですよ!

 よもやここまで生まれ変わるとは思いませんでした…。
 圧巻のひと言につきます!

 ちなみに、SONYではα7R Mark3から搭載された『ハイライト測光』は画面内の明るい場所を重点的に測光する露出モードで、夕焼けや朝焼けなど太陽を撮影するときなどに有効です。
 しかし、明るい場所を中心に測光すると、暗い場所はより暗く写ってしまうワケで、撮影現場でLCDモニターに表示された写真をチェックしたときに黒く潰れて鹿が見えないことに気付いてマルチ測光に切り替えてしまったんです…。

スライド1

 それが現像で明るさを調整するだけで、黒く潰れた草原の質感をここまで蘇らせることができるとはね…。
 α7R Mark3はRAW形式で写真を撮ってさえいれば現像で調整できると知識では知っていましたが、その性能にも驚くばかりです!

スライド2

 一発逆転とは、まさにこのことですねっ!!!


 しかし、今回は反省点がひとつあります…。
 それは…、


 色味を調整したEVFファインダー越しにしか風景を見ておらず、現実世界の色味を覚えていなかった…


 ことです…
 ミラーレスカメラではホワイトバランスを調整してしまえば、EVFファインダーに表示される色味と撮影される写真の色味は一致しています。
 しかし、それは良いトコロでもあり、悪いトコロでもあるように、今回ばかりは思わざるを得ませんでした…。

 個人的には現実世界とはかけ離れた色味に調色することも好きなのですが、肉眼で見たままの世界を再現することも重要であると感じたので、焦ってシャッターを切ることばかり考えず、肉眼で色味を記憶することも課題として取り組みたいと思います!


 ということで、宣伝です。

 今回、ケント白石先生がどのようなテクニックを使って現像されたのかについてはあえて説明していません。
 その方法を知りたいと思った方は是非 講座を受講してみてください!
https://synapse.am/contents/monthly/KentShiraishi2017

 180216_00

 ケント白石先生だけでなく井上浩輝先生から撮影や現像など撮影技術に関する講義を受けることができるだけでなく、受講生が撮影した写真を動画で講評していただけたり、

180216_00

 受講生をケント白石先生の宿に集めて撮影合宿が繰り広げるなど精力的に活動が繰り広げられおり、受講料以上の価値があると思います!!!

 撮影合宿 2017年8月開催
 現像&印刷講座 2017年11月開催

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ケント白石の科学的写真術講座『第一回 撮影&プリント講座合宿』 レポートその4 〜 chawanの作品紹介 〜

 レポート最終回は、ワタクシが合宿で撮影した写真を何枚か紹介させてください。
 では、どうぞ…

●青い池


 






●モノクロ







●朝景









●その他








 いかがでしょうか!?
 北海道から帰った後、イロイロと忙しくてかなり時間がかかってしまいましたがマイペースでがんばります!

おしまい



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

ケント白石の科学的写真術講座『第一回 撮影&プリント講座合宿』 レポートその3 〜井上浩輝の裏合宿 & 2018年1月開催 美瑛の雪景色&旭山動物園撮影ツアー開催! 〜

 つづけてレポート第3弾です。
 実は、今回の講座は北海道民は参加できなかったため、もうひとりの講師 井上浩輝さんによる北海道民のための裏合宿が開催されました!



 っと、裏合宿のレポートの前に、少し告知をさせてください。

 なんと井上浩輝さんによる撮影ツアーが2018/1/20〜22の日程で開催されます!

20171124_井上浩輝_美瑛&旭山動物園_blog

 昼間は井上浩輝さんオススメの美瑛や青い池の雪景色を堪能したり、旭山動物園ではペンギンの散歩などを撮影することができます。
 そして、夜はケント白石さんの宿「てふてふ」に宿泊して、ケント白石さんも参加される講評会や井上浩輝さんによる動物撮影講座が受講することができます!

 写真漬けの3日間を送ってみませんか!?
 詳しくは info@funtours.jp の方までお問い合わせくださいませ〜



 さて、裏合宿の方に戻します。

 裏合宿は知床から美瑛にかけて開催され、キツネや鹿、フクロウなど数々の野生動物の写真を撮影することができたそうです。
 では、参加者のみなさんの力作をご覧下さいませ!































image

 いかがだったでしょうか!?
 裏合宿メンバーもかなり楽しんでいたようですw

つづく



 ポチっと一押ししていただけるとウレシイです m(_ _)m

記事検索
イベントやレビューのお誘いについては
こちらへご連絡ください

chawan.blog[at]gmail.com
※ [at]を@に変えてください



ランキングに参加中
クリックして応援いただけると幸いです


逆アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

gofan

BlogPeople List

『Chawanのたわごと』を登録!  by BlogPeople

当ブログはリンクフリーです

お気軽にどうぞ!
Twitter プロフィール
ブログの更新情報などをつぶやいてます!
PR







ブログタイムズ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ